NEW POST

「キャー!寄れる」って、どんだけ耐えてきたのだEマウントユーザよ!Sony α7RIII + Sony FE 24-105mm F4 G OSS(SEL24105G)とSEL55F18Zの比べて作例

昨日、インスタグラムでのこと。

Sony FE 24-105mm F4 G OSS(SEL24105G) で撮影したデータとしてクリスマスコーデ用のヘクセンハウスの写真をアップしたらば、

ライカユーザでもありソニーユーザでもある清水朝子さんが「こんなに寄れるの?!」と驚いてらして。

同じ写真で、生徒さまも「寄れるんだ…」とつぶやいてらして。

はたまたフジヤカメラさんで開催されたニッシンさんのイベントで触った生徒さまも「よ、寄れる!と感動しました!」とおっしゃってて。

ソニーユーザ、どんだけ耐えてきたやねんと。

そりゃ確かにいかなるレンズも最短撮影距離があるとはいえ、55mmもバラマキ50mmもプラナー50も、もう寄れなさっぷりハンパなくて。

50mmマクロは寄ることできるけどジーコ氏だし。さりとて換算50を切るとテーブルフォト向きかっつーとちと微妙で(といいつつフォクトレンダーの40mmは、いい!マクロ60mmとかどうなのよー)。

もちろんレストランでない場合、90mmマクロという選択肢もあるのはあるんですが、マクロだけにモノによってはカリカリとした描写がキッツいなーと感じる事もあるので、そしたら100mm?でもいい加減単焦点ばかりにホイホイ諭吉を投資するのもねーと思っておったところ。

Sony α7R II + Sony FE 24-105mm F4 G OSS(SEL24105G) なのであるよ。

最短撮影距離はいままでの換算50mmのソニーレンズが50センチ前後のところ38センチ。でもってそいつを望遠で撮ると、アラいい感じに近づけるじゃないですか。しかも描写が柔らかい。
f0212049_22040000.jpg

あらあらあらあら…
f0212049_22055210.jpg
さすがにこれぐらい引いたほうがボケも落ち着くっつーか。あとソニー純正のワリにほどよくコッテリしててカールツァイスのLoxiaやBatisのコテコテ描写が大好きなわたくしもこれはけっこうアリアリな気がしてきた。つーてもテイストに関しては色んなとこで何枚か撮らんとわからんけど。
f0212049_22061081.jpg
そしてちなみにSonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)の寄れなさっぷりったら…もちっと寄れるような気もしなくもないけど…こんなに寄れなかったっけ???というほどに寄れん。
f0212049_22094086.jpg

わたしはトリミングしちゃえば派ですが、確かにこの寄れなさっぷりで撮って出し派はそりゃストレスも溜まるだろうさと改めて思った…いやホントにこんなに寄れないっけ???えー?????

上から105mmで寄ったふうに切り出すとこんな感じ。描写は好きなのよねむしろ。105mmに比べるとアッサリスッキリ。
f0212049_22110661.jpg
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)で切り出し、もいっちょ。うん、スキスキ。
f0212049_22122926.jpg
デザイン素材として見るクセがあるので、切り出し御免は気にしない派ではあったけど、こうやって見ると、なんか寄り切る方が、被写体に集中して撮っているわワタクシという気がしなくもなく。

うーむ、24-105mm、しばらく一本勝負しましょうかという気配ではある。

しかし、新しいボディとレンズならいっそ外に出て撮りなよ旅に行きなよ、と言いたいとこでしょうが、なんか冬なのでコモリになる気配。撮るっつーても庭かな庭かも。

■今日の機材
ボディ:sony α7R III

その他のさいとう常備ボディ、レンズの作例はこんな感じで。

■レンズ毎の作例

初代α7からS以外は全部制覇ってマニアかわたしは…


Batis18mmはまだ私物化しておらんのだ…R3でBatis18mm貯金がスッ飛んだのだ<…

by ori_tarte | 2017-11-27 05:00 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり