11年目の鮮やかな終止符 鈴木軍解散 #鈴木みのる #鈴木軍ファイナル #鈴木軍 #njwtl #njpw #njpwworld

終止符と書いてピリオドと読む、昭和のセンス炸裂の本日。

さて。

昨夜は新日本プロレスワールドで鈴木軍解散のマイクを聞き、その後の試合がまったく頭に入らないままの更新で、読み返したら文章色々おかしいけどもご容赦。

しかし鈴木軍解散には本当に驚いたけれど、あまりにも鮮やか過ぎて。
そして冷静になってみるとこれほどベストなタイミングはないのではと思わなくもない。

とかく「解散」にはどうしてもネガティブな印象がつきまとうけれど、不思議なことに「鈴木軍、解散」から受ける印象は前向きで爽やかだ。
大仰なセレモニーや派手なコスチュームもなく、ただ淡々と黒パンツひとつ身につけただけの鈴木みのるが会場で語った言葉からは、明るい未来しか感じられない。

唐突過ぎてその後の試合がまったく頭に入らない、という程度の衝撃はあったけれど。だけど誰かが脱落するとか怪我したとか誰かと誰かが険悪になったというようなこともなく、そして「鈴木軍」というブランドを踏み台にするでもなく、各々が「鈴木軍」に所属していた誇りを胸にプロレスラーとして力強く未来へ向かう姿しか見えないのだ。

それは鈴木軍に属する誰もが一人でしっかりと立てるだけの力をつけているからだ、とか今更言うまでもないのだけれど!

さて。

もともと、キャラクターも求心力も強い鈴木みのるという強面レスラーを中心に結成された「鈴木軍」だけど、一時期は客席から見てるとどうしてもイロモノ感があって。

そのイロモノの最たるものがディーバあべみほと共に歌いながら登場するタイチだったりするわけですが、ここ数年のタイチは、昨夜の鈴木みのるが「おめぇはホントにしょーがねぇ奴だったよな」と過去形で語っていたようにタイトルの格を上げるような実力派レスラーになっている。
特にタイチとデスペは、このコロナ下においてSNS戦略を強化せざるを得ない状況がうまい具合に転がったレスラーたち(そこんとこうまくいかなかったなーと個人的に思っているのが内藤さんですがそれはまた)だと思う。実力派の金丸義信、TAKAみちのく、そしてコロナ直前でその魅力とパワーを爆発させたランス・アーチャーは「強い上手い」を超えた魅力を発散させているし、実のところ心配だったのが押しの弱いDOUKIであったりザックだったりしたわけですが、今年はDOUKI覚醒!も頼もしく、ザックに至っては実力の割りにお堅いなあという印象をガラリと変えてきて、ヤングライオン藤田を巻き込んでの楽しい一幕を見せてくれた。

そんな彼らを見てたらそりゃ鈴木みのるも安心するだろうなと思うし、ご本人の年齢的にキャリア的にももっとピンで暴れたくなるだろうさ。ので、衝撃ではあったけれど、納得しちゃう昨日だったのだ。いや衝撃残ったけどね。

あんまりこんな表情で組むプロレス写真てのもないと思うのですが笑顔中心に集めてみたよ。
11年目の鮮やかな終止符 鈴木軍解散 #鈴木みのる #鈴木軍ファイナル #鈴木軍 #njwtl #njpw #njpwworld_f0212049_22524383.jpg

飯塚さんとか等々力から帰ってこないかなあ。等々力渓谷いま工事中なんだよなあ。


その他のさいとう常備ボディ、レンズの作例はこんな感じで。

by ori_tarte | 2022-12-15 19:00 | 動体、プロレス、飛行機 | Comments(0)

東京女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト自由が丘』主催さいとうおりの写真種々雑多。ビギナーは恋フォトからいらっしゃいませ。写真、テキストの無断使用、流用は硬くお断りしております


by さいとうおり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る