自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、さいとうおりのブログ。sony α7RII + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

2017年5月から
ソニー銀座αアカデミーにて
フォトレッスンさせていただきます
****インタビュー掲載***
2016年2月ソニーさまWebサイトにてインタビュー記事。素晴らしいキャリアの方々の末席に加えさせていただきました。
α Photographer’s Voice ********************

2014年2月24日発売『"カワイイ"をシェアする写真術』(ステレオサウンド社)に、「女子フォトレッスン体験」として、恋フォトレッスンを紹介していただきました。eye-fiがついているのでカメラ好きにはお得な一冊。
ご紹介いただいているレッスン『恋フォト』の詳細はこちら
また、ご本はこちらでご予約いただけます。アフェリエイトではありませんので、ご安心を。

主婦の友社さま『mina』2月号101Pでご紹介いただきました。ご紹介いただいているレッスンのスケジュールはこちら
レッスンスケジュールはこちら。体験レッスンはございませんが単発参加可。 カメラ購入前相談、貸出機アリ。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

レッスンのお申し込みから48時以内にお返事差し上げますが、土日祝日は週明けのご連絡になりますこと、お許しください。
ラ・フォトってどんなフォトレッスン?

本ブログにおける画像および文章における著作権および著作人格権および肖像権といった法的な権利は全てさいとうおり、またはラ・フォトにご参加いただいた生徒さん、撮影をご許可くださった方にございます。許諾なきコピーおよび流用を固く禁じます。

検索
<   2017年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧
横浜美術館『篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN』
わたくし、撮影についての知識はスポットで教えていただいたことはあれど、明確に弟子入り、というのはしておらんので。
となると、各種メディアを彩ったカメラマンがお師匠さんなんだー…とあつかましいことを言ってしまう。

さすがにカメラを持ったことはなくても、写実デッサンを描くとこからはじまるデザインの教育を受けたのち、デザインでモノを売るとかアクセスを上げるとかそうした現場におったけれど、一枚の写真について「何をどう撮るべきなのか」を示してくださったのは、街を彩っている写真家だったんじゃないかしらん。

ので、若い頃(というか下手したら子供の頃も!)、あらゆるメディアを通して意識的にも無意識的にも絶対影響を受けているはずな、篠山紀信さんの展覧会。

なにかしらカメラについて小癪な知恵がついている今拝見してもやはり素晴らしくて。

露出がどうとか感度がどうとかそういうんでなく、紀信さんと撮られている側の間で、空気が煌めいている。

三島由紀夫の熱さと美意識、伝統芸能の緊張感、AKB48の若さと軽やかさ、震災被災者の日常まで、描き切る幅の広さ。タイトルもコメントも一切なく、ただ写真だけを見せる潔さ。

「撮る」ことの熱量を頂戴したような展覧会でございました。

なんしかモノクロにあてられて、フォトショップでモノクロキャンペーン。軸的にはしくった…
f0212049_22153444.jpg

CP+のチケットを持っていると300円オフざますよ!

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

重量でなく、焦点距離的に散歩に90mmはやはり辛いかもと本日思った。建築的にはいいと思うのだがー。

by ori_tarte | 2017-01-31 22:18 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
写真映えスイーツ:自作米粉スコーンに砂糖ごろも、を90mmマクロ。
ブログ、珍しくスイーツ一本化が続きます。色々仕込みが必要な日々なのでわたくし。

キムタクも「オペっていうのは、準備で、すべて決まるから」つーてたね。「いや全ての仕事は準備が8割だろ!」とは突っ込みたかった世の中の働く男女だと思いますが。しかしあのドラマは主人公アゲの対比とはいえ、松ケン、ボンボンにもホドがある設定ですな。なんか、年齢の割に発言が軽卒というかアホというか。あの人リアルではオトンですからいちおう。そしてわたくし個人的に竹内結子は謎めいたフワフワなほうがいいと思うの。男に振り回されるより男を振り回すほうが似合う…茶々さまー!

それはさておきスコーン。

写真のスコーンは邪道な…というかアメリカンなスコーンの食べ方に近しいですが、スコーンにシュガーアイシング、イケました味的にも。

あえて「ささとうごろも」なのはなんかこう児童小説で「さとうごろも」とか出てくるとワクワクした子供時代をね、思い出しましてね。お懐石の写真集などで見る「水菓子」にもワクワクした、今と興味の対象がまーたく変わらない子供時代語る。「水菓子」が果物と知った時のガックリはハンパなかったですがメロンがあまり好きでないので余計に…と食について語ると長いウザい。しかもそれほど蘊蓄がないのでうっかり自分語りしかねないのでヤバイのでこのへんで。

ところで、写真のスコーン、ブリティッシュなスコーンとはいえスコーンに更に白砂糖か!という組み合わせなので、美容健康的にアレな気もしますが、ホントはねークロテッドで仕込もうと思ったんですがいい感じのトロリアイシングだったのでこっちでゴウだったのだ。念のためサブ案で買っておいたクロテッドクリームはシチューにでも使う予定。そんなにホイホイスコーン食べてるわけにもイカンので。

スコーン本体は今回米粉で仕上げたので膨らまなかったんですが、これが撮影としてはプラスに作用したなーという仕上がりで。積み上げ楽で楽で!コスト的には小麦粉のほうが絶対的にお安いので、痛し痒し。
f0212049_09080710.jpg

レンズは今回は室内安定の90mmマクロ。花びらとかでなくこれくらいのざっくり被写体ですと90mmでも55mmでもよろしかったのですが、焦点距離的に90mmが欲しかったので、今回は90mm。90mmの重量も嫌がらない最近。ただこれを表に持ち出した時に「お、重い…」とならなければよろしいのですが、ヘタレなのだわたくし。

屋外といえば、2月の屋外実習は地味に鎌倉に決定しております。でもって山側でなく珍しく海沿いアプローチ。

単発参加可ですが風景構図組は早朝野望抱き倒し。そしてわたくしは鎌倉にもいっそ90mmを持っていこうと思いつつ、鎌倉だとむしろ35mm以下のほうがよろしいような気もしないでもなく…となるとド定番の24-70mmなのか、果たして。2月18日は銀座ソニーなので風邪ひいちゃイカン。

単発可能なレッスンは以下。

拙宅ではなくソニー銀座レッスンも単発参加可能ですがスイーツと広角は満席だそうな。
ソニーユーザでなくてもお申し込み可の「お試しα」は残席アリだそうですがソニーユーザ以外のαユーザ登録てハードル高いと思うわけよわたくし<… 

【2月の単発参加レッスン】
・2月04日 14:00 :神楽坂スイーツ 残2
・2月12日 早朝集合:鎌倉屋外
・2月25日 11:00 :神楽坂スイーツ 残1

年明けから募集開始を予定しております土日の恋フォトですが、開催の日程が微妙…ご要望がございましたらやろうかな…くらいでござる。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
テーブルは55か90だなあやっぱ。


by ori_tarte | 2017-01-31 09:10 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
55mm×90mmマクロ対決。横浜山手西洋館、外交官の家『ブラフガーデンカフェ』のカップケーキで。
このへんだと実のところ目と鼻の先に『MOTOMACHI CUPCAKE』があるので、そっち撮れば…という気もしませぬが。拙宅の山手西洋館レッスンはだいたいイギリス館から体力がない時はベーリックホールで〆、調子に乗るとみなさんでほぼ全館廻るので、石川町エリアに辿り着く頃にはヘロヘロなわけですよトシなので。

なので、外交官の家の撮影が終わると『ブラフガーデンカフェ』でみなさんと必ずお茶してひとやすみするのであった。終わらなくても外交官の家あたりはレッスンというより自由実習の時間なので「もー先行ってるー」とお茶しているわたくしである。カメラ持ってわさわさしているので、シーズンになるとスタッフさんとなんかしら覚えられているという…ので悪さはできません。ハロウィンの時は「写真にボトルもどうですか」とオレンジのハロウィンボトルソーダを頂戴しましたありがとうございまする。

そんでもって昨年の冬の屋外レッスン、90mmマクロと55mmの二台持ちの日などと、めんどくさがりのわたくしにしては珍しく重装備で。なのでカフェでの55mmと90mm比較なんてぇのもできました。

画角は言う迄もないので、だいたいサイズ感揃えてます。描写だけご確認いただければ。

f0212049_16513510.jpg

f0212049_16515062.jpg

これぐらい肌理の荒いバター生地だとマクロでも55mmでも変わらないかもしれん。シフォンケーキあたりだと90mmだとキッツー、と感じる瞬間があったのですがおおむねオッケーかも。

『ブラフガーデンカフェ』はメニューの変化が激しいのでカップケーキなかったらごめん。ただ運がよければフレーバー違いデザイン違いで4種類揃ってるので、お友達とご一緒なら全種どだ。

ちなみにこちらの紅茶はかつて二子玉川高島屋にも出店してたニナス。店頭で購入も可。まあ紅茶も『ラ・テイエール』『サンドグラス』と揃っているので事欠かない界隈ですが。ニナスもみなとみらいにあるし。紅茶好きに優しい港町横浜であった。

自由が丘で紅茶てぇとたっかい&店内撮影禁止『TWG』なのが不満なので家紅茶になりがちなさいとうなので…紅茶語り過ぎました。

あ、初夏のスイーツフォトレッスンは紅茶の撮影レッスンも目論んでおりますが、作例まだ提出できておりませぬ。ケーキのアイシングがトロリ系なのでテンションあげてるのです。

ので、午後までには仕上げたい…

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

by ori_tarte | 2017-01-30 12:57 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
写真映えスイーツ:博多五色堂の『五色豆』を九扮茶房の茶器で
風景構図は座学とはいえ、あーだこーだ話し倒す場と予測されたので、お茶を用意してみました。
五色豆と中国茶で、どだ。
f0212049_13264419.jpg
類似のアイテムとして「おいり」も可愛いんですが、神楽坂プリュスさんで一気買いしたアイテムがございましたので。


■今日の機材
ボディ:sony α7R II
55mmでなんかしっくりこんかったので、90mmにしてみた本日。
何故じゃろーなー。

by ori_tarte | 2017-01-29 13:27 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
写真における風景脳とテーブルフォト脳
明日から風景構図スタートなので。頭を「風景脳」に切り替えております、さいとうでございます。

フォトショップだから切り替える…つー必要はなかったのが幸い。今日のフォトショップの方々、復習がんばれー。

ところで「風景脳」とか「テーブルフォト脳」、わたくしが頭を切り替える時に適当に作った造語ではありますが、なんかこうテーブルフォトばかり考えてると風景に関してツルッと抜けるとこがあるので、屋外実習とか、風景構図についてじっくり考えるレッスンの場合、イメトレ重ねないとイカンのですわたくし。

切り替えがヘタともいうー。

というのに直近での作例は全てテーブルフォトですよ、ありゃー(「この世界の片隅に」興収15億突破おめでとうございます)。

そういやテーブルフォトといえば2月はクッキーとかクッキーを持ち込みますが広角組はまた3パターンできました。

そんでもって初夏の出稼ぎはアフタヌーンティーセット持ち込むことにココロを決めました!めんどくさいけどな!<めんどくさいっていうな。

テーブルフォトは毎回レッスン回数ぶんのスイーツとかクロスとか食器とか発生するので、持ち込みの手間を考えると心萎えて「いやもっと楽なスタイルがあるんじゃなかろか!」と思うのですがそれはなんだか申し訳ないので毎回がんばろーかと。

さすがにフルでは食器持ち込みませんけどね。段重ねのアレをどう撮ったらかわいいか、みたいのを考えることができる場になればなと目論んでます…ああっ、根本のトコで脳みそが風景脳にならねぇ!

というわけで、風景脳に切り替えて、2015年の台湾。台風で成田羽田発の西方面の国内便がほとんど欠航になったにも関わらずチャイナエアだけが威勢良く飛んだ時のアレです。現地でもホテル雨漏りカー!と部屋がクラスアップされたりあれやこれやの台風でしたが、雨上がりの台湾は独特のホコリっぽさがなくてそれはそれで美しかったなー。
f0212049_20041274.jpg

台湾はこの年に4回も行ったらチカラ尽きたのか今年はまったく行っておりません。同行予定の友人が捻挫しやがりましてね(もうちょっと優しく…)。

もっぱら国内小旅行ばかりしてたような気がしますが、さしあたって来月あたりは三崎まぐろ切符ですかのー、というのも明日の風景構図にて相談しましょうそうしましょう。

■今日の機材
ボディ:sony α7II

海外は55mm一本勝負。今年はα7IIで桜撮り倒したーい!

by ori_tarte | 2017-01-28 20:08 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
『水曜どうでしょう』コスタリカの旅で大泉洋が持っていたのはペンタックスの6×7、そして600mm単焦点
だそうな。本放映は2001年なんですがいま東京MXで再放送してましてね。
我が家で夜な夜な面白く拝見させていただいております。

しかし2001年なんてわたくしオリさんの500すら持ってなくて、デジカメといえばカシオのQV-10Aから脱してQV-2900UX…とかかなあ。

16年後、まさかフルサイズ持って、てかまさかひとさまにカメラをお教えしているとは想像もつかんかったですが。

まあ大泉さんもよもや2016年大河に準主役でご出演なさってるとは2001年思ってらしたのかしら果たして。

わたくしにしても2000年前後は「水曜どうでしょうがね!」というのをお芝居好きの方から名前だけは伺ってるだけの時期で。だいたい『救命病棟24時』の時も「あ、なんかもじゃっとした方が…」という認識で、結局実際に「あ!手足長くてカッコいいなあ」てふうに認識するのが2011年世田谷パブリックシアターの『ベッジ・バードン』だったのでかなり出遅れごめん。そういや『ベッジ・バードン』には『アオイホノオ』でシャアな台詞をやけに張りの良いお声で読み上げてらした矢野健太郎おっと矢野ケンタロー役の浦野さんもご出演なさってた、というのを最近気づいたわたくしであった。

そんでもって『水曜どうでしょう』に話を戻したらば、密林とか海岸沿いを600mmとたぶん35か50??の単焦点2本てそら無茶な!という2本での撮影旅行ですが番組としてはオモロい。しかし大泉さんが「マニュアルってどうなのー」とずっと愚痴ってらして、露出云々もですが、どうもフォーカスもマニュアルらしくててーへんだ。

番組中、いわゆるバズーカなのがだんだんバズーカ「砲」になってて「撮って!撮って!」でなく「撃って!撃って!」と言ってて。わたしなんぞはデジタル世代なので「とっとと撃っちゃえばいいのにー」と口走ったらば家人に「だってフィルムだよ」と突っ込まれました。あーそりゃホイホイ撮ってたら大変だ。というか感度対応とかうーわーアタシ無理!<…

切出しもねえ…フォトショップは既にあった時代ですがいまほど自由じゃない。てかまだ動作が微妙に重かった…早くしたかったら軽くマシンに50万とか…てな時代かしらんらん。アドビ税も数年に数十万とかでしたが、いまや月次980円ですって!WinMac両刀ですって!独立当時CS3をWinMac両方購入してでソフトウェアで既に50万すっ飛んだ私の立場は!

写真歴は呆れるほど短いわたくしですがフォトショップキャリアは30年近いんか!とちょっと呆れた…というか凹んだ。

いやホントいい時代になりましたよ…月次980円でフォトショップ、20万円でレンズ込フルサイズが入手できちゃうっつー。何かの罠にハマってる気もしますが!

それにつけても、レンズ換算600mm、2017年現在、オリさんだと300-600でコートのポケット入るくらいのサイズがありますもんね。ちなみに我らが(!)ソニーからはAPS-C用の55-210ことSEL5520、通称「茶筒」てぇのがあるので、これだって最長換算300でポッケに入らなくも…ない。いやでもα7シリーズにもクロップ前提で使えるので、軽装優先の時はありがたかったなあ。

あとそういや昔は飛行機乗るときとか、フィルム感光されないように専用ケースとかで包んでいたわねえと思い出しました。デジタル万歳!

