「ほっ」と。キャンペーン



自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、さいとうおりのブログ。sony α7RII + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

2017年2月
ソニー銀座にて
フォトレッスンさせていただきます
****インタビュー掲載***
2016年2月ソニーさまWebサイトにてインタビュー記事。素晴らしいキャリアの方々の末席に加えさせていただきました。
α Photographer’s Voice ********************

2014年2月24日発売『"カワイイ"をシェアする写真術』(ステレオサウンド社)に、「女子フォトレッスン体験」として、恋フォトレッスンを紹介していただきました。eye-fiがついているのでカメラ好きにはお得な一冊。
ご紹介いただいているレッスン『恋フォト』の詳細はこちら
また、ご本はこちらでご予約いただけます。アフェリエイトではありませんので、ご安心を。

主婦の友社さま『mina』2月号101Pでご紹介いただきました。ご紹介いただいているレッスンのスケジュールはこちら
レッスンスケジュールはこちら。体験レッスンはございませんが単発参加可。 カメラ購入前相談、貸出機アリ。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

レッスンのお申し込みから48時以内にお返事差し上げますが、土日祝日は週明けのご連絡になりますこと、お許しください。
ラ・フォトってどんなフォトレッスン?

本ブログにおける画像および文章における著作権および著作人格権および肖像権といった法的な権利は全てさいとうおり、またはラ・フォトにご参加いただいた生徒さん、撮影をご許可くださった方にございます。許諾なきコピーおよび流用を固く禁じます。

検索
タグ:α7R II ( 105 ) タグの人気記事
We Wish You a Merry Christmas
といいつつ、明日の午前は構図レッスンですよー2016年ラストのレッスンですよーたしか<確か?

レッスンモチーフは既にお正月になっておりますが、今日のブログはせっかくなのでせんだってのスイーツフォトレッスンアイテム。メインビジュアル撮影時のコーデ、縦バージョンでございます。

ちなみに2月の出稼ぎレッスンは春コーデなアイシングクッキーを撮っていただこうかなと目論んでいます。
f0212049_23365326.jpg
しかしクリスマスだというのに我が家は何故かテレ東バイオハザード祭…バイオの映画バージョンはミラ姐さん大活躍で好きだー!

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

重い重いとぶーたれてた90mmマクロも、西洋館一本勝負で慣れたのか、部屋でのテーブルフォトだとこの一本になりつつ。90mmもってってバッグに55mm、みたいな。海外とかも90mmでいっちゃうのかしら私…面倒なことこの上なさそうですが。

しかしこの90マクロ、前もインタビューページで語り倒したけど22までキリキリ絞り倒すと鼻血ものの美しさだと思う。

開放でダントツ美しいのは50mmのプラナーさんで、『月刊カメラマン(2017年1月号)』でも「ピント外しててもいいや?」なんて豊田慶記さんがおっしゃっててでちと笑った。しかし豊田さんのベスト5には入ってたソニーは70-200と85のGM。1位はシグマのSIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM Art。

あちこち拝見したらばすっごい絶賛されてて、Eマウントないのかー!と思ったけどキヤノン用買ってマウントアダプタつかったらイケちゃうじゃん!という事に気がついた。レンズフリーダムな感じがやっぱ楽しいぞα7シリーズ。

いずれにしろミラーレスとはいえソニーフルサイズをメインにするさーと決めた時点で重いのは慣れた。

けどあとあとの肩凝りハンパないので、やっぱり軽くて美しい画質のレンズがほーしーなーほしーなー。やはり美しさとレンズ枚数は比例するのかちら…。


by ori_tarte | 2016-12-24 23:57 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)
写真映えスイーツ:京菓匠 鶴屋吉信の季節のお干菓子『ホワイトクリスマス』をSEL50M28 vs SEL55F18Z対決
洋菓子業界でご多忙な日のひとつはクリスマスということですが。
昨今、洋菓子屋さんだけでなく和菓子屋さんもキュートなクリスマススイーツをお取り扱いなさってて。

せんだって、鶴屋吉信の『ホワイトクリスマス』を生徒さまから頂戴しましてん「かわいく撮るのが宿題ですからっ」とおっしゃいましてな。

クリスマスアイテムなので撮影がんばりましたよー。

インスタグラムの方にリネンスタイリングバージョンをアップしておりますが、ブログは赤クロスバージョンをご披露。この赤クロス、プラダ熊クリスマスといい、お正月柿右衛門コーデといい、使い勝手ヨイヨイ。

こちらはFE 90mm F2.8 Macro G OSS(SEL90M28G)を撮影。背後がキツキツの場所ですと厳しいのですが仕上がりは安定の90mm。
f0212049_21052686.jpg
パッケージも可愛い!!もうリボンほどくのがもたいなくてー
f0212049_21084319.jpg
んでもってリネンコーデバージョンSonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)。ぱぱっと撮るなら気軽に使うことができるこのレンズ。
f0212049_21191215.jpg
55mm元画像はこれくらい。最短撮影距離50センチと寄ることができないのでここまで引いて撮らざるを得ないですが、ここで構図を決めておけばデザイン楽じゃなーいと。ちなみに上の構図を撮って出しで狙うなら50マクロが楽だと思います。
f0212049_21210649.jpg

クリスマスウイーク、まだまだ続きますが、わたくし悲願の雪の結晶クッキーを仕込んでおりますよ!あとスイーツの作例とか1月のチョコレートフォトレッスンの仕込みとかコツコツ手作業中。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

やはりわたくしこの2本が鉄板。いや一時は90mm重さに堪え兼ねてホントサヨナラしちゃおかと<…


by ori_tarte | 2016-12-23 21:30 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)
広角ファンタスティックス、目黒川ハイパーイルミネーション
夏にちこっとご披露してた、テーブルフォトでの広角ファンタスティックリターンズ!を目論んでおりましてん。

ので、FE 28mm F2(SEL28F20)SEL057FEC(FE 28mm F2用)を使っておりましてな。

そんでもって丁度イルミネーションシーズンなので。

今年の中目黒はわりと空いているという噂を聞き、広角機動隊だー!とアホ叫びながら飛び出しておりました。

しかし空いているにもホドがあるんじゃあ…というか駅前のツタヤ併設スタバやスープストックすらめちゃ空いてた…のはいいのか!と思いつつ目黒川散策。和洋中とウマイ店もほどほどございますし、緊急クリスマスのおデート場所探しの方々!めっちゃ穴場だと思われますわよ!

というわけで、鉄橋から一枚…ファンタスティック、というよか禍々しくなってもうた…
f0212049_23292179.jpg
FE 28mm F2(SEL28F20)はGでも青ロゴでもない、ノーブランドなレンズなのですが、Gとか青みたく「ミラーレスの意味はドコ??」と問いつめたくなるほどの大きさ重さがまったくなくて。

ちっちゃくて軽くてかわいい重量200g!一瞬茶筒APS-C???とビビりましたが、ちっちゃくても立派にフルサイズ対応。

しかもF2!!F2なので、丸ボケふわふわやりたい放題…の筈なのですが、わたくしたぶんコレ絞ったほうが好きカモと思った。あ、フィッシュアイコンバータSEL057FEC(FE 28mm F2用)をつけるとミニマムF3.5になっちゃうので要注意。コンバータつけた時の焦点距離は16mmになるですよ。

2016年冬現在、ソニー純正フルサイズ対応Eマウントの中では一番短い単焦点なので、広角スキーは揃えておきたいとこ…と書きかけて調べてみたら、2016年てサードパーティから広角がたくさん出てるのねー!と驚きましたん。

以前オリンパス機で星を撮られる某Dさんに「ソニーはお使いになりませんの?」と伺ったところ「ソニーに広角ないからっ」とさっくり返されたのですが、今回はどーですかい旦那…と話を向けようとしたらば本日発売のオリンパス OM-D E-M1MarkIIに夢中でした。確かに星景な方には手持ちSS5秒は魅力的だあね…。

