「ほっ」と。キャンペーン



自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、さいとうおりのブログ。sony α7RII + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

2017年2月
ソニー銀座にて
フォトレッスンさせていただきます
****インタビュー掲載***
2016年2月ソニーさまWebサイトにてインタビュー記事。素晴らしいキャリアの方々の末席に加えさせていただきました。
α Photographer’s Voice ********************

2014年2月24日発売『"カワイイ"をシェアする写真術』(ステレオサウンド社)に、「女子フォトレッスン体験」として、恋フォトレッスンを紹介していただきました。eye-fiがついているのでカメラ好きにはお得な一冊。
ご紹介いただいているレッスン『恋フォト』の詳細はこちら
また、ご本はこちらでご予約いただけます。アフェリエイトではありませんので、ご安心を。

主婦の友社さま『mina』2月号101Pでご紹介いただきました。ご紹介いただいているレッスンのスケジュールはこちら
レッスンスケジュールはこちら。体験レッスンはございませんが単発参加可。 カメラ購入前相談、貸出機アリ。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

レッスンのお申し込みから48時以内にお返事差し上げますが、土日祝日は週明けのご連絡になりますこと、お許しください。
ラ・フォトってどんなフォトレッスン?

本ブログにおける画像および文章における著作権および著作人格権および肖像権といった法的な権利は全てさいとうおり、またはラ・フォトにご参加いただいた生徒さん、撮影をご許可くださった方にございます。許諾なきコピーおよび流用を固く禁じます。

検索
タグ:フォトレッスン ( 194 ) タグの人気記事
ヘソで構えろ!七里ケ浜、冬
せんだっての鎌倉レッスン、オリンパスのPEN-miniから一気にOM-D E-M5 M2にプロレンズ装着の格上げでノリノリだったJ嬢。

Bills日本一号店の前の浜辺への階段を下って右向くと、左手に江ノ島、右手に富士山、といった絶景を撮ることができます…両方突っ込むと、どっちつかずの構図になりそうですが。

富士山目指して一枚。ラ・フォトはヘソで撮る、そして仁王立ち推奨。
f0212049_08480171.jpg
この後ナイスな白サギショットも得られてオリンパスの食いつきの良さを実感した話はまたのちほど。

屋外レッスンだとパソコン持ってゆかないので作例を預かってないのだ。風景構図参加者さんは次回、失敗もうっかりも含めて全データチェックしますから!


■今日の機材
ボディ:sony α7R II

あー屋外のテッパン。CP+のコンパニオンさんたちはこれで撮るか、ソニーからプラナー借りて撮るか果たして(借りたら買ってまう…)

by ori_tarte | 2017-02-22 08:51 | 風景写真 | Comments(0)
初代α7と55mm一本勝負。CANON EOS M6も参入!のミラーレス画素数ランキング
キヤノンさんの新人のチェックもしたいとこですが、それはまた後回し。

ところで昨日のソニー銀座のレッスン、初代α7をお持ちの方もいらして。

レアなとこで5100とか、α7RIIもいらして、幅広い!あとけっこうみなさまレンズマニア!

55mm、90mmマクロが人気でしたがあとあと伺うと「アレも持ってたけど家においてきちゃった!」とか、数本完備の方が多かった〜!も、好みのレンズを熱く語りましょうぞ!て感じ。プラナー50mm借りると「ほ、欲しいっ!」とか、あーヤバい。

これが屋外だったら70-200、70-300なんかもいらっしゃるのかな。GM70-200も欲しいけど重いからね。そして今期狙い目はやはりGM至上サイコーのボケ!と言われる100mmでござ候。

昨日もひょっとしたら試せちゃうかしら?と思ったけどさすがにそんなムシの良い話はなく、なので100mmチャレンジしたい方は、CP+2017へゴウ。

ちなみに初代α7ですが、いま実勢10万切っているので手ぶれ補正しない自信がある方なら、結構狙い目かと。ボディ節約して、でもってツァイスさんに投資して、20万でお釣りがくるフルサイズミラーレスデビュー、どだ?

しかし昨日の講評、4Kディスプレイだったのですが、機種問わず、もう微ブレとかピンボケ目立つ目立つ。4Kディスプレイ、かーなりシビアなので、わたくしも作例何度ボツ食らったことか!<ダメすぎ…

んで、昨日は初代α7をお持ちの方を拝見して、α7を入手した時、わたしはどんなんだったかなーとちょっと過去ブログ明後日ましたら、2014年夏の伊勢志摩の旅が出てまいりましてん。この時も55mm一本だったわけですが。

こんなん撮ってました55mmで…って、こんなん高いトコ、55mmで寄ることができるかっつー。てか逃げるわい。
f0212049_18502985.jpg

実際はこれぐらい。夕方近かったので、感度1000。飛ぶ瞬間も狙ってたので1/800あたりでギリってましたがいまみたらF2.5はちとムボーですが、思ったよかノイズもなく。これ、α7Sとかα7RIIあたりだともっと美しいと思います。てか、当時手ぶれ補正なかったんだよね!と自分でも吃驚です。といっても4Kディスプレイで見ると「トホホ〜」だったりしそう。レッスンディスプレイも4Kにしたいなあ…
f0212049_18505131.jpg

というわけで本題。各社画素数を高画素順にランキング。
年末に発売のオリンパスのOM新顔さんと、こないだ発表されたキヤノンのミラーレスも追加してみました。

画素数が多ければ偉いとかではないし「微ブレが目立つからヤダ!」という方もいらしたけど、α7RIIは使ってて便利過ぎるので、離れられん。オリさんのOM-D E-M1もIIにして画素数上げてきましたね。

【ミラーレスカメラの画素数ランキング】
機種名有効画素数
1位:SONY α7R II 4240万画素
2位:SONY α7R 3640万画素
3位:SONYα7 II 2430万画素
3位:SONY α7 2430万画素<今日のブログはコレ。
3位:FUJIFILM X-T2 2430万画素
3位:OLYMPUS PEN-F 2030万画素
3位:SONY α6000  2430万画素
4位:SONY α6300 2420万画素
4位:SONY α6500 2420万画素
4位:FUJIFILM X-A3  2420万画素
4位:CANON EOS M5 2420万画素
4位:CANON EOS M62420万画素 New!!
5位:OLYMPUS OM-D E-M1 II 2037万画素
6位:FUJIFILM X-E1 1630万画素
6位:FUJIFILM X-T10 1630万画素
6位:FUJIFILM X-T1 1630万画素
7位:OLYMPUS OM-D E-M1 1628万画素
8位:OLYMPUS PEN E-PL8 1605万画素
8位:OLYMPUS OM-D E-M10 II1605万画素
8位:Panasonic DMC-GM51600万画素
9位:SONY α7S II 1220万画素
10位:Nikon 1 S2 1011万画素

順位とは別にメーカー別の記載はこちらで。

【ミラーレス重量と有効画素数 2016年冬〜2017年春】
■フルサイズ
※CANON 5D Mark IV800g 3040万画素
※NIKON D5 1240g 2082万画素
※SONY α99 II 770g 4240万画素

■APS-C レフ機
・CANON EOS 9000D 2420万画素 493g New!!
・CANON EOS Kiss X9i2420万画素 485g New!!

■ミラーレス(フルサイズ、APS-C、1型問わず)
・Panasonic DMC-GM5180g 1600万画素

・Nikon 1 S2 190g 1011万画素

・FUJIFILM X-A3  290g 2420万画素
・FUJIFILM X-E1 300g 1630万画素

・SONY α6000  285g 2430万画素
・SONY α6300 361g 2420万画素
・SONY α6500 410g 2420万画素

・OLYMPUS PEN E-PL8 326g 1605万画素
・OLYMPUS OM-D E-M10 II342g 1605万画素
・OLYMPUS PEN-F 373g 2030万画素
・OLYMPUS OM-D E-M1 443g 1628万画素

・CANON EOS M5 380g 2420万画素
・CANON EOS M6343g 2420万画素 New!!

・FUJIFILM X-T10 330g 1630万画素
・FUJIFILM X-T1 390g 1630万画素
・FUJIFILM X-T2 457g 2430万画素

・SONY α7 416g 2430万画素<今日のブログはコレ。
・SONY α7R      407g 3640万画素
・SONYα7 II 556g 2430万画素
・SONY α7R II 582g 4240万画素
・SONY α7S II 584g 1220万画素

Sが重いのに画素数がない…いや高感度だからっつーのはわかっちゃいるけどこう並べるとキー!的な(笑)

■今日の機材
ボディ:sony α7

当時はキヤノン5DM2と併用だったと思う。真っ先に買ったレンズが55mmですがまだまだ現役。50mm前後でのレンズ描写はプラナーのが上ですが、でも重量と仕上がりのバランスが旅に丁度いいと思うの。

by ori_tarte | 2017-02-19 19:16 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
ソニー銀座フォトレッスン無事終了いたしましてん。ご参加ありがとうございました
本日、ソニー銀座さまで『お試しα』、『スイーツフォト攻略セオリー』、『広角ファンタスティック』と、3レッスンさせていただきましたが、さきほど帰宅いたしましてん。

『お試しα』でソニーのデジカメを未経験の方に熱く語るよ!という予定が、何故か全員α7ユーザだったのでさいとう動揺隠せないの巻とか、スイーツフォトレッスン撮影枚数がベラボーに多くて講評押した(ので、ラスト、広角ファンタスティック受講のみなさまにはお待たせしてほんっと申し訳ありませんでした!)とか、色々ございましたが!

みなさま、お忙しい中お越しくださいまして、本当にありがとうございました。

長野からいらした方、(しかも男性…被写体がクッキーとか、甘くていいんでしょか…!)、2レッスン、3レッスン受講してくださった方などもいらして、みなさまお疲れでてらっしゃらないとよろしいのですが。

そんでもって、わたくしが「休み時間、無用!」と、3レッスンほぼ通しで進めてしまったためにご担当いただいたソニーのFさまにもノー休憩おつきあいさせていただくということになりましてん、気が利かず申し訳なく、ホントありがとうございました。

ところで、嬉しい事に参加者さまから5月の『スイーツフォト攻略セオリー〜アフタヌーンティー〜』ってどんなん??てな、ご質問も頂戴しまして、ノリはあんなんですが、3回連続受講ということで、内容はもう少しがっつりがっつり参りたく思いますのん被写体ももっとかわいく参りたいと思いますので、既にケーキプレートは複数枚購入済みですともええ。できれば紅茶ガチフォトは紅茶カップにしたいんよね。

しかし18名さまぶんか…うーぬトランクでがちゃこんがちゃこん、大丈夫かわたし。

5月は受講者さまの数も増えるので、お席の配置と撮影エリア、ライティングを工夫したく。なんかねソニー銀座の自然光の入らなっぷりに「コンチクショー」と思った今期でしたが、LEDライトが案外使えた、ので、もう二台くらい欲しい!とか、あとレフとディフューザーももう少し工夫したいなと目論んでます。

どうでもいいけどわたし銀座校で自然光で撮影した事がない…

のはさておき、お先に乾杯…と言いたいとこですが写真は小豆茶。
しかも、先週の焼き鳥屋の写真でございますけども。今日はね、家ごはんです。
f0212049_21164070.jpg
明日は日曜日、光のレッスンの生徒さま第一回でございます。
お気をつけてお越しくださいませ。

来週は前半グータラの日、後半CP+の日でございます。Gマスター至上最高のボケと言われる100mmがたーのしみー!といいつつ、今日は生徒さまがお借りしてたプラナー50mmで撮影した絵面の美しさが怖かったー。アレは魔性のレンズだと思うわよ。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

今日は撮る余裕なかったでした…いやレッスンなんでがつがつ撮る日でもないんですが、レッスン風景とか、撮ってみたかったのよーん…

by ori_tarte | 2017-02-18 21:19 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
sony α6000とα6500、2年の時を経たミラーレスの感度800撮影対決
本日のフォトレッスン、犬を撮らせたら語ると長いよ!そして新しいsony α6500がやっと届いたよ!の、taitaimomさんがいらっしゃいましてん。

なのでレッスンは、キヤノン x8i、sony α7、α6500、α6000がおふたりの布陣でございました(Tさままた次回ね!)。

というわけで、座学中に失礼して、まずはα6500を一枚、どこもスレてなくてピカピカ!sonyのフルサイズEマウント55mmと組み合わせて使ってらっしゃいます。いつかはフルサイズ…になってもレンズが使えるのがいいとこだ。
f0212049_18555964.jpg

さて、今回は拙宅の初心者向けレッスンのトリを飾る紅茶の雫レッスンでございましてん。
こちらは基礎講座『カメラに恋するフォトレッスン』略して「恋フォト」の第6回の講座になります。
ので、3月からスタートの金曜日クラスさま、グループレッスンさま、どうぞお楽しみに!

内容としてはマニュアル撮影方法を覚えた方が動体をどう撮るか!をチェックさせていただく講座なのですが、も、今回は「動体に強い」と噂のsony α6500に注目が集まる集まる。

しかも旧モデルであるα6000を持ってらした方がおふたりいらしたので比較してみました。

発売時期としてはまるっと2年の差があるソニーAPS-C機、スペックとして大きく変わったのはこんな感じで。

■α6000(2014年11月発売)
・実勢6万
・AF追従秒間11コマ連写
・0.06秒のAFスピード

■α6300(2016年12月発売)
・実勢15万
・防塵防滴対応
・ボディ内手ぶれ補正
・AF追従秒間11コマ連写
・0.05秒のAFスピード
・画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」
・高速処理をサポートする新開発のフロントエンドLSIを搭載
・撮影jpg、松竹梅の「松」であるエクストラファイン追加。<<私はこれがイチオシ
・36秒ずーーっと連写可。<<私はこれがニオシ

で、真っ平らな話すると「動体はそれほどでもー雨の中とかホコリの中撮らないしー」という方はお値段約1/3のα6000でも全然イケると思います。今日も普通に水滴撮ってらしたし。でもパン作りお菓子作りの方は6300ないし6500をオススメしたいのよねー、小麦の粉塵で絶対故障するから。個人的に生徒さまの故障頻度見てると、砂埃より小麦のがヤバイ。

それはさておき、新モデルなα6500の場合、防塵防滴だし手ぶれ補正も突っ込んでいる、上に「早いよ!任せとけ!」がウリなのですがそれって旧モデルの6000も6500もそーだったよねーと油断してたのですが、まあなんつっても30秒以上シャッター押しっぱなし連写できちゃうし、コンティニュアスの食いつきが凄過ぎ!と犬を撮影なさるtaitaimoさんがもう大満足で語ってらっしゃいます。

なので、今回、連続撮影の際の水滴のキャッチ率の高さに吃驚で、動体確度は最高かも!レフ機越えてるカモと思いましたよ。6300で大井競馬場で馬を撮った時も「ナニコレ!」でしたけど、更に上行くかもしんない。

あと個人的には2年経って地味に感度対応の質を上げたなーという印象で。

感度800くらいだと6000と6500であんまり違いはわからんのですが、こんなん。

α6500の紅茶
f0212049_18562168.jpg
α6000の紅茶
f0212049_18561855.jpg
6500のが磁器の描写がちっと滑らかに見えませぬかのー?

比較といっても、拙宅の場合、初心者クラス6回めとはいえ「露出は自分で判断してね!」のマニュアル操作なので、被写界深度も焦点距離もSSもきっちり揃えた厳密な比較ではないのですが。

しかもα6500にSonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)を装着なさってるので、上のα6500の画質はボディの実力を更に向上させてくれたりもするのですが。

しかしこの感度対応の違い、撮って出しで見た時よりも、フォトショップなり画像補正ソフトで明るさを調整した時に感動する率が高くて。

α6500のが黒潰れ白飛び部分のデータを保持している率が高く、現像ラクラク!というのは、画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」が理由であってますかしら??

裏面照射でローパスフィルターレスなα7RIIになるとまた更にラクラクなんですが現像。RAW現像納品がウソのよーにほいほいjpgで補正してますよわたくし。

フォトショップで明るめにいじった時のα6500の画質
f0212049_19032741.jpg
α6000はこちら。
f0212049_19034791.jpg

なんつーか、微妙なグラデーションの変化がスムーズで気持ちよいのであるよ。
ので、最新鋭には最新鋭としての理由があるよね、という話でした。でも発売タームやっぱ短すぎるわ…

明後日の銀座に向けてごーごーわたし。5月のαアカデミーもよろしくお願いしますん。アカデミーでお伝えする紅茶は光とかカタチ中心です。ブツ撮りに近いしつこさの予感<…

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

α6500を撮ったのはこれですが、注目はα6000vsα6500対決でしょ!


by ori_tarte | 2017-02-16 19:11 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
ソニーαアカデミー、さいとうおり本気のスイーツフォト攻略セオリーはじまります
スイーツフォトだけじゃないのですが!
しかも告知日をツルリ失念して鎌倉高校前駅でスラムダンクだ!とか吞気かましておりました昨日ですが。

ソニーさまが今期から写真教室を大幅リニューアルなさいましてん、その名も『αアカデミー』
2月15日から第一期のレッスン内容発表&公式スタートでございます。

講師は風景の林明輝先生、ドローンの中西学先生、お花のわたなべももせんせいなどなど。
ポートレートの横市さん、自由が丘写真教室とクラブツーリズムでお馴染みの酒井先生も今期からスタートですので、風景、ポトレ、ドローン、お花と色々目的にあわせて選んでみてくだされ。

わたくしはもっぱら料理とスイーツ。いやラ・フォト自由が丘が本気じゃないっつーわけではなく、ソニー銀座の場合がっつり3回連続レッスンなのでラ・フォト自由が丘ではできないような事にチャレンジしたいと思います…といいつつブログ写真はみなさま散々撮り倒したであろうラ・フォト自由が丘2月のモチーフ…
f0212049_21145133.jpg
全てフェイクなのですが、αアカデミーでは本物のティーケーキとかー本物のスコーンとかお持ちしたいのだ。が、生ケーキはタンマさせてください。ただでさえ荷物が多いのでどう展開しようか考えておるのです。最悪はオール磁器とLEDライト担いで、スコーンとサンドとケーキは崩れないよう手持ち…っておお怖!<やりかねない。


レッスンは全3回なのですが、第1回がブラックティーをじっくり撮る…で、茶葉はどの種類がベストか光はどういれるのがベストか、みたいのを徹底してお伝えしたい。なんつーっても藤沢紅茶専門店『ディンブラ』磯淵師匠の弟子ですのでワタクシ。

第2回はプティフールやスコーン、可能ならばキューカンバーサンドも持ってくのがベストなんですけど6月に跨ぐので果たして。フェイクはできるだけ避けたいよー<こういう事で首を絞めるわたくしなのだ。

第3回でアフタヌーンティーセット…て書いて、講評どーすんの!とハタと気づいたわたくしです。講評は全枚数がっちりやりますわよ!

今週は午後から恋(6)で。土曜日のソニー銀座で甘々スタイリングとライティング…がんばれわたし…
日曜日は光の日曜クラスですよー

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

気軽にホイホイ使うことができるのは55mmという。なーやましー!そして100mmGMが待っている。

by ori_tarte | 2017-02-15 21:23 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
初心者さま向け恋フォト開始日、ウエイティングシステム『待つラ・フォト』2017年春限定
昨年の春からスタートさせていただいた基礎レッスンのウエイティングシステム『待つラ・フォト』ですが、前回から半年以上経ってしまっておるので、2017年春限定で開催させていただこうと思いましてん。

みなさま全員のご要望にお応えできるか不安なのですが!

仕組みとしては「この日なら毎月レッスン受けたいカモ!」というのを教えてくださった方が同じ曜日ご希望で集まったらレッスンさせていただきましょか、という事でございましてん。

レッスン内容はカメラ初心者さん、もしくはAモードでしか撮影したことがない方、またはさいとうのトコで基礎から教えてくれーという方向けの全6回でございます。基礎講座が修了したらあとは単発のご参加でもヨシ、そのまま構図、光、色彩学、スイーツ、風景構図、ストロボ、フォトショップ、ポートレートなどご要望まま現在ご用意しております。さいとう、わりと流されやすいので、やいやい言うとなんか講座ができたりしますラ・フォト自由が丘、今年で5年めでございます。申し込みデータ確認したら900名さまかーとちと感慨深いわたくしですよ。

今回はシンプルに「待つラフォト専用」でお申し込みページ作成させていただきました。

■待つラ・フォト専用お申し込みページ
お名前とメールアドレス、毎月レッスン可能な曜日(複数選択可)をチェックのち送信くださいませ。

※まずはここから!の基礎講座『カメラに恋するフォトレッスン』内容についてはこちら

同じ曜日におひとが集まりましたらレッスン開始!ということで、基礎講座である恋フォト全6回のスタートとなります。2回め以降のお日にちはみなさまと相談の上、確定しますが、みなさまの先々のご都合がつきやすいようであれば最初に6回までの全てのお日にちを確定することも可能です。

一応早くて3月、遅くとも5月にはスタートしたく思いますが、あまりに日数がバラけて…とか、さいとうの日にちが全然あわん!(特に土日はちと厳しいので…)という場合は少しお待ちいただくかもですごめん。

お手数をおかけして大変に恐縮ですがどうぞよろしくお願いいたします。

というだけでもナンですのでステップアップレッスンである構図レッスンから一枚。この方はソニーNEXでしたが手が大きいのでソニーですと操作に苦戦してらしたのでむしろキヤノンキスデジ子さんに…ということもありました2014年…かなあ。しかも当時のソニ子さん、グリットが出なかったのか果たして<…
f0212049_22231839.jpg
鎌倉組は集合場所と集合時間、お送りしましたよー
明日は光(5)、明後日は平日の恋(6)、明々後日は午前プライベートレッスン、午後色彩学です。土日は鎌倉とかグループフォトショップとか、ひさびさ5日連続レッスンよし!





by ori_tarte | 2017-02-07 22:28 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
都会に潜む無限回廊。色を削ぎ落とす、反復美。
ちっと彩度残しましたが横浜美術館。

この界隈、思春期には建築途中だったこともあって、美術館直行直帰、てな感じで周辺は足を踏み入れたことがあまりなかったのですが、建築コミの風景撮るのにオモロいな。

f0212049_12360673.jpg
基本、風景を撮影する時には「人がいらしても、いらっしゃらなくなるまで待てい!」のわたくしですが、ある程度人がいない、というのはやはり優位性アリアリ。

というわけで、鎌倉早起き風景構図の回は思い切って7時集合で参ろー。
参加者さまにはのちほど詳細ご連絡さし上げます。

また、新年度の所為か恋フォト開催ののご要望のお申し込み頂戴しておりますが、わたくしの上半期のスケジュールが確定次第、ご連絡さし上げます。待つラフォトでお日にちあわない方とかいらしたので何とかしたいー。のですが、なんか今期はお日にちのやりくりがちとキビチーわたくし開催ピンチ。最悪、秋になったらごめん。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

55mmだと歪むかなーと心配したけど歪み無修正でイケました…というのに気づくとやはり55mmは手放せん(いや手放さないけどさ…)

by ori_tarte | 2017-02-06 12:47 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
フォトレッスンにおいて作例はアリやナシや?
てぇのを、周期的に考える事があって…てか過去もちらほらゆうておるのですが。
私見ですが、デッサンとるとか画材の性質を手に叩き込まないとイカンような絵画と異なり、写真の場合、基本的にはまるっと真似、で上達するとは思えないので。

作例を事前にお見せすることはないのでありました。ロジックとしてのテキストはございますけどね。設定も自分で適正を考えてくださいなー、て感じで。

ので、キャリアの長い生徒さまは「事前に他の人の作品は絶対観ない!」と言う方も多いので、わりと屋外いってもバラッバラだったりします。あんまり同じ場所撮ったりとか、しない。

とはいえ、今日はまだ恋フォト終わったばかりの方なので、作例。つーか、自分でも撮ってたら「AF、効かねぇ…」という被写体だったので、今日のスイーツフォトさんたちはAFに頼らずひとつ。

えーとアイシングがまだ乾かなかったので、トレイに載せたまま8個一気持ち。こーれが自由が丘から神楽坂までもつか果たして。
f0212049_09530343.jpg
今日は紅茶ポットとカップも持ち込む日だっつーのを忘れてました…

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

ただでさえあわないピンが…っ!

by ori_tarte | 2017-02-04 10:00 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
写真映えスイーツ:自作米粉スコーンに砂糖ごろも、を90mmマクロ。
ブログ、珍しくスイーツ一本化が続きます。色々仕込みが必要な日々なのでわたくし。

キムタクも「オペっていうのは、準備で、すべて決まるから」つーてたね。「いや全ての仕事は準備が8割だろ!」とは突っ込みたかった世の中の働く男女だと思いますが。しかしあのドラマは主人公アゲの対比とはいえ、松ケン、ボンボンにもホドがある設定ですな。なんか、年齢の割に発言が軽卒というかアホというか。あの人リアルではオトンですからいちおう。そしてわたくし個人的に竹内結子は謎めいたフワフワなほうがいいと思うの。男に振り回されるより男を振り回すほうが似合う…茶々さまー!

