「ほっ」と。キャンペーン



自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、さいとうおりのブログ。sony α7RII + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

2017年2月
ソニー銀座にて
フォトレッスンさせていただきます
****インタビュー掲載***
2016年2月ソニーさまWebサイトにてインタビュー記事。素晴らしいキャリアの方々の末席に加えさせていただきました。
α Photographer’s Voice ********************

2014年2月24日発売『"カワイイ"をシェアする写真術』(ステレオサウンド社)に、「女子フォトレッスン体験」として、恋フォトレッスンを紹介していただきました。eye-fiがついているのでカメラ好きにはお得な一冊。
ご紹介いただいているレッスン『恋フォト』の詳細はこちら
また、ご本はこちらでご予約いただけます。アフェリエイトではありませんので、ご安心を。

主婦の友社さま『mina』2月号101Pでご紹介いただきました。ご紹介いただいているレッスンのスケジュールはこちら
レッスンスケジュールはこちら。体験レッスンはございませんが単発参加可。 カメラ購入前相談、貸出機アリ。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

レッスンのお申し込みから48時以内にお返事差し上げますが、土日祝日は週明けのご連絡になりますこと、お許しください。
ラ・フォトってどんなフォトレッスン?

本ブログにおける画像および文章における著作権および著作人格権および肖像権といった法的な権利は全てさいとうおり、またはラ・フォトにご参加いただいた生徒さん、撮影をご許可くださった方にございます。許諾なきコピーおよび流用を固く禁じます。

検索
タグ:α7R II ( 105 ) タグの人気記事
山手西洋館ハロウィン2016。エリスマン邸でsony FE 50mm F2.8 Macro(SEL50M28)のキレッキレの引き描写にガッツポーズ
週末は横浜山手西洋館での屋外実習でございましてん。

わたくしsonyの新しいEマウント50mmマクロ一本勝負でまいりましたて、今回のEマウント50mmのキレッキレの描写が予想以上!

写真は今年のエリスマン邸は昨年イギリス館をご担当なさったリビウさんで、当日は惜しくもニアミスでお会いできなかったのですが、とまれ、リビウさんの華麗で上品な装飾はあらためて他の写真で随時アップさせていただきます。

で、レンズの話に戻しますと、ピンというか最短撮影距離がホント気持ちいいんですよジーコ氏。ジーコジーコは…外だと気にならなくて。あと合間にえのき邸でお茶したんですけど、ケーキをアップで撮ることができたのが嬉しくて嬉しくて!

もちろん同じEマウントマクロでしたら90マクロのがAFは早いし(最終的にマニュアルで微調整しちゃうけどもね)もう繊細描写が特上なんですが、実勢15万ばかしの90マクロを持ち歩くならいっそ同じ重量のプラナー50mmを絞り倒して持ち歩こうぜ!てな気持ちになっちゃうのですよねわたくし。いやいやそうすると結局軽めのツァイス55mmじゃなーい…って堂々巡りかよ!!!

しかしどこまでも50mmを愛す、うむ。

日が陰って+木陰なので、ISO1000まで頑張ってみましたが1/25。頑張ったなあ…
f0212049_23325266.jpg

30日まで続いているので、いつでも撮ることできますよー

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

なんかやっぱテコの原理で取り回しが軽い…ふわふわよりキリキリが好きなら50の1.8より50の2.8マクロでもいいんじゃないかしらん。

by ori_tarte | 2016-10-23 00:00 | ときめき写真講座 | Comments(0)
カメラが恋する横浜:50mmマクロ一本勝負、横浜山手西洋館イギリス館入りました SEL50M28
毎年恒例のラ・フォト自由が丘屋外実習、横浜山手西洋館へれっつらごーの旅。

ちょっとレンズのパワーが知りたかったのでツァイス55mmでなく、FE 50mm F2.8 Macro(SEL50M28)だけで通してみました。ボディはsony α7R II

とことん納得ゆくまで寄ることができちゃうので、撮って出しで画角が決まる!てのをひさびさに堪能〜。マクロ独特のカリッと描写は悪くない。いやもう最短撮影距離50センチってやっぱりキツかったなあと。
f0212049_18410709.jpg
毎度の階段ショットだと50mmとはいえ歪む…???窓枠とか柱とかの歪みがちと目立つ…ので修正しましたがそうするってぇとおさまりガー!

しかしここはこの角度で撮るとよろしいですよ、とお伝えした場所なので潔く晒すわ!

しかしノー三脚だったので、単なる私の姿勢の問題だったらごめん。なんか軽いからかしらー今回ナナメ度高いのだ。
f0212049_18412447.jpg

テーブルなども御紹介したいとこですが、朝早かったので、これにてドロン。

あっ、参加者さまへ!わたくしと同じ構図や被写体が正しいとは限らんので、構図倶楽部では違う構図なども拝見させてくださいねー。もちろん同じでもよいですです。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II


by ori_tarte | 2016-10-22 18:53 | ときめき写真講座 | Comments(0)
カメラが恋する横浜:山手西洋館ハロウィン2015年のお蔵出し。
山手西洋館の参考までに昔の写真を〜と思ったら、昨年は子供おっかけておった…

ベーリックホールの二階のこのエリア好きなんよねー。毎年がらりと変えるのではなく、同じブランドを繰り回しつつ、でも新鮮なお顔を見せてくれるのも参考になります。

ベーリックホールはMackenzie-Childs(マッケンジー・チャイルズ)頻度が高い。
f0212049_01215999.jpg
だいたい両日10名さまくらいでゴウでございます。たーのしみー!

ご参加の方にはイベントページへご招待さし上げてますが、もし「詳細連絡きてなーい!」という方、お手数ですがさいとうまでご一報くださいませ。

動き回るので両手アキアキさっぱり服のが吉。靴の着脱はラクな方がよろしいですよー。ビルケンのボストンとか。さいとうは今年はRENのリュックにスリッポンですかのー。レンズ2本持ってこうと思いましてんな。

そんでもって床はめっちゃ冷える時があるので靴下のがよいよい。

■今日の機材
ボディ:sony α7II


by ori_tarte | 2016-10-21 05:14 | うきうき雑貨写真 | Comments(0)
「写真の方があなたは綺麗」でなく「写真はあなたの魅力の一部」てなプロフィール写真を撮りたいわけですよ。
昨晩たまたまつけたテレビ番組でムロツヨシさんがご出演なさってて。

「えっ、ムロさんてこんなハンサムなの??」

と、失礼な声をあげたお茶の間のわたくしでございます。や、番組でも「オーディションでも写真と実物が違うって言われた」みたいなお題でお話ししてらしたからいいかなと。

わたくし、ムロさんは『アオイホノオ』と『重版出来』の印象が強くて、両方とも共通の役者さんがご出演というのはよく知られたお話ですが、ムロさんてどちらのドラマでもお顔立ちは整っているけどなんかこうヘンな役が多くて。

『アオイホノオ』では安田顕さん演じる庵野秀明のアニメーターとしての才能を見抜きながら「一生、食いっ……っぱぐれがないっ!」と叫ぶ山賀博之(将来のガイナ取締役社役)、『重版出来』では、白髪混じりで少し小太りで描いても描いても鳴かず飛ばずの漫画アシスタント沼さんとか、「イケメン」とはほど遠い役柄だったので。

役者さんてホントにもう…と思った次第。

そういえば温水さんなどもモテない情けない役をこなしてるくせに実物オープンカーでカッコいー!役者さんの多面的な魅力はたまらんです。某街で堤真一さんを見るとみんなファンになるとかなんとか。

あー、話がそれましたが、写真と実物の話をしたかったんだヨシ。

わたくし、プロフィール写真を撮影してて、気をつけてるのが「盛らない」「見栄張らない」でございましてん。わたくしの考えなので、別に強要するわけじゃござせんが。

FaceBookなどでプロフィール写真を開示する機会が増える現代ですけども。

なんかねー、お会いした時に「写真のほうが綺麗だね」くらいならいいんですが。「盛ってない?」てのはかーなり情けないんじゃなかろかと思う次第です。

個人的には若干若づくり、というのはアリとしても

「目が実物より大きい」とか「顔の大きさが違う」とか「足の長さが違う」てのは、ダサい。

ので、わたくしの場合、ポリシーとしてパーツのサイズは変えない。もうこれは鉄則で。

なんつーかプロフィール写真撮ってて思うのは「その人のリアルの最高」が一番綺麗なんだと思うんですよ。「リアルで最高」を引き出すのが撮影業務。リアルの中で、脚が長く見えるポーズをつけるとか顔がちっちゃく見えるライティングをするとかが肝心要であって、フォトショップお直し前提で動いちゃ、イカン。

フォトショップは二次仕事っつーかあくまでサブ。いや使えないと仕事にならんけど。

そんでもってわたくしブログ掲載の写真はカメラのパワーも知ってほしくノー補正、と言うております一方で、納品するプロフィール撮影に関しては、その時の肌のコンディションに応じて修正することもあります。メイクさんはいりましたー!みたいなノリが好き。

だって、みんな絶対綺麗に見える角度ってあるんですもん!プロのモデルさんはその綺麗角度が異様に多いとか、そもそも全方位的に美しい上にもう仕草が洗練されてるので写真に苦労しないとかあるけども、素人さんでもひとつふたつは綺麗角度あるから!それ見つけるのが我々の仕事だから!

「そういえばこういう綺麗な時あるよね」

ておっしゃっていただけたら成功ー!

ので、昨日の近藤和子さんの写真も基本、肌補正のみでございます…つっても肌もそれほどいじらなかったですけどね。色ムラ整えるとか血管浮き消すとか、そんな感じ。

つーか近藤さんもわりと綺麗角度が多い人ですが。
f0212049_10402644.jpg
とまれ、年齢の割に撮影のキャリアが絶対的に少ないわたくしですけども。一方でむしろフォトショップキャリアの方が四半世紀以上(キャー!)長いわたくしですが、フォトショップには依存せぬよう、撮影に臨みたいなーと思うておりますです。

てな感じの冬のフォトショップクラスですよ!>チームT
しかしテーブルフォト寄りのフォトショップテキストどうしようか…テーブルフォト寄りでいい?

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

軽さと画質のバランスが鉄板。しかし昨日マクロ50のチェックがてら、55mm、マクロ90mmとの比較をしてて、マクロ90のAFの素早さに驚嘆した…という話はまた別の日に。いやー55も凌駕する早さでしたが、普段マクロ90でAF滅多に使わないから気づかなかったよ。

by ori_tarte | 2016-10-20 11:35 | 人物撮影 | Comments(0)
sonyの新製品、50マクロの実力や如何に? SEL55F18Z vs SEL50M28 真夜中のクリップオン比較でレビュー
さきほどソニーストア銀座にて、ずーっと品切れだったソニーの新作マクロ SEL50M28と、α7RIIを購入しましてん!

そのあと東急プラザ銀座をふらふらしてて「ジャケットだと5万てちょっといいお値段よねーと思うのにレンズだと安いと思うこの心理はどうしたことだ!」と素敵OLセットとの天秤で煩悶。

しかしそんなんもα7RIIを家で開封して手にした時に吹っ飛びましたよ!カメラカタルシスすごいな。

ので、本日からレンズとか、タグをちゃんと品番にしてみた。過去記事はアホのよーにフォトレッスンなので時間があったらレンズ別に分けたい…タグの一括置換できませんかね、エキサイトブログさま。

それはさておきRIIの良さはα7IIと改めて比較するまでもなく知っておるのですが、問題は新作50mmマクロ!

既にご購入なさった生徒さまから「ジーコジーコうるさーい!」とお声があって「ごめんごめん」と平謝り中のわたくしだったりします。

まあ90マクロや55mm、ズームの70-200Gさんですらしない音が確かにする…んですが、思ったほどひどくなかった。寄ることができない55mmのAFの迷いっぷりとどっこいかなと<酷い言い方…

ピンについてはラフォト自由が丘にいらっしゃるみなさま!『カメラに恋するフォトレッスン』略して恋フォト(1)のテキストをご覧になって!と、いやマジで!

