NEW POST

軽いけどちと迷うけど旅に便利かもねなタムロン フルサイズ初のEマウント TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) + sony α7III 生徒さま実写

発売と共に大旋風起こして「年内に届くのか?」的な大人気のTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)をご購入の生徒さまがいらっしゃいましてん。

レンズ側手ブレ補正ナシ、防塵防滴ではない(といってもある程度は対応)など、削りに削りつつ、ふんわり好き垂涎の通しF2.8。

2018年現在の標準ズームで通し2.8というと、現在ソニーが誇るGマスター、FE 24-70mm F2.8 GM、通称SEL2470GMしか存在しないわけですが。

いやねGM、いいレンズなんですよマジ。あたしゃ70200GMしか持ってないけれど、お金かけただけあるわよねーという描写で。

なので2470のGMが実勢22万円とお高い、のはこの際しゃあないわなあと置いておいても、重い。
886gと重い。

私が去年の冬からやたらめったら使っていたSEL24105Gは663gですが、600g台のSEL24105Gですら朝イチ飛び出して昼ぐらいにはもう「首いてぇ…」となってしまう重量で、結局外歩きは281g(て書いてみるとすごいな!)の、SEL55F18Zに戻ったわたくしですのに!!

SEL55F18Zに比べたら600g、SEL24105Gに比べても200g以上重いってアンタ!!!!

というわけで久しぶりにズラリ並べてみようじゃないの。

【2018年夏、Eマウントフルサイズ対応標準ズーム 比較】

■TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)
・F2.8 / 550g / 最短0.3m /実勢85,000円

■SONY SEL2870
・F3.5-5.6 / 295g / 最短0.19m / 実勢45,000円(ただし中古で2万ちょい!)

■SONY SEL2470Z
・F4 / 550g / 最短0.4m / 実勢90,000円

■SONY SEL24240
・F3.5-6.3 / 780g / 最短0.5m / 実勢100,000円

■SONY SEL24105G
・F4 / 663g / 最短0.38m / 実勢150,000円

■SONY SEL2470GM
・F2.8 / 886g / 最短0.38m / 実勢220,000円


さらっと並べるとタムロンは圧倒的に軽い!というわけではないのですが、これが「通しである」に注目して比較すると、他2本はSEL24105GとSONY SEL2470GM。いずれも「諭吉20枚持っといで!」というお値段で、ちと敷居が高い。

という2本と比べて、タムロンはなんと実勢8万円台。
10万切ると「ん、買い足そうか」というレンズ沼まっしぐらのαガールズであるけど、まあ他社だってお高いレンズはお高いしねー。オリンパスさんのプロレンズだって20万近いしねー。

というαガーズルの悩みを払拭するかのように白馬の王子の如きタムロンさんの登場だ。

F値が小さければ小さいほどお高くなる、というレンズ価格設定において、通し2.8っつーメリットと重量550gという軽量性を重視するならば「えっそれで8万でイケちゃう?」てぇと、そりゃいっちゃうでしょうよというスペックではあります。

個人的には最短撮影距離もダントツの19センチってちょっと惹かれるスペックで。55mmで寄れない寄れないとお悩みの紳士淑女諸君にちょっとおすすめしたいとこです。あたしゃSEL24105Gの38センチでけっこう満足しちまってますけどね。

映りについてはじっくり使ったわけではないので生徒さま作例を拝借、どーだ。拙宅のド定番、鹿である。
f0212049_19200993.jpg
ISO3000でごめんよーな作例ですが、暗くてね。しかし3000まで引き上げてもこの描写とはやるなーα7III。というかRの立場は…っ!

上の写真は生徒さまの私物sony α7IIIとの組み合わせですが思ったよりも「ズームでこの仕上がりって!」というレベルには達しているんじゃなかろか。どれか最初に買うならレンズの一本めの候補としてもヨイヨイの金額とボケっぷりと焦点距離。レンズキット買うんだったらこっちにしなよ!というスペックだ。

ただ気になったのがAFの遅さで。
拙宅が雨でちっと暗かったというのもあり「迷うわー」な状態で。

迷うつーても「どれ貸してみなされ」とわたくしがお借りした時にはそれほど迷わなかったので、コツ的な問題やもしれんですが、あちこちレビューを拝見してみたらばみなさまAFは迷うとの記載。

ちなみにKさまに「じゃあSEL24105Gを使ってみます?」とお貸ししたところ「早い早い早いっ」と感動なさってたので、SEL24105Gよりは明らかに遅い。というか、SEL24105GのAFの速さはソニー純正の中でもダントツだからなー。他のソニー純正の遅さったらなかったわミラーレス遣いの肩身が狭いわの暗黒の数年前よ。

なのでソニーのファーストレンズとして何?という場合、お値段とふんわり加減を重視する方はタムロンいいんじゃないかしらーと思う。「いつかはフルサイズ」てなAPS-組もこれ買っておくっつーテもありかと。

ただ、ピン苦手ーみたいな初心者さんとかせっかちさんは寄れるわ早いわのSEL24105Gのがいい。軽さ一番だとどうしても55mmをオススメしちゃうわたくしですけども!

今日はα6500の生徒さまがAPS-C神レンズの誉高い50mmで素敵な絵になったよ!とか、24105がついにお手元に!とか、αガールズレッスン会でございました。明日はまたフジさんほかミックスチーム、日曜日は午前色彩学でチーム神楽坂、午後は研究科さんの講評のちフレンチ社交界れっつらごー。

■今日の機材
ボディ:sony α7 III


by ori_tarte | 2018-06-15 19:26 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
.. .. .. .. .. .. .. .. .. ..