自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、さいとうおりのブログ。sony α7RII + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

2017年5月から
ソニー銀座αアカデミーにて
フォトレッスンさせていただきます
****インタビュー掲載***
2016年2月ソニーさまWebサイトにてインタビュー記事。素晴らしいキャリアの方々の末席に加えさせていただきました。
α Photographer’s Voice ********************

2014年2月24日発売『"カワイイ"をシェアする写真術』(ステレオサウンド社)に、「女子フォトレッスン体験」として、恋フォトレッスンを紹介していただきました。eye-fiがついているのでカメラ好きにはお得な一冊。
ご紹介いただいているレッスン『恋フォト』の詳細はこちら
また、ご本はこちらでご予約いただけます。アフェリエイトではありませんので、ご安心を。

主婦の友社さま『mina』2月号101Pでご紹介いただきました。ご紹介いただいているレッスンのスケジュールはこちら
レッスンスケジュールはこちら。体験レッスンはございませんが単発参加可。 カメラ購入前相談、貸出機アリ。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

レッスンのお申し込みから48時以内にお返事差し上げますが、土日祝日は週明けのご連絡になりますこと、お許しください。
ラ・フォトってどんなフォトレッスン?

本ブログにおける画像および文章における著作権および著作人格権および肖像権といった法的な権利は全てさいとうおり、またはラ・フォトにご参加いただいた生徒さん、撮影をご許可くださった方にございます。許諾なきコピーおよび流用を固く禁じます。

検索
<   2016年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧
偶然が描く、冬の光、冬の影
先だっての江戸東京たてもの園でのフォトレッスン。

屋外撮影も愉しかったですが、奥内のクラシックなアイテムを撮影するのもまたオツなものでしてん。

あー山手西洋館も楽しみですな!みなさま防寒完備で着脱楽ちんな靴と靴下、そして展示品をひっかけないよう腕廻りや背中はコンパクトに(ストールとかフリンジとか撮影する時はちっと危険なので)。

近代建築ですと窓のたくさんあるおうちが多いので天気がよくて、このままここで昼寝てしまいたい…という誘惑にかられるほど!

冬の陽射しって他の季節と違って、眩しくてキリッとしてて、大好き!
寒いのは苦手なので、ガラス越しのサンルームとか縁側でゴロゴロ愉しむのがいいのだ。

計算もナニも「うつくしー!」と一瞬撮ったと思われ、たぶん相変わらず片手で<…
f0212049_13072150.jpg
しかしこの電話はいつのダイヤルだ!さすがにさいとう、この電話は現役で見たことがない。もうちょいと大量生産型の黒電話の世代ではある。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

全方位的に素晴らしい!!電池の減りさえなければ!冬はこれまた早いんだって!

by ori_tarte | 2016-11-30 16:53 | フォトレッスン | Comments(0)
インスタ映えフードはメニュー選びが勝負!パンケーキとパフェが人気!武蔵野茶房
つーのをテレビでやっておりましてん。

「イイネ!」がつくインスタグラムとは!てな感じ。女子会ではドリンクを撮るとか自撮りするとか食事が来ると撮るとか、そんなん特集で。

やっぱりなーというかそりゃそーでしょーというか。

しかし食事の写真は自分もやるけど、やはりウザい…気をつけよう…10秒以内で、ひとつ。

わたくし過去、カフェのメニュー撮影してたことがございましてん。パンケーキ専門店なんかも撮ってたので焼き色にはうるさくってよ、などと偉そうに語る。パンケーキ撮影パターン、地味にいくつも隠し球でもっとるでー!

というわけで、先だっての江戸東京たてもの館での一休み一枚。

生徒さまがオーダーなさったパンケーキをちゃっかり撮影。 今回は一人でなかったのでシロップはお願いしてしまった!
f0212049_13121871.jpg
そんでもって自分が何頼んだかっつーと、米が食べたかったのでカレー…量が凄かった…観光地カフェとはいえさすが『武蔵野茶房』。ヨーグルトとピクルスがついて1000円ザマすよ!

しかしインスタ受けしなそー。
f0212049_13130283.jpg
葡萄ジュース、でなく葡萄汁…
f0212049_13145314.jpg
武蔵野茶房、ひとつひとつにお花が添えられてて!そんでもって食器もクラッシックでウエイトレスさんのコスチュームもかわいくて!そんでもって禁煙で!メニューにボリュームがあって、いい!

田無に本店のある喫茶だそうですが、わたくし吉祥寺の武蔵野文庫と勘違いしてまちた。

今週は西洋館のクリスマスいよいよスタート!

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

あー、光の描写がキュンキュンするわー。マクロのが楽だったと思うけども!

by ori_tarte | 2016-11-29 17:06 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)
キヤノンのEFレンズ大活躍!なミラーレス選び。SONY α7RII vs CANON EOS M5か重量比較。
や、まだキヤノン EOS M5の生徒さまがいらっしゃらないので拝見しとらんので重さとオカネしか比較できん…。二子玉川のキタムラはガラスケースで手に取ることできひんかったし。

ところで、先だって既にキヤノンをお持ちの生徒さまからのプライベートレッスンのご依頼がございましてん。

別にキヤノンはキヤノンで手放す気はないけどフルサイズにしてみたかった…とのことで SONY α7RIIをお買いになりまして、さすがに「えっ、いきなりソコ?」とちょっとビビッた。キャッシュバック効果デカイ…。

SONY α7シリーズではマウントアダプタ経由でキヤノンのレンズが使える!しかもMFでなくAFで可!というお話は常々伺っておったのですが、すみませんキヤノンは5DM2を手放した折に全て手放してしまいましてん、まあレンズは純正でいいんじゃなーい…と個人的にはのらくらと過ごしておったのですが。

昨今、ニコさんキヤノさんユーザさまからたまーにソニーご購入のご相談を頂戴しておりましてんでもレンズの数がねーとかいうご相談もあってどうしたものかと思ってたのでちと調査。

しかしわたくしα7RIIでないとマウントアダプター経由の場合AFが効かない!と思っておったのですが、ごめんα7IIでも6000でもイケるらしい。ただAF-Cはダメ、とか…サードパーティであるシグマタムロンのレンズはキヤノン eos m e5で使えん!という話も伺うので、ちとネットのもっとお詳しい方のブログなどご覧になっていただくと嬉しい。

んで、今回のアダプタは実勢3万の『SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEF-E用』で、レンズはキヤノン、EF35mm F2 IS USM。

これがまた「凄い!マウントアダプタかましてもこんなに早いんだー!」と驚かされましてん。ホラ、ソニ子さんはジーコ氏の愛称で親しまれる50mmマクロもですが、AF迷える子羊なトコがあってしかも55mmとか寄れんし。

が、寄り寄りできちゃう!!あっ、作例頂戴するのわーすれーてたー!

とまれ、キヤノさんとソニ子さんで単純に重量比較すると

■キヤノン尽くしのEFレンズ活用セット APS-Cバージョン
総重量:825g
総額:18万
ボディ:CANON EOS M5(380g) 実勢11万
レンズ:EF35mm F2 IS USM(335g)  実勢6万
アダプタ:マウントアダプター EF-EOS M(110g) 実勢1万

■キヤノン、ソニー、シグマ連合のEFレンズ活用セット フルサイズ史上最高画質バージョン 
総重量:1042g
総額:42万円
ボディ:sony α7RII(582g)実勢33万
レンズ:EF35mm F2 IS USM(335g) 77.9x62.6 mm 実勢6万
アダプタ:SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEF-E用(125g)実勢3万

■キヤノン、ソニー、シグマ連合のEFレンズ活用セット フルサイズバージョン
総重量:1016
総額:22万円
ボディ:sony α7II 556g 実勢13万
レンズ:EF35mm F2 IS USM (335g) 実勢6万
アダプタ:SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEF-E用(125g)実勢3万

■おまけ キヤノン、ソニー、シグマ連合のEFレンズ活用セット APS-Cバージョン
総重量:745g
総額:14万円
ボディ:sony α6000 285g 実勢5万 <防塵防滴意味ないので6000にしてみました。
レンズ:EF35mm F2 IS USM (335g) 実勢6万
アダプタ:SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEF-E用(125g)実勢3万

む、1キロ超えるともうミラーレスとして如何なものか的な!とか、マウントアダプタつかうと、そもそもα7シリーズの防塵防滴が意味なーい!とか突っ込み何処はあったりするのですが、とはいえご親戚からお譲りいただいたキヤノンEFレンズをたんと持っているんだもん!とか、キヤノンのレンズが使いたい!とか、寄ることができるレンズが欲しいわ!(いやだって換算50前後で寄ることできるレンズってマクロだし…)てんなら、マウントアダプタ遊びも悪くないかも、と思います。

あとは重量以外のボディの方のスペック、たとえばセンサーがAPS-Cなのかフルサイズなのか、あと防塵防滴ついてるかとか4K対応なのかとか、ボディに手振れ補正欲しいとか、ISO感度常用10000くらいまで欲しいわ!とか、撮り方のクセもあると思うので、それぞれでご判断くださいませませ。

しかしキヤノさんも35mmに手ぶれ補正つけて6万とかでなく、EOS M5専用で35mm出せばよろしいにょに…と思ったりするけど、EFレンズコレクターはやっぱ多いのかちら。わたくし2470と50mmのたっかい方と白い70-200でやり過ごしておったので、わからんのだー。

撮影中の生徒さま…デカい!しかし寄り寄りできて愉しそうだった!
f0212049_17125630.jpg
ブツ撮り的には張り倒されそうな一枚ですが…!
f0212049_17383010.jpg

そういやこの時の撮影したカメラはソニーの初のフルサイズミラーレスのローパスフィルターレスバージョンであるα7Rだったのですが、これがまたメカシャッターうるさーいとかクリップオンストロボつかうと一瞬液晶にブランクがふぎゃー!とか難はありつつ、画像が美しい!!

画質は裏面照射突っ込んだαRIIには負けるけども、α7IIより美しいんじゃなかろかと。特に夜撮影したのをjpgレベルで調整するときとかデータ残りまくりでらくちーん。手振れ補正ないぶん微ブレ連発だけどさ。

さて明日は光、そんでもって今週は西洋館第一弾、来週は着物女子とか屋外ですね。寒くなりましたので防寒怠りなく。さいとうはルミエールのシンサレートベストとスケッチャーズのボアブーツでしばらく乗り切ります(雪ならばブーツがノースフェイスに!)。




by ori_tarte | 2016-11-28 17:21 | フォトレッスン | Comments(0)
カメラが恋する写真映えスイーツ:横浜エリスマン邸の『しょうゆ きゃふぇ』の「プレミアム元祖生プリン」
先だっての横浜山手西洋館での『鈴木知子ゼミ三期生修了展 en3ble(アンサンブル)Photo meets Music』に伺った時。

会場であるエリスマン邸の一階カフェ『しょうゆ きゃふぇ』をちっと覗いてみましたらば、お待ちしてる方がおふたり

いつも西洋館のフォトレッスンで伺う時、生卵がポコッと乗ったプリンの立て看板が気になりつつ凄い行列で、フォトレッスンでしかも多い時は生徒さま全員で12名とかさすがにムリだろー!と、なかなか入る機会もなかったのですが、この日は平日所以に奇跡的におふたり待ちでそんでもってワタクシ単独行動。こんなチャンスはないわーと思い切って並んでみましたところ、それでもちと待ちましてん。

しかし入って納得!の四人席ひとりでゆったりごめんと。贅沢空間ですわー。
そして目の前に広がる緑が美しい!ので、そりゃ長居しちゃうよねと。相席でもよろしいのに…と思いつつ、緑堪能。

それはさておき「プレミアム元祖生プリン」!

左手にカラメル右手にフルサイズミラーレスsony α7R II。で、撮ったのがひとりカラメル…最短撮影距離50センチでがんばったよーちと甘いよー
f0212049_20371919.jpg
ちなみにベースはバニラ風味のムースで、卵は自分で落とすのです。卵は相模原市の養鶏所・コトブキ園の最高品質タマゴ「恵壽卵(けいじゅらん)」
f0212049_20385765.jpg
右のシリコンのにわとりさんから卵が生まれるのです。左のカラメルはお好きに、とのこと。
f0212049_20404219.jpg

風味がかなり派手こくて、口中に広がるので、頬が冬眠前のリス状態でしたわ。

そして撮影、今回は最短撮影距離50センチのSonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)。いやもうテーブルフォトとしていかがなものかな最短撮影距離ですが、描写が美しくて手放せん!

が、ジーコ氏ことFE 50mm F2.8 Macro(SEL50M28)だともっとラクラク撮ることができると思います。

片手で撮るフルサイズ、そんでもってローパスフィルターレス、そんでもって裏面照射ってちっとキラキラし過ぎ…てか、ミラーレスとはいえ、ほぼ世界最高峰画質のフルサイズデジタルカメラでプリン撮影っていいのかしらん…。

===
■しょうゆ きゃふぇ
住所:神奈川県横浜市中区元町1-77-4
電話:045-211-1101
営業時間:10:00~16:00

元町・中華街駅A5番から歩いて5分。
JR石川町駅からも歩いて10分。
どちらからもちと坂を登ります。
==

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

なんかこう広大な紅葉とか、湖とか、そんなん撮りなよ!と思いつつ、料理写真は譲れない。やっぱラ・フォト自由が丘生徒さま写真展は『愛しのオヤツ』でひとつ。


by ori_tarte | 2016-11-27 20:55 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)
弱点は数あれど、画質は現時点で最高峰ミラーレスなんだから!sony α7RII
や、弱点はバッテリーと動体対応だけどね。
動体対応が弱い…つーても、α7シリーズがミラーレスで動体反応負けるなーと感じるのは同じくソニーのα6000以降と、あとオリさんくらいかなあ。
先だってもα7RIIでブルイン撮ったし、えへん。ブルイン撮影日>>こちら

あ、あとベラボーにお高いとかレンズ少ないとかちょっと重いとか<…

ところでミラーレスといえば、キヤノンEOS M5、オリンパスのOM-D E-M1MarkII、そしてソニーのα6500とミラーレスデジタルカメラ冬の陣!と言わんばかりにまあ主要メーカーから出揃った2016年ですが、カメラ女子のハートを捉えるのは果たして。

ざざっとスペック見てるとオリンパスのSS5秒のキレっぷりとか、ソニーのAPS-C史上恐ろしい程の全部盛り(AF爆速、防塵防滴、4K、手振れ補正などなど)が気になるったらなるのだ。

そーいやソニー α6000でグラファイトグレーが出ましてん、数年前の機種でいまさら新色ってどゆこと!と話題になりましたよ。

まあでもアレだ、ディスコンじゃないのね!もっとかわいがろう!というお気持ちになった方もいらっしゃる模様。α6000の弱点て、防塵防滴と手振れ補正だけだからね。そんでもって実勢5万だっけかな、お安いしミラーレスの中でも軽くて小さいので、初心者さんには是非にオススメだと思うのよ。画質、デッカいレフ機と変わらんし。

それにしてもオリンパスのSS5秒は驚異的!どなたか絶対買うと思うので、レッスンで拝見させていただこー。

ところで今日は江戸東京たてもの園での屋外実習だったのですが。
寒かったこともあってバッテリーの減りが早いのなんの。

9時半入園で、建造物中心なのでそれほどシャッター切ってなかったのですが、11時頃に食事したらば残り1/3かー!と(笑)
あと50mmマクロをお貸ししたらばこれまた「えっもう?」という勢いで電動ズームってもう。

ご一緒した某メーカーさまの生徒さまがsonyへ…を検討なさってたのですが「山では使えないー」と嘆いてらして、確かに山ガールにゃ辛い。

あ、ちなみにα7IIをご購入の生徒さまとご購入検討の生徒さまからはわたくしα7RIIに切り替えたことで「裏切り者ー!といわれまちた、えへ。

ところでわたくし、いままでセンサーに関しては正直なところ同じだったら画質変わらないんじゃなーい??と思ってましてん。実際、ここ何年もいろいろな年代のカメラを講評で拝見していると最新機種とそうでない機種の違いって感度対応とか、AFの点数とか、使い勝手なのかなと実感なくて。なので、明るい場所でテーブルフォトだったら5年前の機種でも全然オケーとオススメすることもあったのですが。

ところがα7RIIはもうダントツ凄い。ローパスフィルターレスだけだとそれほど…なのですが、裏面照射ハンパないのです。自然を撮ったときがもうサイコー!!なので、小平公園の紅葉に囲まれた江戸東京たてもの園の撮影は愉しくて愉しくて!

というわけで、「田園調布の家/大川邸」から一枚。窓から降り注ぐ暖かい冬の陽射しが気持ちよくて。江戸東京たてもの園で個人的に住んでみたいなーと思っているのは前川邸なのですが、大川邸の書斎はまたガーリーで可愛かった!
f0212049_17454361.jpg

屋外は12月にも5コマ、横浜山手西洋館が4日!と、着物女子撮影!
どうぞお楽しみにー!

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

50mmマクロとの間で揺れる乙女続出!なんで今年換算50をこんなに出したんじゃ…


by ori_tarte | 2016-11-26 17:51 | フォトレッスン | Comments(0)
心に音が降り積もる『鈴木知子ゼミ三期生修了展 en3ble(アンサンブル)Photo meets Music』
のっけから昭和のおばちゃん語っちゃいますが、かつてカセットテープという記録媒体がございましてな。
遡るとパソコンの記録媒体だったというのを知っている人が果たしてどれほどいらっしゃるや否や。

とはいえCD、MD、iPodといった時代の流れと共に、音楽記録媒体としての需要がほとんどない昨今でございますが、その昔、ラジオから息をとめてせーの!で録音する…とか、色々な曲を繋ぎ合わせてオリジナルのテープを作るとかそんな長閑な時代があったわけですよ。

わたくし愛用はアイワとDENON。あと斉藤由貴に釣られてアクシア!斉藤由貴はあの透明感がなー!しかし『スケ番刑事』は断固ナンノ派。

という話はさておき、本日伺いましたのは横浜エリスマン邸地下ギャラリーで開催の

波止場の写真学校 横浜校 鈴木知子ゼミ 第3期生 修了展
『鈴木知子ゼミ三期生修了展 en3ble(アンサンブル)Photo meets Music』

…む、長いぞ。

生徒さまがおふたりほど参加なさってたのと、あとインスタグラムなどで存じ上げてる方などもいらしたので、お伺いした次第。

ところでこの展示会、15名の修了生プラス講師の鈴木知子さんが「ひとつの曲をテーマ」に写真を展示されてましてん。おひとり2枚の写真に曲名とコメントがそれぞれ記載されてましてん。

もうね拝見してると写真とともにさまざまなジャンルの音楽が心の中に積み上がってくわけですが。
しかもそれはデータじゃなくて、CDでもない!カセットテープ!!

や、「くるり」とか「宇多田ヒカル」とか「いきものがかり」とか、時代的にどうみてもカセットテープでは販売されてないだろー!という時代の楽曲もございましたが、展示されたテーマの楽曲でアルバム作るとしたら、カセットテープで作らないとダメでしょ!と思ってもうたノスタルジー。

物陰からこっそり潜入じゃー…と思ったら、入り口に鈴木先生がいらしたっつーオチが。よく考えたら初めてお会いしたのはお隣のベーリックホールなので、西洋館行くと鈴木先生と会う、みたいなジンクスでもあるんじゃろか(鈴木先生の地元ですがな…)。
f0212049_20485051.jpg

この秋は八幡先生のとこといいきょんさんとこといい、写真展で刺激を頂戴しているさいとうでございまする。

ところでこんなわたくしでもたまに「写真展やらないんですか」と言われましてん。
基本めんどくさいなーとか、いやいやわたくしごときが…というのがあって避けてましてん。

生徒さまの写真展も考えなくもない一方で、そもそも拙宅のレッスンは知識はしっかりお伝えしてますが、会社員さんが多いので残業後や休日に時間を割いていただくのもどうなのというのもあり。や、自分が会社員時代、昨今話題の電通の勤務時間どころじゃねーという働き方だったのでなんつーか、会社員のクオリティオブライフについてついつい考えてまうのだ。

しかし、ほんのーりやろうかなと思い始めてます。みなさまにできる限りご負担をかけない方法を何か思いついたらがんばる、てかがんばれ私。

ちなみにテーマはラ・フォト自由が丘受講生、第一回写真展『愛しのおやつ』でどだ。あとは『旅するミラーレス 机上旅行でゴウ』てのもやりたいんですけどね。会場内にNゲージとか!<それは中井先生…

