NEW POST

リアリティとインスタ映えならぬ写真映えの狭間。プロアマ機材のお値段とsony α7R IIIとSEL24105G

打ち合わせでお会いしたAマウントユーザの方から「EマウントとAマウント間違えちゃって〜」とお聞きしてプラナーだったら買いますぜ、と一瞬手がでましたがバラマキ50mmだそうな惜しい。

プラナー持ってらっしゃる程でしたらそもそも撮影を他人に頼まないだろう的なことを書きかけて「アマほどたっかい機材を持ってるぞ」てな文章をこないだ読んだなあと気づきましてな。

確かにギャラの割合をシビアに考えてるとホイホイ最新機種とかとんでもないってのも事実で。

特に「古いボディと縦グリと長玉でデカく見せて周囲を威圧しろ」てなブライダルの場合、正直α7シリーズだとたぶん渋い顔をなさる方も多いのではなかろかと、残念ながらね。なので最新の40万のフルサイズボディよりも5年前のAPS-C実質5万のボディで出動、てなこともありえなくはない。そんでもってちっこい50mmよりも長い白レンズとかね。

さすがに2017年冬ともなると状況変わってるかもしれんけど。

そういやよく「大きいカメラを持ってると撮ってくださいって言われちゃって」てな話を聞くけどいやそれキスデジさんのx3と実勢9000円のレンズで総額3万なんですが。いえ弘法筆を選ばずですし明るければキヤノンの場合それほど新旧で画質は変わらないので大丈夫ですけど。

振り返ってわたくしα7に切り替えてからそういや減ったなと思わなくもない。いや撮るからにはお金頂戴するので別にいいけども。そもそもねーミラーレスとはいえカメラをトートに突っ込んでる時点で頼まないよなあと思う。いや撮るからにはお金頂戴するので別にいいけども<クドい。

といいつつツウな方には「RですかSですか」てな話で盛り上がるのですが、一般の方には「大きいイコールすごい」な世の中が、ちっちゃいカメラ好きとしてはちょいと悔しいワケよ。

それはさておき昨日のパンペルデュの続きでスキレット乗せ。オーブンよかこっちの焼き方のが実は好きだったりするのであった。
f0212049_23433511.jpg
そんでもってこんなちっちぇースキレット使ってられっか!と実際焼いたのはル・クルーゼのフライパンだったりしましてん。リアリズムを求める!と言いつつ、ちょいちょい小さな嘘も必要なのが写真だったりしますがな。

それにつけても年末の大掃除どころか仕事を進める度に散らかるばかりの部屋ってどうなのだ。片してから旅立たないと置き去りにした家人に怒られてまう…

■今日の機材
ボディ:sony α7R III



Batis18mmはまだ私物化しておらんのだ…R3でBatis18mm貯金がスッ飛んだのだ<…




第2回プラチナブロガーコンテスト



by ori_tarte | 2017-12-28 23:49 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり
.. .. .. .. .. .. .. .. .. ..