NEW POST

レンズに恋をしろ!sony α7RII + コシナ Eマウント「フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical」でF2 vs F5対決作例

2017年10月5日発売のアレをsony α7IIを愛用の生徒さまが購入なさいましてん。
ちゃっかりお借りしてsony α7RIIで実写してみました、本日。

それはさておき、外観はこんなで、非常にコンパクト。
f0212049_23441127.jpg
重いか軽いかと言われると純正55mmよりは重いけども、500g切るならまあまあかしらんといったところで。まあ金属ですし?

マニュアルフォーカスオンリーですが、Loxiaもだけどフォーカスリング使いやすい。
てか、Loxiaよりも引っかかりがあって初心者さんも楽しいと思う。

なんつったってカメラおばちゃんもといカメラ女子の大好物、F1.2ですよ?

とはいえ、安パイ狙ってF2.5で一枚。
1/160、F2.5、ISO800
f0212049_23341097.jpg
F2.5の30%縮小はこんな感じで、リボンの織りからボケてく流れが美しいことよ。
f0212049_23342782.jpg
もちっと絞ってF5くらいが好みだな私は。
1/50F、F5、ISO800
f0212049_23341749.jpg
F5の30%縮小はこんな感じで、絞り倒すと何もかも美しー!!!
f0212049_23354758.jpg

あんまし美しいので皿のアップも
f0212049_23354302.jpg
細いエッジも拾う拾う。
f0212049_23355201.jpg

印象としてはツルトロキリッ。

基本なめらかではあるんですが、鋭いと嬉しいなってトコをキリッと描写してくれるので気持ちよい。たっかいレンズのボケまでのなめらか加減ハンパネェと申しますか。

たっかいつっても実勢10万切るくらい?MFでもオッケーオッケーなら一本あっても悪くないレンズだと思われ。純正の40mmまだないし。

このレンズだとα7RIIのツヤツヤ好きがまたいい感じに増幅されるなあという印象ですが、明るい場所のふわっふわ作例は暫時待て。なんっかド開放だとクセがあるんですよ。

仕様としてはこんなん。

■コシナEマウント フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical
最短撮影距離:0.35m
最小絞り:F22
レンズ構成が6群8枚:
絞り羽根枚数:10枚
最大径x長さ:70.1x59.3mm
重量:420g
フィルター径:58mm

しまった同じ構図で55mmとかLoxiaと撮っておきゃよかった…

その他のさいとう常備レンズの作例はこんな感じで。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
レンズ:コシナEマウント フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

Eマウントの換算50mm前後、増えたなー。
レッスンでもよく言ってたけれどサードパーティのレンズが豊富になる時ってのはそのマウントが市場で勢いがあるってことだと思ってる。


by ori_tarte | 2017-11-19 00:00 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり