自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、さいとうおりのブログ。sony α7RII + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

2017年5月から
ソニー銀座αアカデミーにて
フォトレッスンさせていただきます
****インタビュー掲載***
2016年2月ソニーさまWebサイトにてインタビュー記事。素晴らしいキャリアの方々の末席に加えさせていただきました。
α Photographer’s Voice ********************

2014年2月24日発売『"カワイイ"をシェアする写真術』(ステレオサウンド社)に、「女子フォトレッスン体験」として、恋フォトレッスンを紹介していただきました。eye-fiがついているのでカメラ好きにはお得な一冊。
ご紹介いただいているレッスン『恋フォト』の詳細はこちら
また、ご本はこちらでご予約いただけます。アフェリエイトではありませんので、ご安心を。

主婦の友社さま『mina』2月号101Pでご紹介いただきました。ご紹介いただいているレッスンのスケジュールはこちら
レッスンスケジュールはこちら。体験レッスンはございませんが単発参加可。 カメラ購入前相談、貸出機アリ。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

レッスンのお申し込みから48時以内にお返事差し上げますが、土日祝日は週明けのご連絡になりますこと、お許しください。
ラ・フォトってどんなフォトレッスン?

本ブログにおける画像および文章における著作権および著作人格権および肖像権といった法的な権利は全てさいとうおり、またはラ・フォトにご参加いただいた生徒さん、撮影をご許可くださった方にございます。許諾なきコピーおよび流用を固く禁じます。

検索
2017年 02月 16日 ( 2 )
sony α6000とα6500、2年の時を経たミラーレスの感度800撮影対決
本日のフォトレッスン、犬を撮らせたら語ると長いよ!そして新しいsony α6500がやっと届いたよ!の、taitaimomさんがいらっしゃいましてん。

なのでレッスンは、キヤノン x8i、sony α7、α6500、α6000がおふたりの布陣でございました(Tさままた次回ね!)。

というわけで、座学中に失礼して、まずはα6500を一枚、どこもスレてなくてピカピカ!sonyのフルサイズEマウント55mmと組み合わせて使ってらっしゃいます。いつかはフルサイズ…になってもレンズが使えるのがいいとこだ。
f0212049_18555964.jpg

さて、今回は拙宅の初心者向けレッスンのトリを飾る紅茶の雫レッスンでございましてん。
こちらは基礎講座『カメラに恋するフォトレッスン』略して「恋フォト」の第6回の講座になります。
ので、3月からスタートの金曜日クラスさま、グループレッスンさま、どうぞお楽しみに!

内容としてはマニュアル撮影方法を覚えた方が動体をどう撮るか!をチェックさせていただく講座なのですが、も、今回は「動体に強い」と噂のsony α6500に注目が集まる集まる。

しかも旧モデルであるα6000を持ってらした方がおふたりいらしたので比較してみました。

発売時期としてはまるっと2年の差があるソニーAPS-C機、スペックとして大きく変わったのはこんな感じで。

■α6000(2014年11月発売)
・実勢6万
・AF追従秒間11コマ連写
・0.06秒のAFスピード

■α6500(2016年12月発売)
・実勢15万
・防塵防滴対応
・ボディ内手ぶれ補正
・AF追従秒間11コマ連写
・0.05秒のAFスピード
・画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」
・高速処理をサポートする新開発のフロントエンドLSIを搭載
・撮影jpg、松竹梅の「松」であるエクストラファイン追加。<<私はこれがイチオシ
・36秒ずーーっと連写可。<<私はこれがニオシ

で、真っ平らな話すると「動体はそれほどでもー雨の中とかホコリの中撮らないしー」という方はお値段約1/3のα6000でも全然イケると思います。今日も普通に水滴撮ってらしたし。でもパン作りお菓子作りの方は6300ないし6500をオススメしたいのよねー、小麦の粉塵で絶対故障するから。個人的に生徒さまの故障頻度見てると、砂埃より小麦のがヤバイ。

それはさておき、新モデルなα6500の場合、防塵防滴だし手ぶれ補正も突っ込んでいる、上に「早いよ!任せとけ!」がウリなのですがそれって旧モデルの6000も6500もそーだったよねーと油断してたのですが、まあなんつっても30秒以上シャッター押しっぱなし連写できちゃうし、コンティニュアスの食いつきが凄過ぎ!と犬を撮影なさるtaitaimoさんがもう大満足で語ってらっしゃいます。

なので、今回、連続撮影の際の水滴のキャッチ率の高さに吃驚で、動体確度は最高かも!レフ機越えてるカモと思いましたよ。6300で大井競馬場で馬を撮った時も「ナニコレ!」でしたけど、更に上行くかもしんない。

あと個人的には2年経って地味に感度対応の質を上げたなーという印象で。

感度800くらいだと6000と6500であんまり違いはわからんのですが、こんなん。

α6500の紅茶
f0212049_18562168.jpg
α6000の紅茶
f0212049_18561855.jpg
6500のが磁器の描写がちっと滑らかに見えませぬかのー?