とまれ、広角はねー星とかー水族館のイワシとか、絶対楽しいと思うのよ。

個人的には桜の時に試したいのだわたくし…というかテーブルフォトの作例作らんとイカン。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
フィッシュアイコンバーター:SEL057FEC(FE 28mm F2用)

テーブルの上の広角ファンタスティックリターンズ!を目論むお正月休み。あっ、クリスマスからお休み頂戴する予定でしたが、日曜日、構図レッスンございますから!みなさま飲み過ぎて寝坊しちゃダメですよー。

by ori_tarte | 2016-12-22 23:53 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
90mmマクロで外食撮影できるかな。ハワイから尾山台にやってきたSUSHI IZAKAYA GAKU (寿司 居酒屋 楽)をFE 90mm F2.8 Macro G OSS(SEL90M28G)で撮る
せんだっての西洋館屋外レッスン時に「90mmマクロ一本勝負だ!」と出かけたものですから。

めんどくさがりなわたくしは他のレンズを持ってゆかなかったので、必然的に夜ごはんも90mmマクロになりましてな。

この日の晩ごはん、自由が丘から2駅先の尾山台駅。

いまさらわたしなんぞが言う迄もない有名店『オーボンヴュータン』をはじめとして、最近では『PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI』なんぞで評判の、食いしん坊万歳な街だったりしますが、そんな界隈に2016年12月、新しく寿司屋がオープンしましてん。

ホノルルキングストリートで人気の『SUSHI IZAKAYA GAKU (寿司 居酒屋 楽) 』が日本に逆輸入!でございますよ奥サマ!

といっても大将は日本人なのでカルフォルニアロールもあるにはあるけども、わりと王道のネタで攻めてくるのでご安心あれ。

しかしこの場所、お向かいはこれまた舌の肥えたオジサマの集う『レヴェイヨン』ときた。

ランチは『レヴェイヨン』でジビエ、お茶は『オーボンヴュータン』、晩ごはんは寿司、という布陣が組める場所になったなと。それでなくともこのへんいい感じのお寿司屋さんのある界隈、ちっと足を伸ばすと鰻の名店もあるので、美容的はなんともかんとも社交会なシーズンはヤバイので、踏み台昇降だー!

馬刺からスタート。お、90mmマクロ、頑張るな。
f0212049_22071369.jpg
卵豆腐のオクラの描写がキレッキレざますよ。
f0212049_22100568.jpg
オススメの太刀魚から。寿司は、辛いかも。つーかカウンターだと90mmやっぱり辛いですよー>寿司写真好きの某さま。
f0212049_22102604.jpg
ハワイ帰りだなあと思われるスパイシートロ。
f0212049_22110667.jpg
牡蠣の描写がまた細かい…
f0212049_22113014.jpg
葱描写もまたー!
f0212049_22120531.jpg
お銚子はこれくらいでないと撮れない。かなりテーブル広いからこそできるんじゃろなと。
席間も広くて居心地よかったですよ。
f0212049_22131487.jpg

【SUSHI IZAKAYA GAKU (寿司 居酒屋 楽)】
 住所:東京都世田谷区尾山台3-23-12 Rベル尾山台101
 電話:050-5263-8235(予約専用)
 営業:17:00~23:00
 定休:月
 予算:7000円前後?お寿司で乱暴しなければこんくらい。お寿司食べ倒すと無限。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
90mmとはいえ画角にこだわらなければマクロなので何やかや食べ物スキーには使いやすいんでなかろかと。

ので、テーブルが広ければ撮影できなくもない…けど重いのはお覚悟を。
ただしフツーの席で全体いれよー!とか立ち上がるのは顰蹙食らい兼ねないので、ホドホドに。

んでも記念日的なたっかいごはんとか、個室だー!などという場合は、むしろ美しい90マクロで息飲む美しさを手にいれるのもテかもしれん。

ので、来期はやっぱやり損なったロアラブッシュ貸切レッスンやっとこー。
プラザ前のソニー銀座だったらマキシムれたのにな<…



by ori_tarte | 2016-12-20 22:24 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)
マクロレンズを屋外に持ち出したときの愉しみ!シクラメンの水滴をSEL90M28で撮る。
デジタルデータにおいて「赤」とか「フューシャピンク」とかグイグイ激しく迫りくる色ですので。
ので、薔薇なぞ撮りにいっても逃げる色のひとつなのですが。

てか、もうこの一枚、作業中、眼がイタイったらありゃしないわー!

しかしせんだっての西洋館フォトレッスン、食事しておりましたえの木ていの玄関に咲いておったシクラメンに、丁度スタッフさんが水遣りしてらしたのか、水滴が美しくのこっておりましてん。

「マクロ持っててよかった!」

と、ランチオーダー後みなさまを置き去りに外に飛び出して、ガツガツ撮っておりましたわたくしです。お見苦しく、失礼。

90mmマクロ一本勝負!とはいえ、昨日アップさせていただきましたように、もちろん引きの絵も撮りましたが、やはり「マクロだね!」という一枚。
f0212049_19475592.jpg

そうそう、2016年の西洋館、水滴はともかくとして、1/12スケールのドールハウスが展示されている場所がございますので、マクロをお持ちの方は絶対持って行ったほうがいいと思う。ちと暗いので、色々と苦戦必至。あ、ドールハウスをがっちり撮りたい方は、偏光フィルターもあったほうがいいかもしれん(わたくし個人はお色気がなくなる率が高いので偏光フィルターはあまり好きでない)。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

美しいけども手ぶれ補正ついているとはいえ焦点距離的に微ブレと奥ピン連発率ハンパねー!ので、マクロの時はもっぱらAFとMFの合わせ技でい。

初心者さんには50mmマクロのがオススメ。
ラ・フォト自由が丘において「ジーコ氏」と言われるあのレンズは「大門美智子」とも呼んでいます。
いやホント失敗しないんだあのレンズ。

by ori_tarte | 2016-12-19 19:53 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
横浜山手西洋館のクリスマス2016:ブラフ18番館はイタリア尽くし。広い場所は思い切って90mmマクロでいってみよー
直感的に撮影することができる気軽さと手軽さに、いかなるメーカーさまのレンズでも、まずは50mmというかソニーならば55mmを愛するわたくしですが。

テーブルフォトにおいて換算50mmは確かに気軽に使うことができるのですが、90mmあたりを使ってみると、よっ優等生!という、なんつーか模範的というかキッチリ決めてくるものですから。

レッスンやプライベートにおいて、撮影場所や自分の腕力に余裕がある時はできる限り使うようにしています。だって持ち歩きに1キロって勘弁して的な!といいつつ今日のレッスンもドレステリアのデニムバッグにいれっぱで「α7RIIになってもカメラの扱いが変わりませんね」と言われましてん。一応、緩衝剤がてらTraditionalWeatherwearのキルティングバッグも入ってるんですが。

この気軽さがミラーレスのいいとこですからっ!

そんでもって今年の横浜山手西洋館のクリスマスレッスンは4日開催させていただきますので。毎回レンズ替えていってみよーということで、今日は重いわ長くて厄介だわなFE 90mm F2.8 Macro G OSS(SEL90M28G)。でもって帰りに飲みに立ち寄ったら、外ごはん写真も案外イケるなあと思ったりしましたよ。カフェだとちっと厳しいですけども。

というわけで引きで90mmマクロはご覧の通り。

イタリアンなレモンベースのテーブルを前に、サイドテーブルのディスプレイを撮影。うわーこの気持ちよさはやはりよいよいー!
f0212049_21591143.jpg
55mmのようなほの〜としたニュアンスは影を潜め、どっちかってぇとカリッとビシッと決めてくるのですが、被写体によってはかなり効く、と思います。しかし手首痛めかねないのでサポーター必至…どんだけ虚弱なんじゃい。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
終日屋外レッスンの時に90mm連れ出したのは久しぶりかも。旅には持ってかないよ!と思ってたけどひさびさテーブルフォトった時に見える前景のまとめっぷりに旅にも持ってゆきたくなりました。

by ori_tarte | 2016-12-18 22:03 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
カメラが恋する新日本プロレス:後楽園ホール南から見える風景、レンズは150mmから。2016年最後はケニー・オメガ勝利、オカダカズチカ散る!
対談集『オカダの部屋』が出版されたという日に負けるとはアンタったら!

わたくしごとですが、会場の物販は混雑がイヤなので買わないのですがAmazonで品切れだった内藤哲也10周年記念アルバムも売っておったので2冊買った本日。しかしスタッフのおいちゃん、特典ポストカードをハンモックで微睡むオカダのポストカードをチョイスされたのは何の意味が!しかしこの時のオカダちっとふっくらしてるよね…<余計なお世話。

それはさておき、客席からの新日本プロレス撮影において。

後楽園ホールの場合、特別リングサイドだとロープとかスタッフさんの背中との闘いなので。
も、前から3列とかそんな感じで当選しちゃうのは観戦的には有り難いことですが、撮影的には近過ぎてむしろ場外乱闘は見えないことが多い。プロレスに関しては広角使うのが好きじゃないので、どうしたものかなと。

いっそ指定席とか、どうじゃろなーととってみたところ、なかなかよろしい感じで。
今回南側だったので距離は相当あったのですが、一方でいわゆる解説席ド正面なので、キメポーズは必ずこっち向いてくれるのがやりやすい。もう酷いときは特リンなのに尻しか見えん!という時もあるのでね。

できたら300mmとかあるといいんですが、70-200でもそこそこイケる。
そんでもって南後方は引きで隅々迄見ることができるので、むしろ場外乱闘の撮影は指定席のがよいんじゃなかろかと!

ちなみに両国国技館は升席4名あたりだともう200mmでも辛いので、撮影集中するなら後楽園かなあ。

ただ両国の枡席は2人で取ったら機材とっちらかすことができるのがいいんですけど。三脚はさすがに遠慮しましたが!

ちなみに後楽園は椅子がちっさいのでカメラ2台持ちだとその他の荷物の置き場が辛い…のに50mmじゃないとムリよー!てな距離に来るので70-200だと心もとない時がありましてなー。

というわけで、150でこんくらい。
クロスフィルターの使い方としてはいまいちですが。
横位置にするとリングサイドまで一気にイケるのがヨイヨイ。

てかタマちゃんなんでそんなに嬉しそうなの??
f0212049_02432623.jpg

しかし、G1でも思ったけどケニーさんは光が似合う。天使のようになるのだ。

内藤さんの膝が心配じゃよ…といいつつ明日は西洋館なので!みなさまお気をつけておいでくださいませりー。


■今日の機材
ボディ:sony α7R II

55mm一本で何とかならぁ!と思いつつ、プロレスとしろくまと飛行機のためにはコイツが必要なんですわ!

ちなみにわたくし、下記ソニーさんのページで御紹介いただいているんですが「プライベートの撮影対象はプロレス、シロクマ、飛行機まで」になってます。原稿書いたのは自分です。




by ori_tarte | 2016-12-18 05:37 | スポーツ、飛行機 | Comments(0)
カメラが恋する新日本プロレス:棚橋、2017年から入場曲変えるってよ。棚橋弘至をクロスフィルターで撮った日。
部活やめるってよ、的なことをやってみたかっただけですすみません。

さて12月16日の新日本プロレス『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WORLD TAG LEAGUE 2016』後楽園大会、行ってきましてん。

午後に色彩学フォトレッスンあったんですけど「早く終わらないと先生が間に合わなくなっちゃう」とお気遣いいただきありがとうございます。無事間に合いましてん、がっつり撮ってきました。

しかし毎回思うのですがあのひとたちホントタフだなーと。

終わったらすぐブログアップするしtwitter返事してるし、しかも棚橋中邑世代からは自分で洗濯ですって!という状況だろうに、帰りの電車でiPad見たらば、棚橋と真壁がブログ更新してて「し、試合のあとにこのひとたちったら…!」と半ば呆れつつ棚橋のブログを見たところ「現在のコスチュームおよび入場曲は年内のみ」って、カナーリ衝撃のニュースが!

あの曲ってなんつーか「棚橋ってやっぱりエースだな」という安定感ハンパなかったので、ここで変えちゃう?と意外なような、「やっぱ最悪の2016年」だったから?とか、勘ぐったり。

ということで、あの白いコスチュームで棚橋の入場曲「HIGH ENERGY」が流れるのは2016年12月17日の後楽園大会が最後。

あなたの眼と、あなたの耳でしっかり確認してください…て、内藤哲也してみました。

それはさておき、今日の撮影、70-200mmに丁度クロスフィルターつけっぱだったので、あープロレスだしそのままいっちゃうか、と撮ってみたんですが、クロスの角度を変える余裕がなかったのが、惜しい。プロレス雑誌の方々とか、どうなさってるんじゃろ。

絵が派手こくなるよね。
f0212049_01340167.jpg
丁度リングポストが撮りやすい場所でもあったので、他の選手も撮ったですが、もうちょっと煽りたかったなー。


■今日の機材
ボディ:sony α7R II

後楽園の特別リングサイドは70mmでもヤバい時があるので、撮影の時はリングサイドにしようかなあ…。あと両国続きだったのでひさしぶりに後楽園だとなんかロープの逃げ方とか下手になってた。

by ori_tarte | 2016-12-17 01:45 | スポーツ、飛行機 | Comments(0)
フルムーンには足りなくて焦点距離も足りなくて。こちとらα7RIIの高解像度がついてらぁ!
昨日のソニーさまの懇親会で。

鳥を撮影なさるフォトグラファーなどが「次はヨンニッパですよヨンニッパ!!」とソニーの社員さまに詰め寄ってらっしゃいましてん。しかしヨンニッパといえば

二大メーカーが

・キヤノン EF400mm F2.8L IS II USM 3850g 実勢100万円
・ニコン AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR 実勢120万円

の価格帯で展開してらして。

焦点距離はともかく、この価格を個人で買う人どんだけいるんかいなーとちと思った…ので、マウントアダプタつけてニコキヤノさんのヨンニッパつけちゃいましょうよーんと心の底で思いまちた。<人ごとか…

だってソニーEマウント、既に70-200とか70-300であの重さだし…ヨンニッパとか、お値段より重量が怖いよー!

わたくしは軽さ小ささ高画質優先なので、むしろマイクロフォーサーズの長いのが、α7RIIにいっそクロップ前提でつけられんもんかと思っておるのですが、それはそれでセンサーの無駄遣い感がありそうな。

ちなみにマイクロフォーサーズでいっちゃん望遠なのは

・パナソニック LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

なわけですが、換算200-800なのに985gとなんとソニーEマウントプラナー50mmと同じくらいの重さっつー…。しかもお値段なんと16万円ちょいと、ニコキヤノさんの1/10近く。換算300とか、フツーに5万とか、下手したら2万くらいでもあるのがオリパナさんの凄いとこだ。

そんでもってパナソニックの場合、F4〜6.3ですがF4通しで欲しかったらばオリさんが換算600mm出してるしマイクロおそろしー!そりゃOM-D E-M1 MarkIIも品薄になりますわのスペック。

そういや2016年12月15日現在、価格コムでのミラーレス売れ行きランキングが

1位:ペンタックス PENTAX Q-S1 ズームレンズキット 実勢3万
2位:パナソニック LUMIX DMC-GF7W ダブルズームレンズキット 実勢5万
3位:SONY α6500 ILCE-6500 ボディ 実勢14万
4位:オリンパス OLYMPUS PEN Lite E-PL7 14-42mm EZレンズキット 実勢6万
5位:SONY α7 II ILCE-7M2 ボディ 実勢14万

となっておりましてん。
センサーばらっばらで金額もばらっばらなのが興味深い。

なんかホラ「安い順番」とかならわかりやすいんですが、そうでもないのが不思議なランキングでござしょ?

しかし我らが(!)sonyのα6500とα7II、他のカメラよりも最大5倍近くお高いのにランクインしててちと嬉しいとこですえへん…て、私がいばるとこじゃない、技術者さんに敬礼!熊本の震災のときの車中泊しながら工場再建なさったお話とか伺って本当に作り手のみなさまには感謝。わたしとか心底必要でもないのに早くα7RIIが欲しいとか叫んでごめんなさいです。

でも今年の秋は特に、生徒さま拝見してても思うけど、もうミラーレスって「安いから」とか「軽いから」とかは普通で。「画質がより美しいから」でないと、爆発的に売れないんじゃないかしらんと思う。あとはオリさんみたいにSS5秒とか、デジタル時代だからこそのアホ(!)のよーな目立つポイントがないと、心に刺さらない。

それでもプリント文化だったらまだわかりづらかったかもだけど、いまはもう「撮って液晶で比べて見たら美しさがわかる」時代。タレントさん使ったイメージ戦略とか、記事稿使ったりしてメジャー感出そうとしても、もう購買へ直結しないんじゃないかなあ。そこのコスト、価格に反映されるんだろうなあとか見える時代ですし。

だってね、普通の女性がヴィトンのクルーズラインが買えそうな金額をカメラに突っ込む時代ですよ。
オリンパスだったらプロレンズを15万出しても買っちゃうし、スマホで済むような時代にミラーレスにしては重い、フジのT1とかソニーα7シリーズを買うってのはそゆことじゃないかなと。

なので、最近のミラーレス戦争を見てるとわたくし『あまちゃん』で小泉今日子演じる春子の台詞を思う。

「普通にやって、普通に売れるものを作りなさいよ」

そうすれば絶対にお客さまに届くから、そういう時代だから。

広告のカラクリに大衆が気がついている時代だものどんなに戦略立ててもモノがよくなかったら売れないと思う。いや広告の端っこで食ってたこともあるわたくしが言うことでもないけど。

それはさておき。

満月から一日過ぎちまいましたが、まあちょっとくらい欠けてもいいじゃなーいと。
そういやsony α7R IIになってから月を撮ってないわねーと、玄関先で1分ほど。<…この根気のなさよ

ちなみにFE 70-200mm F4 G OSS(SEL70200G)を手持ちでこんな感じで切り出しました。
f0212049_21073979.jpg
元画像は画角内にこんな。
f0212049_21074670.jpg

キリキリったのでだいぶクレーターが見えてますが、さすがにこの距離で前方のクレーターにまでピーキングはできませんでした。三脚で落ち着いて追い込んだらできたかもしれん。

某Sカメラマン(性別:女子)みたく、夜中に3時間待ち、とか根気がなくてごめん。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

インナーフォーカスはそそっかしいわたくしにはぴったりの望遠なのだ。

by ori_tarte | 2016-12-15 21:56 | 風景写真 | Comments(0)
そーいえばソニーといえば『どこでもいっしょ』だった。のを思い出したソニー・ イメージング・プロ・サポート懇親会2016年冬。
今でこそsonyのフルサイズミラーレスα7シリーズをこよなく愛するわたくしですが。

そういえばソニーといえばむしろプレステ!そんでもってトロにハマってたわー!と思い出した本日のソニー・ イメージング・プロ・サポート懇親会。ソニーを愛用しているプロカメラマン(ごめん私で…)の懇親会なのですが。

や、いま丁度ソニー品川ビルにクリスマスツリーがございましてね。
柊ベースの真っ赤な可愛いツリーなのですが、なんと根元にトロが!!!!

