NEW POST

Canon EOS Kiss X6iを胸に「命尽きるまでっ!!」と言い放ったSさんの話

バッテリーの命な。

本日の色彩学、毎回落ち着いて静かに撮影してらっしゃるSさまが、珍しく「バッテリーがない…」と焦りぎみで。

代替機としてsony α7Rをお貸ししたのですが、「半押ししようとしてるのにっ降りちゃう!!」と、珍しく苦戦。

過去の構図レッスン写真からNEXを引っ張り出してみたけど、ミラーレスはちっちゃくするが所以にシャッターストローク浅いんかな。ちなみにソニーはα99 IIでレリーズストロークサービスやってらっしゃるので、こだわりマニアはゴウ。
f0212049_19022256.jpg
レリーズストロークはさておき、α7Rに苦戦のちキヤノンに戻ったSさまであった。

ほんのすこーしだけバッテリーの残った自前のCanon EOS Kiss X6iでしたが、案外もちましたの撮影枚数23枚。講評が終わっても撮ってらしたので、超連写とかでなければ30分くらいは余裕でもつかもしれんキヤノン。

てか、キヤノンやオリンパスに関してはバッテリーがエマージェンシーエリアになっても実はあまり焦ったことがない。よほどガツガツしろくま撮り続けるとか飛行機撮り続けるとかでなければ、風景撮って「あー夜ごはんでギリかな?」という感じ。いや台風の中しろくま1時間撮っても1個で余裕だったぞ初代オリンパスOM-D E-M5。

いずれにしろキヤノン、オリンパスのバッテリーはプライベート旅で終日撮り倒してても2個持っていれば事足りたんですが、ソニーになってから焦る焦る。最近はデフォルト4個とモバイルバッテリー。せんだって「僕は12個だよ!」と言い放ったソニーユーザのカメラマンがいらしたけど、お気持ちは、わかる。

ソニーのバッテリーがもたない最大の理由は五軸手振れ補正だっつーのはHさまから伺っているけど、ワタクシNEX時代のもたない理由は液晶の画質に気合入れ過ぎ所以だと疑ってますのん。いや異常にカラーだし!ミラーレス自体、ちっちゃいテレビ持ち歩いてるようなものなのにフルカラーにしてどうする!と。

とまれ「ヤバい!もたない!」となったら、ライブビュー切ってWifi切って、省電力モードで、がんば。

バッテリーといえばそろそろ寒くなってまいりましてん、バッテリーが減りやすい季節になりますが、バッテリーをタオルでくるんでそのまわりホッカイロ、ぐらいでカバーしておくとある程度フォロー可だそうな。

だそうな…というのはさいとう、雪でソニーといえばせいぜい吹雪の二子玉川高島屋とかぼたん雪の鎌倉で半日撮影したぐらい。カメラよりも人間の忍耐がもたなかったので、カメラのバッテリーは雪で「ギャー減った!」という経験がなく「なんか減りが早っぽいわねー」ぐらいなのだ。

とはいえ生徒さまから美瑛で30分とか氷雨の奈良でもあっという間に減った話も伺うので、バッテリーはほんのり暖めてあげてくだされ。ほんのりですよほんのり。ホッカイロ直撃しちゃイカンですよたぶん。耐熱40度のはずなんで確か。

いずれにしろ寒くなると結露のち凍結ガシャコン対策とか、ちと面倒ですが、がんば<…

ところで、昨日記載した、益子陶器市の開始の日付間違ってました!11月2日(木)スタートだそうです。んで、さきほどごはんしながらなんとなくなしくずしにフォト遠足決まりました。少人数でもいきますよったらいきますよ。真岡鉄道、いっぺんガチ撮りしたかったのですが、陶器市の物欲に耐えられるか否か果たして。


by ori_tarte | 2017-10-14 19:11 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり