NEW POST

sony α7RIII で SEL24105G vs SEL90M28G Gレンズ実写対決、またまたクリップオンストロボ条件下。最短撮影距離38センチのありがたさよ。

忘れてたけど90マクロはGレンズ。
Gさん、と呼ぶと爺さん、みたいでつい呼んでしまうわたくしです。

「このコお迎えしました〜」的なウザい呼び方でごめんですが。

それはさておきこの2本。本来であればGシリーズってことで全ラインナップ試すべきでは?とも思いますが、わたくし自腹で揃えているのでお財布に限界がございましてん。現在手元にあるGさんはこの2本。過去70200のGも持っておりましたがGMとネタかぶりするのでドナドナしました。軽くて世界中持ち歩ける望遠という意味ではすっごく好きなんですが、普段70200GMがあると役割重複しちゃいますしね。まあさすがに海外に70200は持ってゆかないわたくしですが。

それはさておきSEL24105G vs SEL90M28G Gレンズ対決
感覚値的な反応はSEL24105Gのが早い。コンマ1秒レベルですが90mmの時は「む?」というのがある一方で24105Gはリズミカルに撮影できる。最短撮影距離はSEL90M28Gのが近いはずなんですが、ソニーフルサイズ黎明期のレンズ所以か微妙に迷う。ので、「しゃらくせえ」と撮影中には24105Gに変えてしまうことも多いわたくしであります。

ぐだぐだはさておき、マクロから実写。そういやよく初心者さんから「マクロで風景撮れますか?」と聞かれるのですがイケるイケる。むしろ寄りたい人はマクロだけ買っとけと思わなくもない。

90マクロは絞り倒すのでわたくし。
f0212049_21131773.jpg
個人的にマクロのボケはあんまり好みでないので寄っても絞っておった、というのをあとでデータで見て気づくっつーのもあるあるパターン。もうちょい寄ることできるのですが、寄りすぎるとやらかすのでこのへんで勘弁してやるわーと。
f0212049_21141727.jpg
24105Gの引き。けっこう絞っておるのですが描写が柔らかい。あとやっぱり他のレンズよりコテコテしてるなーと思う。
f0212049_21153640.jpg

ピカイチの寄り切りっぷりですが、90マクロと違ってボケてもかわいいので開放にしてみた。
f0212049_21154374.jpg
ここに70200GMをいれてもよかったんですが、そもそもGMだしねーそりゃいいでしょうよねーということで却下、というよりそれほど寄るのは得意でないので寄り写真を撮るのを忘れたのさ。

そんなGレンズ実験君しながらPhotoshopレッスンの準備に余念のないわたくし、本日は色彩学レッスンで、ひさびさ「6500と18135のレンズキットがお値打ちですがどうですか?」と尋ねられ、「フォ、フォトヨドバシを見るといいよ」とか案内したスットコドッコイ。いやAPS-C普段使わないからっ!でもフォトヨドさんの作例見てたらちっと欲しくなりましたこのキット。あわせても90マクロくらいの重さなのよー

その他のレッスンは今週土曜日の神楽坂社交界はそれほど大人数でないんですけどめっさうるせ…いえ賑やかな予感。
そんで6月の平日の西洋館はもうわちゃわちゃに賑やかな予感なので打ち止め。いっそもう一日増やしたろかと思ったけど行く方いらっしゃるかしら?土日は余裕でございますが、まあ土日は混むしね。

しかしもういっそ西洋館の社交界は中華街行こうかな<何しに行くんだ何しに。


■今日の機材

by ori_tarte | 2018-05-24 21:23 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり
カレンダー
.. .. .. .. .. .. .. .. .. ..