コスタリカつながりで写真は一昨年通ってた多摩動物公園のイチゴかニイナのどっちかの子供ちゃん時代。

動物写真漁ってたら動物園行きたくなった…
f0212049_02131485.jpg
200mmでチケット売り場から撮影するとこんくらい。豆だね!
f0212049_02133529.jpg
動物写真はさておき、本日は午前中フォトショップレッスンですが、よろしくお願いします。

しかしにゃんと午前2時現在、準備と片付けで死んでます<風邪と胃炎で死んでたツケがきてるわたくし。

そして月曜日諸々納品、間に合うのかわたし。

■今日の機材

7IIで切り出すとちとふわっふわですが、α7RIIだとイケちゃうんだろーなー

by ori_tarte | 2017-01-28 06:10 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
ソニー銀座フォトレッスン『広角ファンタスティックテーブルフォト』は桜色で、参る。
新日本プロレスでは新年のご挨拶的な大会が終わると『FANTASTICA MANIA(ファンタスティカマニア)』という大会がありましてん。

スペイン語で「不思議、幻想的」という意味を持つ「ファンタスティカ」を冠したこの大会は、メキシコスタイルのプロレスでございましてん。

メヒコスタイルのプロレスは、マスクマンが飛んだり跳ねたり廻ったりと、非常に軽やかで初心者さんにもわかりやすいプロレスなので、ご興味ございましたら是非(いやストロングってバックグラウンドありだから、初見だとわかりづらいんじゃなかろかと思うんよ)。

それはさておき。

今回2月18日ソニー銀座開催のフォトレッスン『広角ファンタスティック』。一晩で満席になりましてん、またしても蒼白なさいとうですが、キャンセル待ちお受けしてるそうな。お試しαはソニーユーザさま以外のメーカーさんもご参加可能のレッスンなので、色々登録とかお申し込み面倒かもですが、ウォークマンとかプレステとかでも登録可らしいですです。

さて、レッスンに話を戻しますと、広角にあえて「ファンタスティック」と名付けたのは新日本プロレスのファンタスティカマニアが頭にあって。要は「不思議な世界を作りましょうぞ」というのがゴールでございますよと宣言したくてですね。

「三次元の広がりを二次元に無理くり突っ込む時の美しさの追求」というのがテーマとしてありまして、なので、座学は我ながらクドイ。マクロも作ってみたらクドかったけど。わたくし、ピントがあわないのは我慢ならんのでマクロレッスンのクドさ、ハンパない。

もちろん写真である限りレンズ問わず三次元を二次元に納めるというのは常に考えるべき事柄ですが、広角は考えるファクターが多いと思う次第。

んで、前回の広角ファンタスティックは非常にビターだったので、今回はスイート宣言。
f0212049_16200577.jpg

前回は「単焦点レンズ」という括りでのレッスンでしたので広角レンズの作例は少なくてもよろしかったのですが、今回は広角をテーブルフォトでどう生かすか、っつーネタなので、全編これ広角。

撮影エリア用にはあと何パターンがご用意しますが、正直、もう何もないとこからの手探りで、実のところ「や、やめときゃよかった…」と思うほど、胃の痛いネタでもあるのだ広角ファンタスティック。

というわけで作例、ほんっと鋭意作成中です<誰アピだコラ。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
フィッシュアイコンバータ:SEL057FEC

テーブルはともかく、桜の季節はこれ持って歩く、というのも楽しからずや。

by ori_tarte | 2017-01-26 16:23 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
2017年のHang On Now 自由が丘
Hang On Now』といえば、カジャグーグー(Kajagoogoo)。

当時子供だったので、バイクにおけるハングオンと混同してたっつーアホです。
ナナメのチャリを見ると反応する子供たち(あえてたち、と言っておくわーい)
f0212049_00094650.jpg
店頭にあったので、個人さんのなのかディスプレイ用なのかちと不明ですが…ご丁寧にキーついてるってこた、お揃いか。

ちと不調および納期てんこもってしまったので長文書く根性ありませぬごめん。


■今日の機材
ボディ:sony α7R II

画角的にはやっぱりスパッと撮ることができる55mmなんだよなあ…

by ori_tarte | 2017-01-26 00:13 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
適正は正解じゃないよー!なフォトショップで色温度。真夜中のクリップオンストロボでカシューナッツクッキー
せんだって頂戴した北インドのお土産のカシューナッツクッキー。
「落ち着いて撮りたいんじゃー!」というわたくしと「今すぐ夜おやつしたいんじゃー!」という家人の闘いの結果、わたくし敗北しましてん。

