NEW POST

今日の女子フォトショップは花柄を足したり暗い写真を明るくしたり、後から考えてもいいじゃないのの加工前と加工後。

iOS11の表示がアレとかコレとかの不具合を聞いて「ブラウザチェックで気が狂うわ!」と思ったわたくしですが。FaceBookあたりはもうSafari切り捨てなの?というぐらい潔い事してますが、ユーザサイドからみるとそれはそれで不便なことよ。

21世紀初頭あたりで紙ベースの長い方がwebにキャリアチェンジした頃、ブラウザチェックのタスクをみて「webなんかやってられっかー」と半切れなさってましたが、あとからいじれるwebはwebで緩くて面白いんだけどなあ。

というほどに、ディスプレイとか液晶なんざ、所詮流転するものなので。

写真の明るいとか暗いとかも、「これじゃなきゃ!」と思い詰めなくてもいいんじゃないかしら?と思うわたくしである。

紙出力は一発勝負だから気をつけたいけども。

というわけで、今日の一枚というか二枚は生徒さまが撮影なさった写真をお直しした一枚のお直し後。
f0212049_11315970.jpg

お直し前もそれほど嫌いじゃないんですが、事例として左上の板を布ってみました。
f0212049_11321235.jpg
ちなみにレッスンでガチに…というよりも研究科さんが講評のついでにさらっと撮ったものだったりします、どーだこの迷いのなさっぷり。

ちと曲がってるのは写真のために置いたのを撮ったわけでなく、なんとなく避けておいたのを撮ったからで、生徒さまに罪はない。

そしてα7でもなく、α6000と神レンズ50mmの組み合わせ。こうやって見るとイケるなあ。そして研究科さんはα6000台が多い…ということに気づきました。

まさに、弘法、筆を選ばず。

もいっこ生徒さま自慢しちゃうけど、せんだってのパフェフォトでちっと思ったのですが、ラ・フォト自由が丘で受講してくださってる方は最初からピンも露出も外さない率が高い。

テーブルフォトはスピードを要求されるものではないけれど、迷ってたら溶けちゃうとかカプチーノの泡が消えてしまうとか、そういうこともあるので、テーブルフォトとはいえ、撮影はやはり手早くしたいとこです。

あ、同じモチーフの露出違いがこっちに。


なんでもかんでも明るけりゃいいってもんじゃねぇぞ、って言いたかったので両方ご覧いただけると嬉しい。


by ori_tarte | 2017-10-07 11:37 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり