NEW POST

テレビ東京WBSで、キヤノン EOS Kiss Mのプレス発表を放映つつつ、取材したインスタグラマーさんはソニーα7遣いだったのでEOS M3作例

忖度なの?忖度なのか、それは??

さて、キヤノン EOS Kiss Mのスペックをチェックしたいと思いつつ、ちっと立て込んでおりましたものですから、そうしましたら出稼ぎ中にソニーα7RIIIがリリースされるというてんやわんやのCP+直前ならではの各社情報戦である。

翻ってEOS Kiss M。

まあキスデジはどうみてもミラーレスにシフトすんだろというのが大方の見方だったわけですが。
なにせAPS-Cでフジなりソニーなりからキスデジより軽くてちっさくてしかもAFの食いつき以外はスペック的にはなんら遜色のない商品が出ている以上、あの軽さであの大きさをキープする必要がないので、とっととミラーレスにおしよ、というのがカメラ女子(年齢不問)の希望でございましてん。

個人的にはx8の水準器の仕様にシビれつつもベストオブキスデジはx7と40mmですけども。

しかし、フルサイズであるα7シリーズはキスデジより重い、つーかニコン5000台より重いのはどうしたことだ。

【EOS Kiss M発表記念、7万前後で買えるAPS-Cミラーレス比較】

■CANON EOS Kiss M
画素数2580万画素(総画素)、2410万画素(有効画素)
撮像素子:APS-C、22.3mm×14.9mm、CMOS 
連写撮影/秒:10コマ 
シャッタースピード:1/4000~30秒 
重量:354g
幅x高さx奥行き:116.3x88.1x58.7mm

に加えてバリアンとか自分撮りとかタッチパネルが追加されたんですが、このへん自分としてはどうでもいいとこなのでパス。

キヤノンはそれこそ昔のソニーα7が出た頃並にレンズがないのが解せん。
拙宅にEOS-Mな生徒さまもいらっしゃるけど、マウントアダプタにEFレンズつけるとソニーのジーコ氏以上にジーコジーコすごいんですけど。

なので、自分撮りより、換算50のEF-S出せば一発で食いつくのに!20から80才まで、女子は食いつくと思うのは、自撮りに興味がないからか。

とはいえ、今回色温度指定入れてきたのは、ナイスなので、キスデジ買おうかなーという人はキスミラーレスでもアリっちゃアリかと。ただなあレンズがなあ。


■富士フイルム FUJIFILM X-T1 ボディ
画素数:1670万画素(総画素)、1630万画素(有効画素) 
撮像素子APS-C、23.6mm×15.6mm、CMOSII 
ローパスフィルターレス 
連写撮影/秒:8コマ 
シャッタースピード:1/4000~30秒 
幅x高さx奥行き:129x89.8x46.7mm
重量:390g
防塵・防滴

フジで7万円台っつーとT1なのね!とちょいとびっくりな私である。Tさんてハイスペッククラスのイメージがあったので、初心者さん向けってEかMかいっそAかなーと思っていたのですが。

というか!CMOSII、ローパスフィルターレスでこのお値段てアナタ!画素数がないっちゃないけど月カメの馬場センセイなんかは「高画素はいらんわー」とおっしゃるほどなので、全然オッケー。画素数ガン無視画質優先ならもうダントツスペックだなあすごいなあとは思うけどそこはそれレンズ沼にハマると大変なのもフジである。

ちなみにお安いのを狙うと、2013年発売のM1が2万6千、中古だと1万ちょいで買えちゃう上にT10だったら6万切るどころか中古で3万5000円デスよ!雨の日取らないてんならT10で全然おっけーで、しかも軽いからなあ。

10は防塵防滴でないので、完璧求めるならT1で、T1だったら向こう3年買い替え不要だと思うほどにいいカメラだと思う。
思うけれど、Photoshopの時にイラッとするのもフジさんではある。

■SONY α6000 ILCE-6000 ボディ
画素数2470万画素(総画素)、2430万画素(有効画素) 
撮像素子:APS-C、23.5mm×15.6mm、CMOS 
連写撮影/秒11コマ 
シャッタースピード:1/4000~30秒 
幅x高さx奥行き:120x66.9x45.1mm
重量285g

こうやって並べるとα6000は素っ気ないなあと思わないでも、ない。
まあ2014年発売ですからね。

ただこう並べると2014年当時でこのスペック完備で285gてのはすごい。最低限必要なものは全て揃っている上に連写コマ数11コマなので、バッテリーの持ちと液晶がちっと残念なことを除けば今でも現役としてオススメできるボディ。防塵防滴を求めるならば6300ないし6500あたり狙いだけど、ちっとベラボーなお値段だしなあ、最初の一歩カメラとしてはこれさえ買えばあとは2万のレンズでオッケーという。しかも7万出すと実は中古のα7無印君とかRが買えちゃうというフルサイズデビューもなくはない。
==
以上、こんな比べ方しておりますが。

なので正直300g超えでしかもレンズ込みで激しく重くなりそうなキスなミラーレスはちっとなあというのが正直なところですがレンズラインナップとレンズ込みの重量チェックは改めて。てか、なぜこのタイミングでキヤノンはフルサイズミラーレスを出さんのやー!という憶測トークはまた明日か明後日か。

というわけではなんですので、いま構図レッスン受講中、キヤノンEOS-M3の生徒さま作例をば。
f0212049_22402951.jpg

撮って出しは悪くないんですが、Photoshopでかるーくトーン&カーブいじってもちと物足りないのがなんともはや。
いじらないひとはこれでいいと思いますが。


by ori_tarte | 2018-02-27 22:05 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり
カレンダー
.. .. .. .. .. .. .. .. .. ..