比較といっても、拙宅の場合、初心者クラス6回めとはいえ「露出は自分で判断してね!」のマニュアル操作なので、被写界深度も焦点距離もSSもきっちり揃えた厳密な比較ではないのですが。

しかもα6500にSonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)を装着なさってるので、上のα6500の画質はボディの実力を更に向上させてくれたりもするのですが。

しかしこの感度対応の違い、撮って出しで見た時よりも、フォトショップなり画像補正ソフトで明るさを調整した時に感動する率が高くて。

α6500のが黒潰れ白飛び部分のデータを保持している率が高く、現像ラクラク!というのは、画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」が理由であってますかしら??

裏面照射でローパスフィルターレスなα7RIIになるとまた更にラクラクなんですが現像。RAW現像納品がウソのよーにほいほいjpgで補正してますよわたくし。

フォトショップで明るめにいじった時のα6500の画質
f0212049_19032741.jpg
α6000はこちら。
f0212049_19034791.jpg

なんつーか、微妙なグラデーションの変化がスムーズで気持ちよいのであるよ。
ので、最新鋭には最新鋭としての理由があるよね、という話でした。でも発売タームやっぱ短すぎるわ…

明後日の銀座に向けてごーごーわたし。5月のαアカデミーもよろしくお願いしますん。アカデミーでお伝えする紅茶は光とかカタチ中心です。ブツ撮りに近いしつこさの予感<…

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

α6500を撮ったのはこれですが、注目はα6000vsα6500対決でしょ!


by ori_tarte | 2017-02-16 19:11 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
青は写真映えカラーだと思う
青食器が多いですね、てなことを言われることが多い。レッスンで。

食の教育の場合、食器は赤と教わるそうなので、食のプロの方から「赤じゃなくてもいいんですね」と驚かれたことが数回。そういや食欲のためには赤、みたいなことを言いますね確かに。

でも、写真映えは圧倒的に青じゃないかなーとわたしは思うのである。

なので、ここ数年、メインの洋食器はCosta novaのNOVAはデニムで揃えてて、和食器は赤絵もそれなりにあるけれども、普段使う砥部焼なんかも含めるとやっぱり青ベース。写真用に基本色は揃えているけれど、実際に普段使うのは青ですなー。藍色の小皿とか、箸置きとか…あっ、酉年用に買った箸置きも青だ。

ということで、本日の一枚。学生の頃に買ったティーボウルなのだけど、諸々理由でたぶんレッスンで一番出番が多い。
f0212049_09572832.jpg

経年劣化…というより無造作に食洗機で洗ってたので、ヒビがはいっております。ので、最近はさすがに出張レッスンには持ってゆけなくて、似たような柄と素材のアイテムをなんとか追加したいと思っているのだけど、見当たらないので困ってるわたくしである。マディでも買ったけど、ソーサーがない…。

というわけで、ダース買いでもよろしくてよ!と探しているので倉庫に眠ってる!という方ご一報を。

ちなみにレッスンでお出ししているエマブリッジウォーターのチェリーマグははメーカーから廃盤寸前のをイギリスから3回くらい箱買いしたので、あと10年くらいはもつ、と思う。代理店経由で日本に輸入されてたのが当たり負け激しくて割れ続きだったので心配で在庫を全部搔っ攫ったのだけど、初代が3カップほどヒビ入って見苦しいので、ご隠居願おうと思いますのん。

しかし微妙にテンポが悪い…のは地味に風邪ひきですからですたい。明日のレッスンまでにはなおしますよーというか、今週新レッスンが3コマ、準備至らず…そして今日も納期ガッテーン。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
ルル3錠でちとテンションおかしいので、レンズコメント割愛。


by ori_tarte | 2017-02-16 16:35 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)


最新の記事
sony α7RIIにおける..
at 2017-03-27 21:46
由比ケ浜のBillsでそれぞ..
at 2017-03-26 18:49
『tocolier(トコリエ..
at 2017-03-25 18:44
以前の記事
カテゴリ
フォトレッスンのご案内
レッスンご紹介
ラ・フォトって?
公式FaceBook
お申し込み
スケジュール

★ほぼ日Instagram★
インスタグラムはテーブルフォトと旅フォトと人物撮影の3カテゴリでほぼ毎日更新しております。いずれもソニーα7RIIで撮影。ご興味ございましたらば。
画像一覧
ブログ村
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
記事ランキング
ブログジャンル