NEW POST

sony α7RIII + FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G作例。旅とテーブルフォトを愛する人に嬉しい、寄り切れる通しF4。

私個人はsony α7RIII、浮かれて買う気満々とはいえ、じゃあ生徒さまに全力でおすすめするかっつーと「動体撮らないならいらんくね?」と思う。

自然光テーブルフォトばかりの方には正直オーバースペックで。

もちろん画質としてはR2よりも感度対応も瞳AFの確度もあげてきてるし、ピクセルシフトかましたりとか、テザー早いとか、ストロボで連写できるとか便利は便利なんですけど、どっちかてぇとガチプロ仕様に寄せて来た感じなので。自然光日中派には無用…かなと。

いやでも子供撮るのは最強だな今回。あ、犬撮りな人も多いんでしたウチの教室。

それはさておき、テーブル派には、むしろレンズSEL24105Gのがツボるんじゃないかなと思った次第。

というのもソニーのレンズで毎回ブーイング食らうのが、「55mm、寄れませんっ!」でございまして。

じゃあ、たっかいお金出してプラナー買ったら解決するかっつーと、これまた最短撮影距離45センチとどっちもどっち感があって。だいたいプラナー重いし!いやそもそも値段と最短撮影距離は比例しませんけどね。

さりとて90マクロを持ち出すのもどうよとなるのである。家ならいいけど、あれ外ごはん、無理だから。てかレストランで出したら顰蹙だからさすがに。

なので、撮って出し派には50マクロをおすすめしてはおるのですが、もうちっとこう寄れるいい感じのレンズはないかねえと思っておりましたところSEL24105Gですよ奥様。

どんくらい寄れるかっつーと、これぐらい。ちょっと絵面的に8割くらい切ったかな。
f0212049_16524076.jpg

こちらはほぼ撮って出しサイズですよ。
f0212049_16523614.jpg

最短撮影距離は38センチながらも最大撮影倍率0.31倍で寄り寄りできちゃうそうな。そんでもって105mmでも常に寄ることができるらしいので、こんなん撮ってみた。しかしインナーフォーカスでないので、これまたレストランでは顰蹙か…手早くいこう、テヘ。
f0212049_16521047.jpg
とにかく今回感覚的に寄って撮ってもストレスがなくて!

寄ることができる以外になんでオススメしたいかっつーと、24mmでも105mmでも常にF4てとこで!フルサイズだったら十分でないかしらん?フルサイズで開放とか、アホみたいな絵面になってまうので、これぐらいでいいと思うんよねー。

しかしカメラの話は別として。

今回のソニーさんのディスプレイ、いい!すごくいい!んですのよ。

なんかねーカメラ業界って基本、男社会だからですかしら。CP+とかメーカーさんの雑貨の作例って「女子写真なら、マカロンとガーベラ置いておけばいいと思ってる?」てな感じで。正直ダサ!と思う率が高い。100均とか変な色のクロスとかスパンコールとか、色とかどうなのコレ?てなテーブルフォトエリアが多いのでガックリくることも少なくなくて。

いつまで古い色のガーベラとマカロン使ってるんじゃーい!と。

なので今回、あの3時間の代々木上原会場、あの時間帯でモデルさん以外の女子(年齢不問)はわたくししかおらんかったにも関わらず、雑貨のセレクトがめちゃくちゃ気合入っててテンションあがったあがったあがった!!

なんちゃってアンティークなレプリカでなく、きちんとしたヴィンテージアイテムで、どなたのご趣味なんじゃろ??というぐらいセンスよかったですわ。現地では「K川じゃないですか?」と伺いましたが、K川さまブラボー!

というわけで、テーブルフォト向けのレンズって、各社さん、いまどんくらい軽くてどんくらい寄れるのかなリスト

表にするのがめんどかった…ので走り書き状態で、ごめん

【2017年秋 独断テーブルフォト向けレンズリスト】

・CANON EF50mm F1.8 STM 160g 実勢1万円 0.3m
・CANON EF40mm F2.8 STM 130g 実勢1万円 0.35m
・CANON EF50mm F1.4 USM 290g 実勢1万円 0.45m
・CANON EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM 190g 実勢4万円 0.13m
・CANON EF35mm F2 IS USM 335g 実勢5万 0.24m

・ニコン Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8D 0.45m 実勢1万円 0.35m
・ニコン AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 200g 実勢2万円 0.3m

・オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 137g 実勢2万円 0.25m
・パナソニック LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH. H-H025-K 125g 実勢2万円 0.25m

・富士フイルム フジノンレンズ XF35mmF2 R WR 170g 実勢4万円 0.35m

・SONY E 50mm F1.8 OSS SEL50F18 202g 実勢2.5万円 0.39m
・SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18F 186g 実勢3万円 0.45m 
・SONY E 35mm F1.8 OSS SEL35F18 154g 実勢4万円 0.3m
・SONY FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28 236g 実勢5万 0.16m
・SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z 281g 実勢8万円 0.5m
・SONY Planar T* FE 50mm F1.4 ZA SEL50F14Z 778g 実勢15万円 0.45m
・SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G 663g 実勢16万円 0.38m<New

ソニーのが多いのは全部使ってるから熟知してるってことで。

しまったオリンパスの45mm忘れてた。そういやキヤノンが35mmマクロ出してらっしゃると伺ったけど、いいなこのスペック。

まあソニーの今回の16万てなベラボーな金額はおいておいて、フルサイズ対応通しでF4でもって24-105mmってけっこうツボる焦点距離。並べてみると思ったより軽くなかったですが(笑)

取材ならキヤノン2470を買っておけと年老いた駆け出しの頃に言われたわたくしですが、70ってプライベートではちょっと使い道がなくて、「だったら50mm一本でいいんじゃい!」と単焦点派だったのですが。

100mm、微妙にイイ!
両国は無理でも後楽園ホールリングサイドなら70-200よりもむしろこれのがイイかも!
しかも無印でなくGさんてのがね。

というわけで、今日から店頭でご披露なさってると思うのでご興味ございましたらお試し遊ばせ。

■今日の機材
ボディ:sony α7R III

24-105mm、焦点距離的にはあらゆる場所で無敵感ありますが、映りがどこまで好みか、果たして。

by ori_tarte | 2017-10-31 17:01 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり