NEW POST

『フライパン1本 30分でできる フレンチレシピ』(小川奈々/産業編集センター)。そば粉のガレット ほたてクリームはsony α7RIII + SEL90M28G

拙宅に見本誌が参りました!ので、今週来週フォトレッスンにいらした生徒さま、ウザいほど見せびらかします、お覚悟を!

書店さんでは5月17日から発売です。Amazonのほか拙宅から近い書店さんですと二子玉川の蔦屋家電さまで確実に入手可だそうですので二子玉川蔦屋家電にレッツラゴー。

ちなみにこの本の撮影で使ったカメラは2017年10月に発売されたばかりのsony α7R III。レンズも最新のがいい感じだったら使おう!と24105。まあココで新製品使ったっつーのはー新年のソニー福岡天神トークショーのネタにもなるかなといういやらしい根性もあったわけですけども。

正直、レンズはいっそ55か50プラナーか70200GMとも迷ったのですが、ソニーフルサイズミラーレス史上ダントツの速さと最短撮影距離を誇る24105の描写が予想以上に好みだったのと、反応の速さが現場のサクサク撮影には便利だったのでかなりの頻度で使ってました。

とはいえいまデータをあらためてみたらばモノによっては90マクロを使ってまして。

ので、今現在、Amazon産業編集センター公式でちょいちょいご紹介されてます写真より、90マクロでの作例を一枚。

ツヤツヤ撮影の時の90マクロ描写は堪らんですなー。
f0212049_02325891.jpg
ちなみにこの本「フライパン一本30分」とタイトルついてまして、いやあの美味しい料理が30分てまたまたご冗談をーとレシピを改めて拝見しましたらば、「おや?できるかも?」な短さで。

よくよく考えたら奈々さんのキャリアってば、フランス外務省厨房やフランスの二つ星レストランやビストロでの修行歴が8年、国内での現場経験とあわせたら20年以上なんでは?

と、書いたら経験歴20年は盛りすぎた模様で、パリからツッコミ頂戴しました(笑)

んでも体力気力要する現場に10年以上ってすごいキャリアだと思うのね。

映画などでよく見かける怒号が飛び交っちゃったりする戦場のような厨房で、美味しさと手際とスピードを全て満たせと要求されて過ごされたってことで。

そんな環境で培われた手際やセンスから生み出されたレシピが美味しいだけでなくスピーディなのは当然のこと。

まあわたくしなんぞはガチビストロ厨房経験どころかカフェ厨房経験すらないので、若干皮むきとかみじん切りなど下ごしらえの手際の個人差などでちこっと30分をオーバーしちゃうかもですが、一晩寝かす、とかないんだわこれが。

なので「ヤバイ今日ちょいとイカしたごはんを作らないとだわ!」という時にもお役立ち間違いないんでなかろかと。

ちなみに小川奈々さんはこの春からフランスで修行。修行っつってもちょろっと旅がてら単発料理教室てんでなくガッチリ三ヶ月ですって!帰国後の料理教室もすでに満席模様ですが、ほんっと美味しいのでスキあらば是非。

■小川奈々さんブログ
■今日の機材
ボディ:sony α7R III

料理はこれ一本という方も多いそうな。


by ori_tarte | 2018-05-09 05:25 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり
.. .. .. .. .. .. .. .. .. ..