仕方がないので夜のクリップオンストロボ発動。そういやソニー銀座さまのレッスンもライティング決めないとだわーん。

夜おやつなので色温度高めのがいいのかなーと一枚。
カシューナッツクッキーなのにくるみが置いてあるのがロジックとしていやはやいやはや。
f0212049_16135253.jpg
ちとたっかいかしらー?とフォトショップでいわゆる適正値に色温度調節してみましたが、夜感なくなるので却下。
f0212049_16142076.jpg

色彩学やフォトショップまでゆくとだんだん正解がたくさんなのがタイヘーン!風景講座も正解はなさそうですが果たして。でもいままでわーっといわゆる正当派なロジックレッスンだったので、風景講座は一回一回じっくり座学で磨き上げるので結果が楽しみだったりします。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

脚立乗るの、面倒だったので<…

by ori_tarte | 2017-01-24 16:19 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)
まだまだ寒い一月だけど、α7RIIで花の色を拝借して自由が丘の春色写真。
昨日はひさしぶりの屋外実習になりましてん。

本日はオリンパスOM-D E-M102台、キヤノンx7、ソニーα7II、ソニーα7RIIという布陣。
OM持ちのおひとりはOM-D E-M1のIIに心踊ってらっしゃいますものの、品切れ過ぎてまったくもーという状況とのこと。オリさんたら年末にあんなん出して、CP+は何をお出しになるのやらちと興味深いとこです。

ところでオリンパスOM-D E-M1のMarlIIといえば、『月刊カメラマン』2017年2月号の「2017年新春 ミラーレス選択会議」という特集がめっちゃ読み応えありましてん。ライターは落合憲弘さんと豊田慶記さん。結果としての推しミラーレスはOM-D E-M1 MarkII、2位がソニーのα6500、3位がフジのX-T2だったのですが、そのほかにもα7II、パナソニックLUMIX G8、キヤノンEOS-M5について、カナーリじっくり24ページに渡ってコンティニュアスのキャッチ度合いとかコマ数とか手ぶれ補正度合いとか、数字と作例でキッチリ比較されていて。

しかも「ミラーレスとレフ機の違いってどーよ」と、ニコンのD500も同時比較するという念のいれよう。なので、今期ミラーレスの購入どうしよっかなという人はご一読の価値アリかと。

しかし次のページが『着衣のエロティシズム』なので、電車でミラーレス特集をガン見してぺらっとめくったら「しまったエロだった」とならぬようにご注意。

それはさておき。

構図全6回のラスト実習ということで、恒例の自由が丘ラヴィータさん。
プランターに素敵なカラリングでヴィオラが植えられておりましてん。
春なーと撮影。ひさびさ前ボケ、かましました。
f0212049_23523221.jpg
週末のフォトショップレッスンと風景構図まではレッスンお休みですが、わたくしコモリっぱでパソ仕事ってます。屋外、気持ちよかったなーとの思い出を胸に、テーブルフォト作例がんばるぞー。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

引きだとやっぱり55mm。50よか55mmなのかなあ…でも大河ドラマ『直虎』を見てたら屋外でも広角使いたくなったわたくしですよ。

by ori_tarte | 2017-01-23 00:10 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)


最新の記事
sony α7RIIにおける..
at 2017-03-27 21:46
由比ケ浜のBillsでそれぞ..
at 2017-03-26 18:49
『tocolier(トコリエ..
at 2017-03-25 18:44
以前の記事
カテゴリ
フォトレッスンのご案内
レッスンご紹介
ラ・フォトって?
公式FaceBook
お申し込み
スケジュール

★ほぼ日Instagram★
インスタグラムはテーブルフォトと旅フォトと人物撮影の3カテゴリでほぼ毎日更新しております。いずれもソニーα7RIIで撮影。ご興味ございましたらば。
画像一覧
ブログ村
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
記事ランキング
ブログジャンル