NEW POST

写真映えスイーツと食器:パティスリー・パリセヴェイユ (patisserie Paris S'eveille)のスペキュロスをポーリッシュポタリーで。

せんだって生徒さまに頂戴したパリセの菓子はベルギーやオランダで食べられるスパイシーなクッキー、スペキュロス。

本来は「ミラのニコラオスの日」に食べる菓子だそうですが、何故か自由が丘パリセヴェイユで出してらっしゃるという不思議さよ。昨今、ベルギーでは普段でも食べられるとのことで、日本ですとコーヒーショップなどで添えられることも多いロータスクッキーもスペキュロスだそうな。

しかし自由が丘スイーツ界の頂点と言ってもよい『パティスリー・パリセヴェイユ (patisserie Paris S'eveille)』をありがとうというかごめんというか。いや嬉しい。

自由が丘の場合、焼き菓子限定で言うとブルームスもございますしいちいちランキングつけるのも野暮ですが、私的に総合的なパティスリーのトップはもう断トツ金子さんなわけですよ。ここ数年、イートインの撮影が不可なので、もっぱらテイクアウトですが、年々マイナーチェンジしているので、同じメニューだと思ってても食べると「あれっ」と油断ならん。

レッスンの帰り道にでもお立寄くださいませ。ただ店内では撮影できないので、テイクアウトにしておうちで撮るのもアリ。完璧に動かないように包んでくれるので、移動してでも是非に。

というわけで、パリセのスペキュロス。同系色のポーリッシュポタリーに乗せてみました。「ザクワディ・ツェラミチネ・ボレスワヴィエツ(Zakłady Ceramiczne "BOLESŁAWIEC”)のプレート。
f0212049_18103492.jpg

ポーリッシュポタリーブームも一旦落ち着きました昨今、個人的にはかわいい!と思ってもなかなか今までの食器に取り入れづらくどうすべ??と思っていたのですが、このラインは凄く使いやすい!

もともと厚みとかは好きなので揃えてしまいたいほどですが、揃えるとそれはそれでフォトレッスン的に大変なので、熟考。

でもかわいいよ。クリスマス菓子のせると似合うかもなーと目論んでます。

というわけで、明日はひさびさ光レッスンです。雨模様ですが、お足許お気をつけて…

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
レンズ:ZEISS Loxia 2/50

MFでノー三脚で俯瞰…さすがに三脚使ったほうが効率よかったかもー

by ori_tarte | 2017-10-12 18:14 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり