自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、さいとうおりのブログ。sony α7RII + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

2017年5月から
ソニー銀座αアカデミーにて
フォトレッスンさせていただきます
****インタビュー掲載***
2016年2月ソニーさまWebサイトにてインタビュー記事。素晴らしいキャリアの方々の末席に加えさせていただきました。
α Photographer’s Voice ********************

2014年2月24日発売『"カワイイ"をシェアする写真術』(ステレオサウンド社)に、「女子フォトレッスン体験」として、恋フォトレッスンを紹介していただきました。eye-fiがついているのでカメラ好きにはお得な一冊。
ご紹介いただいているレッスン『恋フォト』の詳細はこちら
また、ご本はこちらでご予約いただけます。アフェリエイトではありませんので、ご安心を。

主婦の友社さま『mina』2月号101Pでご紹介いただきました。ご紹介いただいているレッスンのスケジュールはこちら
レッスンスケジュールはこちら。体験レッスンはございませんが単発参加可。 カメラ購入前相談、貸出機アリ。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

レッスンのお申し込みから48時以内にお返事差し上げますが、土日祝日は週明けのご連絡になりますこと、お許しください。
ラ・フォトってどんなフォトレッスン?

本ブログにおける画像および文章における著作権および著作人格権および肖像権といった法的な権利は全てさいとうおり、またはラ・フォトにご参加いただいた生徒さん、撮影をご許可くださった方にございます。許諾なきコピーおよび流用を固く禁じます。

検索
タグ:パリ ( 11 ) タグの人気記事
頑張れ初代ペン! OLYMPUS E-P1でフランスの旅
今ならOM-Dですがね。

といいつつ、秋に発表予定のソニーのフルサイズミラーレスも気になるお年頃。

ですが、ソニー製品の場合、ソニー持ちの生徒さまがレッスン実習中の数十分くらいで「せんせいっ!バッテリーがなくなりましたっ!」とおっしゃるのがトラウマで。「だ、大丈夫なのかしら…」と考え込んでしまうわけですよ。

が、フルサイズでコンパクト、ちと欲しい…ので財布と相談相談。

まあ、当時はE-P1でフランスをテケテケしてたわけですけども。

シャルトルといえばシャルトル大聖堂、撮影はフリーダム。このへんサクレクールと違って嬉しいところ。

真っ暗な内部にて比較的明るい祭壇。ただし、狭くて後ろに下がれないので、超広角が欲しかったなーと14mmでギリッギリで粘る。このポイント、各国のカメラ好きさんたちが狙っててひしめきあってました。
f0212049_1511368.jpg



このへんのステンドグラスとなると、も、見上げるしかないわけですが、ちっとフォーカスあまあまで、MFでもよかったかなーと後悔。
f0212049_15123100.jpg


しかし、こやって思い返すに旅にはつくづくミラーレス万歳でございます。当時、ぎっくり腰明けだったので余計フルサイズとか持ち歩きたくないわけですよ。業務用、壊すのも嫌ですし。

というわけで、しばらくはミラーレスとフルサイズの二刀でまいります。ミラーレス、望遠もちっこいですしね。

*------- 自由が丘フォトレッスンのお知らせ -----*

8月と9月のフォトレッスンスケジュールはこちらhttp://www.sorbet-inc.jp/la-photo/schedule/ 
スケジュールでは略して「恋フォト」と記載して、募集中でございます。またPhotoScapeでのポストカードレッスン、ScanSnapによるレシピブックの自炊レッスン、サロネーゼ開業講座もスタート。いずれもスケジュールをご確認ください。

【恋フォトカリキュラム】
対象:初心者、ある程度理解できているけれど、カメラの基礎からしっかり再勉強したい方。これからミラーレス、一眼レフカメラを購入したい方向け。

第一回は、構え方、AF、ピンボケの理由をがっつりお伝えします。
第二回は、正しい露出、光の計り方、暗い場所でノンストロボで撮る方法などなど光に関するさまざまな機能をお伝えします。

(2)からスタートして(1)に戻る、という生徒さまもウエルカム。

また、ピンぼけしたことないから(2)からスタート、というのもアリでございますが、今期の(1)、さいとう9ページ渡ってぎっちりお伝えしておりますのでおすすめですマジ。


また、吉田恵子先生によるアートワックスモデリングレッスンも木曜日を中心に開催中でございます。8月は体験レッスンがちょいとお得になりますので、気になります方は是非。お申し込みが無い場合はさいとうがフォトレッスンに切り替えさせていただくこともございますのであらかじめご了承くださいまし。

お気に召しましたらばクリックの程、何卒よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村
by ori_tarte | 2013-08-15 15:13 | いそいそパリ写真 | Comments(0)
窓を開けたらシャルトル大聖堂。ホテル『Le Parvis』
バカンスシーズンのパリはつまらーん!と、日帰りで田舎へ行きますかと、パリからガタコンと列車でシャルトルへ行ってみたわけですが。

田園風景も美しく「世界の車窓だよ!」と楽しかったのですが、シャルトルに着いたらば、ハラヘリで。

モンパルナスの駅で「国鉄は切符の買い方がよくわからん!」と5分ほど迷走しておりましたので。

モンパルナスのPAULでパン買っときゃよかった!と臍を噛んでも後の祭りで(フランスでPAUL買うのが悔しかったんですわ…)。

とにかくハラヘリで。

何故か駅の周辺はスイーツ専門店ばかりが目についたので、「とりあえず大聖堂目指そう」と、ふらふらと歩いていたらばごはんも食べられそうなカフェが目に入ったので。
f0212049_0464267.jpg


注文してみたらば「観光客向けかい?」というサラダはさておきフォアグラがふふふのふ。
f0212049_0464867.jpg


そしてふと見上げると目の前にシャルトル大聖堂がどどん…
f0212049_0465443.jpg


も、大聖堂の裏から10メートルも離れていない場所なんですよこれが。

日本で例えるならば、姫路城の石垣の脇とか銀閣寺の池の上でごはんを食べる…みたいなことじゃなかろうかと思ってしまったり。

でもってお腹を満たして落ち着いてお店をみたら「ホテルでしたか!」とびっくり。目が覚めたら大聖堂ってちょっと凄い。
f0212049_046598.jpg


■Le Parvis(ル パルビス)
5, Rue du Cheval Blanc | 13, Place de la Cathedrale, 28000 Chartres, France

公式サイト:http://www.le-parvis-chartres.fr/



*------- フォトレッスンのお知らせ -----*

8月と9月のフォトレッスンスケジュールはこちらhttp://www.sorbet-inc.jp/la-photo/schedule/ 
スケジュールでは略して「恋フォト」と記載して、募集中でございます。

第一回は(1)で、構え方、AF、ピンボケの理由をがっつりお伝えします。
第二回は(2)で、正しい露出、光の計り方、暗い場所でノンストロボで撮る方法などなど光に関するさまざまな機能をお伝えします。

(2)からスタートして(1)に戻る、という生徒さまもウエルカム。

また、ピンぼけしたことないから(2)からスタート、というのもアリでございますが、今期の(1)、さいとう9ページ渡ってぎっちりお伝えしておりますのでおすすめですマジ。

また、吉田恵子先生によるアートワックスモデリングレッスンも木曜日を中心に開催中でございます。8月は体験レッスンがちょいとお得になりますので、気になります方は是非。お申し込みが無い場合はさいとうがフォトレッスンに切り替えさせていただくこともございますのであらかじめご了承くださいまし。

お気に召しましたらばクリックの程、何卒よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村
by ori_tarte | 2013-08-13 00:50 | いそいそパリ写真 | Comments(0)
シャルトルはパリじゃないやね
まあいいか。あとでカテゴリを書き換えてしまえ!
いつかシャルトルチキチキ紀行とかやりたい。

で、シャルトルですが、観光地としては大聖堂がメジャーですが、わたくしこのへんの川辺にもふらふら惹かれておりましてん。いやー、初代ペン+標準レンズでここまでイケちゃいますよ。
f0212049_21142780.jpg


当時、マイクロの望遠レンズを持っていなかったので、52mmが限界だったのですが、こんなフワフワのひな鳥なんぞを橋の上から撮ってました。今なら150mm装備で行きますわよ!
f0212049_2117285.jpg


川辺ではパン屋のおじさんがカチカチのバゲットを橋の石で割りながら、川の鳥に撒いてたのも、ほんわりしてよいなあと。なんかこう、美しき静かーな田舎町、という感じで好きでございます。

大聖堂の麓カフェで食べたフォアグラについてはまた次にでも。てか、鳥を愛でながらフォアグラを食べるって、二律背反ちっくー。

てなわけで、今後のフォトレッスンスケジュールはこちらhttp://www.sorbet-inc.jp/la-photo/schedule/ 
8月9月の『カメラに恋するフォトレッスン』 スケジュールでは略して「恋フォト」と記載して、募集中でございます。

第一回は(1)ですのでお間違えなく。(2)からスタートして(1)に戻る、という生徒さまもウエルカム。

また、ピンぼけしたことないから(2)からスタート、というのもアリでございますが、今期の(1)、さいとう9ページ渡ってぎっちりお伝えしておりますのでおすすめですマジ。

また、吉田恵子先生によるアートワックスモデリングレッスンも木曜日を中心に開催中でございます。8月は体験レッスンがちょいとお得になりますので、気になります方は是非。お申し込みが無い場合はさいとうがフォトレッスンに切り替えさせていただくこともございますのであらかじめご了承くださいまし。

お気に召しましたらばクリックの程、何卒よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村
by ori_tarte | 2013-08-10 21:25 | いそいそパリ写真 | Comments(0)
パリソラ
最近、お散歩フォトレッスンのご要望を頂戴していたので、なんかあったかなと、本日の午後より夏休みがてら写真の整理をしておりましたところ。

フランスの景色ばっかり2000枚近く撮っておりましたのを発見しましてん。

当時はE-P1標準レンズばかりでございますが。

パリソラと気取ってみましたとさ。
f0212049_23312873.jpg


やっぱ空が広いとこう、撮り甲斐が!
f0212049_23325435.jpg


ギメ東洋美術館のあたりをふらふら
f0212049_23225921.jpg


そういえばフランスはシャルトルへ遊びにいったのとか、まーったくブログに反映させてなかったので、フォトレッスン夏休み中は、そのへんのお写真もご披露させていただければ。あー、パリはともかくシャルトル行きたい…。

それはさておき、今後のフォトレッスンスケジュールはこちらhttp://www.sorbet-inc.jp/la-photo/schedule/ 
8月9月の『カメラに恋するフォトレッスン』 スケジュールでは略して「恋フォト」と記載して、募集中でございます。

第一回は(1)ですのでお間違えなく。ピンぼけしたことないから(2)からスタート、というのもアリでございますが、今期の(1)、さいとう9ページ渡ってぎっちりお伝えしておりますのでおすすめですマジ。

また、吉田恵子先生によるアートワックスモデリングレッスンも木曜日を中心に開催中でございます。8月は体験レッスンがちょいとお得になりますので、気になります方は是非。お申し込みが無い場合はさいとうがフォトレッスンに切り替えさせていただくこともございますのであらかじめご了承くださいまし。

お気に召しましたらばクリックの程、何卒よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村
by ori_tarte | 2013-08-08 23:28 | いそいそパリ写真 | Comments(0)
マイクロフォーサーズでパリ、ヴァンブの蚤の市
画質においては残念ながらマイクロフォーサーズがどんなに頑張ってもフルサイズにゃ適わんでしょ派なのですが、E-P1を初めとするミラーレスはやっぱり旅のお供には最適で。

何せどんなに重くてもかさばってても、カメラはパソコンやiPadと一緒に機内持ち込みにせざるを得ず。

ましてや精密機械であるが所以に、ボディチェックの際、バッグいれっぱで通る、というわけにもゆかず。

毎回カゴに「はいMacBook、はいiPad、はい携帯、はいカメラ、はいレンズ」なーんて並べてみせて、また「はいMacBook、はいiPad、はい携帯、はいカメラ、はいレンズ」と、仕舞わにゃならん。

あたふたしている間にスリにあったらどーすんの!

(余談ですが初代iPadを買った頃のシャルルドゴールで、空港係員に「これはiPad?」と聞かれ「ウイ」と答えたら、日本語で「すごいねー」と返されたことがございました。いやいやすごいのはアナタの語学力…いや、日本人が「グッド!」「グレイト!」と返すようなものか)

となると軽量コンパクトであればあるほどありがたく、となるとミラーレス万歳!てなわけですよこれが。

まあ日本よりひったくりもスリも多いような界隈でウン十万のカメラを持ち歩くよりも、初代E-P1と標準レンズでこれだけ撮れればいいじゃないかと思うわけなんざんすね。この時は標準レンズでしたけど、今なら望遠も明るいレンズも豊富なのでもっと面白いの撮れそうですし。

ちなみにOM-D EM-5で海外はまだ未体験ですが、海外盗品市場で高値だったりするんでしょか。日本のヤフオクだと8万くらいで、レンズ次第では15万程度ってとこですが、海外の質屋さんとか?

まあそんな話はさておき、初代E-P1でヴァンプの蚤の市。
当時は仕事も兼ねていたので通りすがりにぱぱっと撮影していたのでそっけない写真ですけども。

ヴァンプの真ん中らへんにある、明らかにニッポンの女子向けのセレクトヴィンテージショップ。
相場からすると若干お高いけど、買いやすいので、ボンボンの缶、買ったのでした。
ピンクのアイスコーンみたいのはボンボンやドラジェを入れるのですって。
f0212049_16291285.jpg


フランスでぜったい買いたいわーなんて思ってしまうカフェオレボウル…ですが、割安感なく、ヒビ、カケがあっても売り物だったりするので、コンディションの良いものならむしろ日本で買っちゃった方が早いかも(わー、身も蓋もない)。
f0212049_1629891.jpg


昨今、日本だとレプリカがすぐ作られてしまうのでこのへんはお高く感じるかも。でも色のりがいいんだわー。
f0212049_16291611.jpg


ボタンは買いそびれると大変。でも持って帰るのも大変(袋ごとどこかに潜り込んで一年経過、とかね)。
f0212049_16291782.jpg


こういうクリエイターズアイテムが楽しい。作った人に「これが似合うんじゃないの」などと言われたりね。フランスは人懐っこい人はほんとに人懐っこい。
f0212049_16292151.jpg


樹脂用にこれ欲しかったなー。
f0212049_16292425.jpg


食器よりも棚や椅子なんぞが「えー!」というお値段なので持って帰ろうかと一瞬思案。
f0212049_16292793.jpg


このへんは今、日本でお安くコピーされちゃってるかも。
f0212049_16293181.jpg


早い者勝ちな蚤の市なので当然朝イチで出発したいとこですが、フランスの夏の終わりから秋口は朝イチで出発すると寒い+真っ暗(7時でも真っ暗)なので、ご注意を。
by ori_tarte | 2012-10-04 16:40 | いそいそパリ写真 | Comments(0)
フランスの食器ブランド『Gien(ジアン)』さんの展示会
写真展の直前だったのでなかなかアップできなかったのですが。

表参道のセンプレさんのギャラリーで開催された『Gien(ジアン)』さんの展示会に伺ってまいりまして。

f0212049_17225611.jpg


もうね、大人の花柄!細部にわたるまで素敵なデザイン。
f0212049_1724286.jpg


ディスプレイがまた素晴らしい!
f0212049_1727726.jpg


パーティにも出番!ぜぜぜぜぜぜいたくなー!!!でも触るともう「はなしたくなーい」というなめらかな手触り(持ち帰りゃしませんが!)
f0212049_17273367.jpg


ちなみにこの先、写真講座『ラ・フォト』でも出番予定。
どういうテーマで撮影するか検討中です。

あ、『ラ・フォト』次回開催は2012年10月16日10時はリンツ ショコラ カフェ自由が丘での開催となりました。クロックムッシュ、チョコレートドリンク、マカロンを召し上がっていただきながら、暗いお店で美しく撮影するレストランフォトをお教えします。

11月はお休みで12月はストゥブさんのご協力をいただいて、ココットデザートと黒フォトでシックな冬フォトの予定です。
by ori_tarte | 2012-09-20 17:33 | ときめき写真講座 | Comments(0)
イヴ・ピアッチェが安かったものですから
てんこもり買ってみました…ても10本ですが。
f0212049_1153428.jpg


窓辺に置いておくと香りがすごいー!
パパメイヤン系の「バラですね!」という香り。
f0212049_11524931.jpg


はらはら落ちかけているので花びらでも写真が楽しめそうです。
by ori_tarte | 2012-06-06 12:00 | うきうき雑貨写真 | Comments(2)
Emma Bridgewater(エマ・ブリッジウォーター)のボウルとポトフ
男子ル・クルーゼめしでブランチでした。
f0212049_2225487.jpg


にんにくひとかけ(そのまま…でなく潰してから)と鶏もも肉とタイムとローリエをオリーブオイルで炒めて、鶏に火が通ったら一度取り出して大根、人参を投入して炒めて、透き通ったら玉ねぎと炒めた鶏を追加。でもって水を注いでいい感じに火が通ったら塩で調味。

…だそうです。だそうです、というのも、私は煮込み系を作らないので、詳細レシピはあくまで伝聞。

ま、野菜がゴロゴロして肉っけで風味がついてるスープ煮ならポトフだ。

ボウルはEmma Bridgewater(エマ・ブリッジウォーター)のポルカドット。布はフランスで買ったどっかのインテリアファブリック。

f0212049_22251342.jpg



ちなみに日本ではフランスお洒落生活の代名詞のようなカフェオレボウルですが、使い方も呼び名もフランスではまったく異なります。呼び方はPetit dejeuner bol、bolであり、もともとはごはんやシリアル、スープに浸したパンといったものをスプーンですくうためのもので、ボウルに口をつけて飲み物を飲む、なんてことはありえないらしい。ただ紅茶の歴史的には17世紀に東洋から輸入した茶器はハンドルなしのボウルだったわけだし、何かのタイミングでボウルでコーヒーを飲むってのはおかしくはないかもしれない。

そういやわたしも蕎麦猪口でお茶を飲むかも。

現在ではたまーに観光客向けのカフェなどである…らしいと聞いたのですが、見たことはないのです。ガレット食べた時シードルに入ってたような…うろおぼえですが。でもクロワッサンをカフェオレに浸すとかもったいないよー!

なので、フランス人から見たら、カフェオレボウルで紅茶や珈琲というのは、お茶碗でティータイムを過ごしているようなものに見えちゃうのかもしれません。

ま、わたくしも可愛いなと思った蕎麦猪口で日本茶とか麦茶飲みますし。

ともあれ個人的には写真を撮影するにも可愛いカフェオレボウルなのでわたくしもついつい買うのですが、お茶を楽しむならマグやティーカップのが飲みやすいし美味しいと思う次第。

少なくとも仕事しながらカフェオレボウルは無理ー。
by ori_tarte | 2012-06-02 23:44 | ハラヘリスイーツ&料理写真 | Comments(2)
パリのこと、ドバイのこと、エミレーツ航空のこと。
東京の週末、雨続きで、旅行の洗濯が進まない…
そんなに洗濯物があるわけじゃないんだけど、キャンバスのバッグとかも洗いたいのだー。

というわけで、ドバイ。

■9月30日(木)〜10月1日(金)ドバイもパリも曇りっぽいけど暗くてよくわかりませぬ。

9、10月のフランスは展示会シーズンのせいか7月でも直行便は満席で。
カタール航空とエミレーツ航空どっちにしますか?と言われ、評判のエミレーツを選んでみました。

しかしエミレーツ、ほんっと人気!成田発もドバイ発も満席でしたよ!といっても成田の全員が全員Parisに行くわけではないですが。

エミレーツ航空の機内は素晴らしくピカピカで、室内のお色が綺麗。
f0212049_2338689.jpg


シートピッチは狭い…かなあ??エコノミーでもプライベートディスプレイで映画音楽見放題。日本語吹き替え、字幕のもあり。5ドルで電話1ドルでメールも出来るそうだけど必要ないので、むしろWifiになってほしいかな。シャンパン以外の飲み物は飲み放題。オレンジ、アップル、マンゴー、トマトのジュース、炭酸はペプシとシュウウエプス。ビールはアサヒとバドワイザー、スコッチなんかもあったような。あとワインは白赤ロゼかな。

コーヒーがインスタントでちと惜しい。

今回すごく便利したのがバッテリーチャージャー。エコノミーは申し出ないと使えないのだけど、たまに最初から使えるお席もあったりします。

ビジネスクラス以上だと常時使えるそう。とはいってもここで充電しなくても、ドバイで無料のバッテリーチャージャーがあるので、iPad やiPhoneはここで充電すればよろしいかも。

ディスプレイ、タッチパネルなのですがiPadのノリで拡大したくなる…バッテリーチャージャーは左。機種によってUSB口がついてるのがありますけど、カメラを見たりするためのものらしー。iPadは認識してくれませんでした。
f0212049_23464286.jpg


古いディスプレイ…かな???こっちだとバッテリーチャージャーは座席
f0212049_23451950.jpg


機内食はふ、ふつう…。機内でナイフトフォークというのはちょっこし苦手なので、つねづねおむすびとお味噌汁、とかサンドイッチとスープとかにならないかと思ってます。

一番安心して食べたのはラストのサンドイッチランチ。これぐらいのボリュームでいいと思うんだよね…
f0212049_23442894.jpg



それにしてもバター、機内食だというのにフランスへ近づけば近づく程美味だったですよ。
ドバイ〜パリのバターとドバイ〜成田(関空)のバターが違うんだよね。

バターはパリの普通のスーパーで売ってる、しかも紙で包まれたようなアバウトなのが美味で!!
今回、チーズ5つ(白、青、コンテ、パルジャミーノ2個)とバター3個、バゲットを自家用に輸入してきたもんね(鼻息)

しっかしドバイから先はHSBCの広告だらけ!お金のあるところHSBCあり!なのでしょうか。
f0212049_23494261.jpg


ちょっと外気を味わえて嬉しかったー
f0212049_23504837.jpg


ドバイの空港は広いけどフロアが違うとかではないのでトランジットでもターミナルビルさえ押さえれば問題ない広さかも。ハーゲンダッツ、スタバ、PAULなんてのもありますが格安感はなし。
f0212049_2343304.jpg


ひょっとしたらサフランが安い…かも??
f0212049_2351137.jpg


ひさしぶりのキールがー!ローズウォーターの香り、嬉しいけど骸骨て!
f0212049_23424735.jpg


眠るのに最適な椅子があったけど往きは3時着と遅くてありつけませんでした。
帰りは1個置きぐらいで空いてたのですが、トランジット2時間ちょいだったのでやめ。

とはいえ1時着の方は、けっこうここで眠れちゃうかも。みなさんぐっすりお休みになってました。
f0212049_23544379.jpg


次はいよいよフランスです…長い…
by ori_tarte | 2010-10-09 23:58 | いそいそパリ写真 | Comments(0)
パリのこと、出発のこと、旅のひとびとのこと。
出発の日は、朝からまたしても雨。

滅多に傘をささないわたくしですが、今回は新品のユーラシアトランクを濡らしちゃならねぇと、タクシーで渋谷まで。

19:40にファイブスタークラブのカウンターというスケジュールだったので、18:46渋谷発の成田エクスプレス…の予定がなんと1時間早く渋谷へ。渋谷は駅構内になると意外とカフェなどの待つ術がなく、ホームでフレッシュフルーツジュースを飲みながらうろうろ。埼京線や成田エクスプレスのホームへ向かう長い通路に、東横線みたいなドトールが一個ぐらいあってもいいのにね。トランク引きずって移動するには不向きな街だからなー。

ところで、うちはふたりとも相当人畜無害な顔をしているらしく、どこへ行っても必ずといっていいほど、道を聞かれたり、写真撮影を頼まれたり、する。

でもって、こうした人畜無害オーラ、どうもワールドワイドに発していると気づいた今回の旅。

渋谷駅でトランクを片手にホームでぼんやりしてたところ、周囲に人がわさわさいるにも関わらず、アングロサクソンな男性に「成田エクスプレスの乗り場はどこだ?」と聞かれ(まあトランク持ってたら聞きますわね)、成田エクスプレスのドアまで案内したり、成田エクスプレスの機内ではラテンなセクシーお姐ちゃんに「ちょっとちょっと、成田に行くにはこの電車でいいの?!」と尋ねられたり(乗ってから聞くなよなあ…(笑))、ドバイではアラブ系の大家族で旅行中の少年に「お前はどこに行くんだ」(いや英語だったんだけど、なんかそういう口調っぽい威圧感が…少年なのに…)と問われたり、Pariの地図を開いてホテルまでのルートを確認してると、別のアラブ系のお婆ちゃまに「ねえねえ、どこにいくのかしら?」とニコニコ尋ねられ、「Parisですよ」と応えると「アラいいわねー」てなことをおっしゃる。

うーん、『世界ふれあい街歩き』(NHKの旅番組)みたいでいいじゃないか。

彼に至っては、パリの絵本屋さんで年配のマダムに「あなたの持っている絵本をちょっと見せてくれないかしら?」と言われた(フランス語でここまで理解できるわけもなく、身振りで判断)そうで、「あれはおそらくお孫さんに買う絵本だったに違いない」と推測。Saint-Georgesの駅でも旅行者らしき人に「ここはどこだ」と聞かれたそうだ。「フランスで道に迷っているアジア人に道を聞くのはいかがなものか」とボヤいてましたが。

ところで前半の二日、わたくし仕事で彼とは別行動だったのですが、彼は「何のためにiPhoneを海外パケットにしたのだか!」と突っ込みたいほど、よく道に迷ってました。必ず帰りはタクってたそうな。

まあ、街中かこんなルックスで迷うなという方が無理なのか、な。

f0212049_19584948.jpg


宿泊地がモンマルトルとオペラの真ん中という商店街みたいなとこで、わかりやすいランドマークがない…というより、たとえばBasilique du Sacré-Cœurなんかすごくわかりやすいので、目指してがつがつ歩いても坂を上り下りしているうちに隠れちゃうのよね…

山の手にあるこんなん目立つ建物が隠れるって凄くないですか?
f0212049_2031436.jpg


30分くらいで歩ける距離にあっても、急な坂と古くて高い建物のために、こんなかんじにだんだん隠れてしまうのだ。
f0212049_2041871.jpg


ちなみにParisまでのタイムスケジュールはこんな感じ。

成田〜ドバイ  21:40〜03:30(日本時間21:40〜翌8:30)
ドバイ〜パリ  08:20〜13:30(日本時間15:20〜翌20:30)

エミレーツでは4時間以上のトランジットですと無料で空港ごはんが食べられるという話だったのですが、容赦なく1時間以上前にはゲートインを促すのであまり役に立たず。というか機内食でお腹いっぱい…まるっと1日近く機内食ってのはどうもねえ…(笑)

エミレーツ航空とドバイのことは次回…途中で飽きたらごめん。搭乗の時に覗き見たビジネスクラスのお席は、JALのビジネスクラスが悲しくなるほどに素晴らしかったですよ。
by ori_tarte | 2010-10-08 20:09 | いそいそパリ写真 | Comments(0)


最新の記事
sony α7RIIにおける..
at 2017-03-27 21:46
由比ケ浜のBillsでそれぞ..
at 2017-03-26 18:49
『tocolier(トコリエ..
at 2017-03-25 18:44
以前の記事
カテゴリ
フォトレッスンのご案内
レッスンご紹介
ラ・フォトって?
公式FaceBook
お申し込み
スケジュール

★ほぼ日Instagram★
インスタグラムはテーブルフォトと旅フォトと人物撮影の3カテゴリでほぼ毎日更新しております。いずれもソニーα7RIIで撮影。ご興味ございましたらば。
画像一覧
ブログ村
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
記事ランキング
ブログジャンル