NEW POST

カメラが恋する新日本プロレス:Road to TOKYO DOMEは紙吹雪と共に内藤哲也をsony α7RIIIとFE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G実写

FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105Gを購入した最大の理由ってのがプロレスでございましてん。
2470だとちーと中途半端だったのですよ。

んで、70200Gを使っていたのですが、70200のGMが登場すると若干Rでは画質に気になるとこも出て参りましてん。さりとて70200GMの1.5キロを試合中抱えるのもちょいとねえと思っておったところ。

sony α7RIIIとFE 24-105mm F4 G OSS SEL24105Gの登場ですがな奥様。

プロレスのために生まれたのでは?と思わせるほどのスペックで。好みの選手のアップを撮りたい!てんなら70200一択だけど、引きで試合を撮りたい場合は24-100だよなあと思う。

広角でプロレス会場っていったことないんですが、場外乱闘とか客席から登場の飯塚さんとかタイチはねー便利。客席登場と場外乱闘は露出でちと急対応必至ですが。

ちなみに今回は顔認証を内藤、ヒロム、EVIL、SANADA、オカダ、飯伏、川人、小松、田中、念のためタナ、の順に設定。BUSHIはもうマスクが毎回変わるから意味ないかなーと登録しませんでしたが、それなりにオッケー。

つーか!タナ登場はやっぱり嬉しかったなあ。年末にタナがいないというのはタナもどんな気持ちかしらと思っていたので、ちょっとホッとしたものよ。髪の毛は見慣れるかしら見慣れるかな。ちなみに数年前の年末のタナはこのへん。ちょうど曲変える予告かー。

ただプロレス会場で顔認証はちょっとねーという話はまた改めて。

あとリングポストそばにテレビカメラというか動画のカメラが立って選手が見えんわー!ということが多々ございましたので、そろそろ望遠レンズでの撮影でお願いできないかのーと思った。

ので、今日の一枚は内藤哲也。『Road to TOKYO DOME』でオカダとバチったあとの顔。家人のリクエストで前日に三年前の1.4の対オカダ戦を見たばかりなので感慨深いなあ。
f0212049_00412371.jpg

ちなみに相当切り出し御免です。これを撮って出しで決めたいならいっそ400mm買っとけとおすすめしちゃいたいわ。

ところで今日発売のロスインゴのスポーツアルバム買ったけど、ミラノさんがロスインゴのメンバを評するのに「キュンキュン」を連発してて面白かったぞ。ミラノさん解説でも「サイッテー」とか女子っぽいのでゲイ疑惑を抱いていました…という話はウチの生徒さまにはツボらなそうだなあと思うのでこの辺で。

とはいえα7RIIIの連写とか顔認証とかバッテリーの持ちっぷりとか、続くわよ続いちゃいますよ。

プロレスネタついでにプヲタさんに、ベビーフェイス当時の内藤。
f0212049_00504060.jpg
この頃は内藤をあんまり好きでなくて「ちんちくりんのジャニーズ」と評してましたホホ。曲もファイトスタイルも変わってないのにカッコよくなったなあと思う。

それはさておき今日は恋フォト(6)!みなさま紅茶のしずくを撮ることできたらプロレスも大丈夫ですからっ!つーてもなんの訴求にならなそうだけど、まあ頑張りましょー。

■今日の機材
ボディ:sony α7R III

特リンでしか見ないわ!っという方にはオススメのセット。

その他のさいとう常備ボディ、レンズの作例はこんな感じで。

■レンズ毎の作例

初代α7からS以外は全部制覇ってマニアかわたしは…


Batis18mmはまだ私物化しておらんのだ…R3でBatis18mm貯金がスッ飛んだのだ<…

by ori_tarte | 2017-12-19 00:44 | スポーツ、飛行機 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり
カレンダー