何せ最短撮影距離がSonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)の時の50センチに比べて、FE 50mm F2.8 Macro(SEL50M28)は16センチなもので。

もうそれだけで感覚がラクでラクで!

どれぐらい寄る寄れないの差があるかと申しますと、とクリップオンストロボで真夜中撮影。

鹿の目にピンでこれぐらい…あっ、ぴよすけさん、ソニーストア博多天神レッスンで頂戴したお土産、ストロボレッスンで使わせていただいてますよー(私信)

■FE 50mm F2.8 Macro(SEL50M28)F2.8/ISO125/SS125
f0212049_23374142.jpg

55mmだと同じ画角で撮ろうとするとこんなん。

ここまで極端でなくても撮って出しで決めたいタイプは奥ピン絶対やらかす…ので、50mmマクロ、食べ歩き族には必須レンズかと思いました

■Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)F2.8/ISO125/SS125
f0212049_23401443.jpg
APS-Cに装着しても画角はともかくある程度近づけるならα6000に装着もいっそアリかもしれん。うちのNEXさんにつけてみようかしら。

ちなみにジーコジーコうるさいAF迷子減少はピントを素早くすれば回避できますっとソニーストアでスタイリストさんにも言われたそうな(いやごもっともだと…)。

ちなみにアップの描写はこんなん。
■FE 50mm F2.8 Macro(SEL50M28)F2.8/ISO125/SS125
f0212049_23420332.jpg
55mmはこんなん。ちっと長いぶんちっとボケますにゃ。
■Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)F2.8/ISO125/SS125
f0212049_23432195.jpg
ぱっと見た感じどっちも同じくらいの仕上がりなので「55mmの立場は!」と心配になるほどですが、まあマクロさんはAF遅いとかジーコジーコうるさいですしね。FaceBookで「チームジーコねっ!」て言ったら、Bさんたら「西洋館にジーコ氏は持ってきますか?」と言うし!

というわけで、ラ・フォト自由が丘において、sony FE 50mm F2.8 Macro(SEL50M28)は愛称「ジーコ氏」と決まりました!
(ホントにアンバサダーなのかわたしは…)

まあ、描写とか最短撮影距離だけでも、ソニ子さんフルサイズの50mm前後の中ではお値打ちなので欠点も含めてじわじわ愛されるレンズだといいな。

絞ったり屋外だったりの比較は明日以降にさせてくださいませりー。フォトヨドバシさんの方にはレビュー出てました!相変わらずフォトヨドバシさんの文章とか作例が素敵で素敵で…何人の生徒さまがこの文章でうっかり買いしちゃったことか!

なにはともあれ自由が丘のレッスンで新作50mmマクロお試し可ですのでご興味ございますかたはおいでませり。あ、西洋館と神楽坂と江戸東京たてもの園でもお試しいただけるようにお持ちしようかな。

遂に手を出してもうたローパスフィルターレス…というか初代Rよりぐっときたのは、どうも裏面照射に惚れたんじゃなかろうかと思うのね。しかし裏面照射を「うらめんしょうしゃ」と読んで、ソニープロサポートのKさまに「りめんしょうしゃね」と訂正いただいたのは内緒。

50mmのプラナーさんまでは買わないぞ買いませんよ、重いから!<重くなけりゃ買うのかい…



by ori_tarte | 2016-10-18 23:58 | ときめき写真講座 | Comments(0)


最新の記事
以前の記事
カテゴリ
フォトレッスンのご案内
レッスンご紹介
ラ・フォトって?
公式FaceBook
お申し込み
スケジュール

★ほぼ日Instagram★
インスタグラムはテーブルフォトと旅フォトと人物撮影の3カテゴリでほぼ毎日更新しております。いずれもソニーα7RIIで撮影。ご興味ございましたらば。
画像一覧
ブログ村
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
記事ランキング
ブログジャンル