NEW POST

カメラ片手に今日は何話す?ってカメラと写真以外に何を話すんじゃい!というわけで、さいとう社交界は手短に、濃厚。

や、老い先短いので、社交は手短に濃ゆくいきたいなと。

手短に…て言葉はよくないわね、と言いながらもワタクシ社交相手に「後腐れない」とか使うけどそこはそれで意を汲み取ってくださる方にしか使わないという話はどうでもよかですな。

ところで。

フォトレッスンにはじめていらっしゃる方からよく頂戴するご質問のひとつに「レッスン後にどんな話をするんですか?」とか「どのくらいの年齢の方が来てますか?」つーのがございましてん。

なんでそんな事お聞きになるんかなーなどと最初の頃は思っておったのですが。

いわゆる自宅教室系の雑談て、うっかり育児話とかお受験の話になったりするとこもあるらしく。

わたしも今だから言えるけどー、いっぺん生徒として初めて伺った教室で、自分以外の生徒全員先生のママ友っつー自宅教室あるあるで。某ガッコの内部進学の進級できんのできないの?てな話題が延々続いた時には「早く帰りてぇ…」と思った。いやネタとして「ウチの子アッタマ悪くて〜」とかならいいけどナントカ先生がどうとか今期の授業がどうとか知らんし興味ないし。

いずれにしろ、そこはさー先生が気が利かせなよと思うよわたし。

しかもそれ自主的に申し込んだんでなくて、先生するから誘われたんだってのも、思い出したぞ。誘っといてその仕打ちはないよなあと思う。いじめとかでなく気が利かないだけだと思うけど、まあいちいちクレームとかアドバイスとかせんけどな。

振り返ってラ・フォト自由が丘の年齢層、下は22歳、上は85歳…かな?だいたい5名さま構成ですが年齢近しいクラスもあるけど基本バラバラ。年齢が離れてるとかだけでなく、写真以外のお洋服のご趣味とか生活パターンとか見事にバラバラやなーとか思うけど、わりと皆さんがお話に参加しやすい…んじゃなかろうかと自負しとります。私が気が利くかはどうかは別として、あんまし一人が喋くり倒すとそこはぶった斬りますので、よろしく。

いずれにしろ話すにしても、カメラと写真が中心で、でも作品論というよりももうちょい「レストランで立つ立たないは許せるか否か」的な話とか「レンズ軽いほうがいいよね」とか、「チーズケーキよかタルトのほうが写真映えするものー」とか。あとは写真に付随する本とかドラマとか映画とか旅とか…そんなんかな?

それはさておき。

本日、ライカ写真展以来の清水朝子さんと近所でランチしましてん。ソニーの集いでお会いする度にランチしたいねとお話してて。

こういうお誘いは社交辞令抜きでやるぜあたしゃ!という気合でいたところ「明日どうかしら?」とご連絡頂戴し、ご案内したのは奥沢のフレンチ、ラ・フィーユ。数年前ラ・フォト忘年会で使ったビフグルマンなあそこである。

泡で、乾杯だ。
f0212049_01211042.jpg
昨年腱鞘炎やらかしててあんまりナイフフォークな店は避けててホントひさしぶりですが、料理、ガチうまでございました。ので、腱鞘炎の開腹した今年は、ふらふら一人飯してますたぶん。

さて、清水さんとわたくし。

同年代カメ女対決…というには年代と性別しか共通項はなく、キャリアもフィールドも全然違うけれど、ソニープロサポの忘年会でお会いすると品川のブルーボトルコーヒーでノンストップ2時間喋り倒して「じゃっ」みたいな感じなので楽しい。

ので、今日もノンストップ2時間ちょい喋り倒して「じゃっ」てな展開は予測しておったのですが。

清水さんといえば、ソニーも使うけどライカも使う方なので「そもそもMを私使いこなせる自信ないッ!」つったら「S子ちゃん(朝子さんはライカのSをS子と呼ぶ)とかSLがいいよ!」とかおっしゃって「いやそれ投資回収できないからアタシッ」とか、撮影の時は長靴よねーユニクロの持ちはいいよねーとか。

カメラと写真の話なら、何杯でもイケる人が好きなのだわたしは。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
レンズ:ZEISS Loxia 2/50

朝子さんもわたくしもソニー純正レンズだと55mmラバー。

by ori_tarte | 2017-09-27 06:18 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり
カレンダー