旅するミラーレスといえば、日光編の前に昨年の弾丸天王寺夜行バス編を作ってるわたくしなので、お待ちを(待ってらっしゃる方がいらしゃるのか否か…あっ、天王寺といえば天王寺生まれのしろくまモモの誕生日ですがな!)。

あーと話が逸れましたが来年はそれでいこう目標。

来年といえば、ご新規でリクエストありまして風景構図コースのほかスマホレッスン企画発生。どうなりますことやら今年も残すとこあと一ヶ月ですよ奥様。

クレマチスシーズンの三島フォトレッスンはみなさまご一緒しませうね。
現地集合、コスト削減のため鈍行ですよさいとうは!

■鈴木知子ゼミ三期生修了展 en3ble(アンサンブル)Photo meets Music

日時:2016.11.25 (金)-2016.11.29 (火) 9:30-16:30
※初日は13:00から/最終日は14:00まで

会場:エリスマン邸ギャラリー 横浜市中区元町1-77-4
アクセス ⇒ http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/ehrismann/

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

エリスマン邸の『しょうゆきゃふぇ』で生卵プリン、撮ったけど、そっちはマクロのが撮りやすかったかも…

by ori_tarte | 2016-11-25 20:51 | フォトレッスン | Comments(0)
雪の日の午後のグリューワイン Part2
Part1はインスタグラムori_photostyleの方で。

パートほにゃららといえば、パルコのパート1パート2て何なんでしょねアレ、と今頃になって思うアラフィフである。渋谷西武A館B館とか。

そういや渋谷バルコが建替解体でなんとなくあのへんが寂しい今日この頃。もう店舗の入れ替えめまぐるしくてついてゆけないわたくし。というか建替え終わる頃に生きてるのかしらワタクシ…と思ったら2019年だった…早いな!さすがに生きてるじゃろ。

しかし2019年のパルコは地上20階だそうですが、どんだけテナント入るんじゃろな。劇場増やしたりするんじゃろか。劇場増えるのは大歓迎ですが、テナント、老体にも優しくしてほしいんだよねパルコ。既にパルコマルイのターゲット外れ倒している年齢なので、買うものがないんじゃーい。

そして20階とか、息切れするような気もしないでもなく。

買い物はもう老体に優しい二子玉川高島屋か表参道ヒルズなお年頃なのだ。

というわけで、老体に寒い雪の本日、レッスンでみなさまお帰りになったあとに、ひとりグリューワイン。
f0212049_21143922.jpg
しかし50マクロ2.8は失敗しないのでインスタには向いてる。
55mmだとフルサイズ所以に開放祭のすっぽ抜けやらかすのだ。
まあこれも2.8なのでややアマアマですが。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

55でも90mmでもいいっちゃいいだろ的な室内撮影。

by ori_tarte | 2016-11-24 21:25 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)
ドヤ顔無用!の人物撮影、視線の先に何がある? sony α7R II レンズ:Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)
わたくしの場合、取材やプロフィール撮影で素人さんを撮らせていただく事のが多かったので、モデル撮影の機会を頂戴してもうっかり笑かすクセがあって、それはそれで問題だなあと最近思いますが。

ただやっぱりフツーの人がドヤ!と自慢しいな顔はあんまり美しくないので、もう自然に自然にいっちゃいましょーと撮らせていただいてます。慣れない方に、視線こっちー!とかやったら目を見開いたりして「豆鉄砲食らったハトか!」と突っ込みたくなる場合もありますし。自分も花椿蘭丸並に、笑うと眼がないのでわかりますけどね、見開いちゃう気持ち。

それはさておき前回の浅草着物女子フォトレッスンでの一枚。かなりリラックスしている頃にささっと撮ってます。なんか「浅草!」て感の背景なのがよござんしょ。
f0212049_21110126.jpg