プレステがもう2になろうという頃に、初代プレステをトロ箱で買ったのはわたくし。当時スペイン坂のショップでガチャを廻して奇跡的に連続コンプしたのもわたくしですよ。トロとのツーショット撮ったのもわたくしですよ<おーイタイ。いや基本的にゲーム欲薄いのでちゃんとやってたのってどこいつとバイオハザードくらいなんですが、未だにテンパりの〆切間際のテーマは『医龍』か『どこでもいっしょのテーマこねこといっしょバージョン』だったりする。

それにしてもプロサポート会員で懇親会前に浮かれてトロ撮ったのは私だけかもしれん…しかもα7RIIで…何故フルサイズ裏面照射という世界最上級画質でトロ…。

という話はさておき。

今年はまたプロサポ会員さまが増えましてん。カメラマンてこんなにいらっしゃるのねぎゃー!と。

もうね!わたしみたくアカデミックな教育も受けてないわスタジオ修行もしてないわキャリア浅いわでお招きいただいてごめんごめん的な場でもありますが、でも勉強になるので参加するのだ。

何にせよ、中西学先生とか林明輝先生にお会いしてきゃっほー!なミーハーなわたくし。林先生にはデジタルカメラマガジンに掲載してらしたドローンどうですか話も伺いたかったのです。しかしおふたりとも凄いキャリアの方ですのに、わたくしなんぞにも丁寧なそしてカメラ業界のことを真面目に考えてらっしゃる素晴らしい方で、いやホントにわたしでごめんごめん。

あとはやはりソニー技術者さまたちとのお話がしたくてしたくて来たのよわたしマジで!

αボディ開発者Tさまに次欲しいのは「軽くてちっさいの!」とか「裏面照射ラブ!」とか「女子だからってピンクとか白とかボディいらんから!ダイヤル外でいいから!」てなお話とか、レンズ開発者Nさまに「プラナーを軽く小さくお願いしますー」とか、言いたい放題をつい。Nさまには他の方もけっこう無茶おっしゃてったなあ…。

しかしカメラ業界全体に言えることかもですが、プロカメラマンとして懇親会にいらしている女子もとい女性がめっちゃ少ないので清水朝子さんとかアフリカ帰りのわたなべももさんと「一年ぶりっッス!(<真壁風ヤメロ)」とご挨拶のちだーっとカメラ話した挙げ句、カフェに移動して朝子さんと女子もとい熟女カメラトーク展開。これはこれで面白かったのでヨシ。バカトークはオール女子に限る。

あ、なんかすごくいわゆる日記っぽい事書いてますが、来年もソニー遣いで、参るの決意表明。や、別にレッスンで他社さんカメラのオモロイとこ見つけたら都度やいやい書くけど最近ホットな話題はオリさんのSS5秒かなあ…。
f0212049_00283881.jpg
たぶんこのハリガネトロも書庫にある…2匹おるたぶん。


■今日の機材
ボディ:sony α7R II

品川のブルーボトルコーヒーでカプチーノ飲みながら、清水朝子さんに「ラフに使ってますね」と言われまちた…いやー確かに我ながらスマホみたいな使い方してるなーと思う時が(笑)


by ori_tarte | 2016-12-15 00:38 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)


最新の記事
以前の記事
カテゴリ
フォトレッスンのご案内
レッスンご紹介
ラ・フォトって?
公式FaceBook
お申し込み
スケジュール

★ほぼ日Instagram★
インスタグラムはテーブルフォトと旅フォトと人物撮影の3カテゴリでほぼ毎日更新しております。いずれもソニーα7RIIで撮影。ご興味ございましたらば。
画像一覧
ブログ村
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
記事ランキング
ブログジャンル