NEW POST

sony α7R IIIの到着を待ちながら、2013年発売のα7Rと55mで描く、宇都宮の秋。

だってα7IIもα7RIIも持ち歩くには重いんだもんと言うたらレフ機ユーザさんに怒られますが。

しかしわたくし、大荷物が予測され、かつ「失敗してもいいや」て時のボディは初代α7R一本勝負。

「失敗してもいい」てのは、仕事でもなく作例をガツガツ撮らねば!みたいな日でない、という意味ですが。なので飲み会とかでは案外シレッと初代君ことα7Rを持ち歩くこともある。予想外に見場のよいごちそうの時に「最新機種にしときゃよかった…」となる時もなくはないけど、まあRならいいかと。いや人とか撮らないけどね。

ので、益子陶器市の二日目は初代君だ。

ところでα7R、軽いので外歩きにはわりとホイホイ使うのですが4年前の機種所以に「ま、ソコソコでしょ」と思いながら使っているのですが(ごめんよ)、今でもたまに「なんですと?」という描写を繰り出してくる、秋の夕暮れを朝っぱらから失礼。
f0212049_00015433.jpg
シャッター音うるさいし、画素数少ないから切り出し御免よか撮って出し優先だし、歩きながら手持ち1/30でも油断してるとアッサリ手振れするしの困ったちゃんですが。いやα7II以降は1/20でもイケちゃうので、ついねー。

動体にはもう絶対に向かないし、暗い場所も後継機に比べるとなんともかんとも…ではあるのですが、そのへんのデメリットもある程度知識と技術がある人ならなんとかクリアできちゃうんじゃないのじゃじゃ馬ボディではある。

といいつつ、今日のレッスンはボディもレンズも金に糸目をつけないαガールズな生徒さまたち(複数!)がいらっしゃる日なので、sony α7RIIIの話題に花を咲かそうじゃありませんの。恋フォトラストですが、構図にいらっしゃる場合はそのまま次の予定を確定しませう。

■今日の機材

わりといいコンビだと思うのだけど、α7RIIIのサブとして使うかはバッテリー問題がなー。

by ori_tarte | 2017-11-06 05:59 | 風景写真 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり
カレンダー