NEW POST

ソニーイメージングギャラリー銀座 大野雅人 作品展「Cub-jo -カブジョ-」をsony α7RIII+SEL55F18Z

新谷かおるの『ふたり鷹』を改めて読み返してみると、80年代90年代はバイクブームだったらしい。

というのも当時10代の女子に最新でマニアックなバイク情報などホイホイ入るわけもなく、ただ思い返してみればドゥカティ、カタナあたりの名を聞いて「へー」と会話が乗り切れる程度には知識がソコソコ入る時代で、漫画で思い返してみれば『バリバリ伝説』然り『ペリカンロード』然り『ナナハンライダー』然り、タイトルが思い浮かぶほどに、あれはブームだったんだなあと気づかされる。

個人的にはペリカンロードの「国際B級!」という言葉に心踊ってみたものだが、その後ガソリン代のかからない自転車に興味がいってもうたために、ラッタッタの愛称で呼ばれるホンダ・ロードパルすらついぞ跨ることのなかったわたくしである。

という自分語りはさておき、先週からスタートしているソニーイメージングギャラリー銀座の作品展「Cub-jo -カブジョ-」。種子島の交通手段として愛用されているスーパーカブで通学する高校生を撮影した大野雅人さんの写真展である。

種子島と女子高生とカブ、て新海誠かトネ・コーケン、て話はまたの機会においとくとして、制服姿の女子高生とスーパーカブ、という被写体は、実に日本的な魅力に溢れている。
f0212049_18002414.jpg
大野さんが真正面から撮影した女子高生とカブの写真は、潔くほぼ同じ比率で捉えられ、同一サイズで一直線に展示されている。その一直線な流れを歩きながらみてゆくと次第に自分が種子島に入り込んでしまったような錯覚に陥りそうになる。陥る手前でラストさまざまな別アングルが流れるスライドショーにたどり着き、ああ自分は銀座におるんだなと我に返る。

そんな展示は20日まで開催。


■今日の機材
ボディ:sony α7R III
その他のさいとう常備ボディ、レンズの作例はこんな感じで。

■レンズ毎の作例

Batis18mmはまだ私物化しておらんのだ…R3でBatis18mm貯金がスッ飛んだのだ<…

by ori_tarte | 2018-09-11 18:03 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
.. .. .. .. .. .. .. .. .. ..