企画当初は着物で浅草って安易だなーとか、別に自由が丘でいいんじゃなーい、などと思いましたが、やっぱり浅草で着物、はいいね。

来月は紅葉彩る中で撮るのだ。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

しかし浅草の街で85mmは厳しいですよGM。


by ori_tarte | 2016-11-23 20:39 | 人物撮影 | Comments(0)
sony α7RIIならば、車窓から静かに、音を立てずにシャッターを切る
今朝の地震、恥ずかしながら「なんか長いね」とそのまま寝てしまった我が家でございますが、起床後のニュースに驚きました次第。

現地の方は余震が続いて落ち着かんでしょうが、これ以上、大きな被害が出ませんようにに、と祈りたい。
わたくし、ノンスピリチュアル主義ですけどね。

写真は先だっての真岡線の車窓から。横位置切り出しました。
横位置のはオフィシャルの『旅するミラーレス』に見開き掲載(見開き?)
f0212049_18381324.jpg

真岡線の窓から見える景色、夕方だったこともあり何もかもが息を飲むように美しく、電車の中から数枚撮ったのですが、サイレントシャッターはこういう時にありがたい。

ソニーの場合

α6300
α6500
α7RII
α7SII

に搭載。搭載したらお高いのがナンですが、6300だったらまだお手頃ですし!ちなみに一番うるさいのはα7R。あまりの「ガシャコーン!」なメカシャッターに、レストランでは使えないわー…と思った(笑)

ただ、一方で「うーわ撮った感じしなーい!」と思うのもサイレントシャッター。
そして物欲と写欲がせめぎあう、益子の旅(荷物が増えると写真撮る気がね…さすがにミラーレスでもね…)。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

遠出の基本の1セット。どれか1セットと言われればこのセット。
でもって何かトラブってもいいようにこういう時のサブ機は最軽量のα7Rになりました。



by ori_tarte | 2016-11-22 18:56 | 風景写真 | Comments(0)
かわいさを手のひらに秋!! 森とリスとミラーレス。sony α7II + FE 70-200mm F4 G OSS(SEL70200G)
高解像度なα7シリーズなので、旅には55mmで切り出しちゃえばいいじゃなーい、な私ですが。

飛行機と動物だけは望遠ズーム。なのでFE 70-200mm F4 G OSS(SEL70200G)は旅に欠かせない。新幹線の旅なら飛行機ガン無視で55mm一本で良いのですが、飛行機の旅には必ず!羽田から気合い。

飛行機を撮るという楽しさを覚えたらばつい70-200をバッグにいれてホイホイといっちゃうんですのよー。

それに動物園撮影の時は絶対ズーム。見ているのも楽しいけれど、動物のかわいい瞬間を撮影したらばたまりませんわー。

最強に難しい、リス。α7IIではもうめちゃくちゃ厳しいのですがα6000組は楽勝。α6300かα6500で試したいわたくし…

といったって、巣箱のリスは如何なるカメラでも撮影可ですが!70-200つけっぱだったので珍しくほぼ原寸。昨年、井の頭にみなさんとご一緒した時の一枚でござる。
f0212049_21060679.jpg
そういえば昨年の写真を見返したらば、週一回ペースどころか月イチで北海道か大阪天王寺動物園に飛んでおったりなんかしてましたが、ちっと今年は腱鞘炎だったこともあり、動物園どころではなく多摩動物公演も上野も野毛も行ってないっつー。あー行きたいなー行きたいなー。

■今日の機材、実はかなり距離があったのでこれは70-200mmで正解。

GMとか70-300どーしよーと思いつつ、発売直後から使い倒してて、愛着。テーブルフォトなわたくしがこんなに望遠ズーム使うとは思いませんでした。

by ori_tarte | 2016-11-21 21:15 | 動物写真 | Comments(0)


最新の記事
sony α7RIIにおける..
at 2017-03-27 21:46
由比ケ浜のBillsでそれぞ..
at 2017-03-26 18:49
『tocolier(トコリエ..
at 2017-03-25 18:44
以前の記事
カテゴリ
フォトレッスンのご案内
レッスンご紹介
ラ・フォトって?
公式FaceBook
お申し込み
スケジュール

★ほぼ日Instagram★
インスタグラムはテーブルフォトと旅フォトと人物撮影の3カテゴリでほぼ毎日更新しております。いずれもソニーα7RIIで撮影。ご興味ございましたらば。
画像一覧
ブログ村
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
記事ランキング
ブログジャンル