それはさておきスコーン。

写真のスコーンは邪道な…というかアメリカンなスコーンの食べ方に近しいですが、スコーンにシュガーアイシング、イケました味的にも。

あえて「ささとうごろも」なのはなんかこう児童小説で「さとうごろも」とか出てくるとワクワクした子供時代をね、思い出しましてね。お懐石の写真集などで見る「水菓子」にもワクワクした、今と興味の対象がまーたく変わらない子供時代語る。「水菓子」が果物と知った時のガックリはハンパなかったですがメロンがあまり好きでないので余計に…と食について語ると長いウザい。しかもそれほど蘊蓄がないのでうっかり自分語りしかねないのでヤバイのでこのへんで。

ところで、写真のスコーン、ブリティッシュなスコーンとはいえスコーンに更に白砂糖か!という組み合わせなので、美容健康的にアレな気もしますが、ホントはねークロテッドで仕込もうと思ったんですがいい感じのトロリアイシングだったのでこっちでゴウだったのだ。念のためサブ案で買っておいたクロテッドクリームはシチューにでも使う予定。そんなにホイホイスコーン食べてるわけにもイカンので。

スコーン本体は今回米粉で仕上げたので膨らまなかったんですが、これが撮影としてはプラスに作用したなーという仕上がりで。積み上げ楽で楽で!コスト的には小麦粉のほうが絶対的にお安いので、痛し痒し。
f0212049_09080710.jpg

レンズは今回は室内安定の90mmマクロ。花びらとかでなくこれくらいのざっくり被写体ですと90mmでも55mmでもよろしかったのですが、焦点距離的に90mmが欲しかったので、今回は90mm。90mmの重量も嫌がらない最近。ただこれを表に持ち出した時に「お、重い…」とならなければよろしいのですが、ヘタレなのだわたくし。

屋外といえば、2月の屋外実習は地味に鎌倉に決定しております。でもって山側でなく珍しく海沿いアプローチ。

単発参加可ですが風景構図組は早朝野望抱き倒し。そしてわたくしは鎌倉にもいっそ90mmを持っていこうと思いつつ、鎌倉だとむしろ35mm以下のほうがよろしいような気もしないでもなく…となるとド定番の24-70mmなのか、果たして。2月18日は銀座ソニーなので風邪ひいちゃイカン。

単発可能なレッスンは以下。

拙宅ではなくソニー銀座レッスンも単発参加可能ですがスイーツと広角は満席だそうな。
ソニーユーザでなくてもお申し込み可の「お試しα」は残席アリだそうですがソニーユーザ以外のαユーザ登録てハードル高いと思うわけよわたくし<… 

【2月の単発参加レッスン】
・2月04日 14:00 :神楽坂スイーツ 残2
・2月12日 早朝集合:鎌倉屋外
・2月25日 11:00 :神楽坂スイーツ 残1

年明けから募集開始を予定しております土日の恋フォトですが、開催の日程が微妙…ご要望がございましたらやろうかな…くらいでござる。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
テーブルは55か90だなあやっぱ。


by ori_tarte | 2017-01-31 09:10 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
写真映えスイーツ:博多五色堂の『五色豆』を九扮茶房の茶器で
風景構図は座学とはいえ、あーだこーだ話し倒す場と予測されたので、お茶を用意してみました。
五色豆と中国茶で、どだ。
f0212049_13264419.jpg
類似のアイテムとして「おいり」も可愛いんですが、神楽坂プリュスさんで一気買いしたアイテムがございましたので。


■今日の機材
ボディ:sony α7R II
55mmでなんかしっくりこんかったので、90mmにしてみた本日。
何故じゃろーなー。

by ori_tarte | 2017-01-29 13:27 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)


最新の記事
以前の記事
カテゴリ
フォトレッスンのご案内
レッスンご紹介
ラ・フォトって?
公式FaceBook
お申し込み
スケジュール

★ほぼ日Instagram★
インスタグラムはテーブルフォトと旅フォトと人物撮影の3カテゴリでほぼ毎日更新しております。いずれもソニーα7RIIで撮影。ご興味ございましたらば。
画像一覧
ブログ村
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
記事ランキング
ブログジャンル