NEW POST

カメラが恋する京都:伏見濠川の寺田屋に向かう十石舟を撮りながら香取慎吾バージョン『新撰組!』を偲ぶ

伏見で偲ぶなら『龍馬伝』だろコラ!という気もしますが、昨日スマステ終わったことですし、ゲストが山本耕史だったこともあって、なんかこうしんみりしちゃってね。

私語りで恐縮ですが、『新撰組!』は私にとっては大河ドラマをひさしぶりにみようかなと思った最初の大河ドラマで。

無名の青年が新撰組局長近藤勇として最期を遂げるまでの成長っぷりが、当時役者としてはまだまだ青臭さの残る香取慎吾が錚々たる役者に囲まれて、最終的に「ドラマの顔」として堂々と引っ張ってゆくさまと美しくシンクロしてゆくのを楽しむという、恐るべき三谷幸喜アテ書きマジック。山本耕史演じる土方歳三が近藤を叱咤激励するとことか、ちょっとリアルと重なってていいよねいいよねー。

とはいえ、もちろんお気に入りは山南さんの回ですともHDD録画したのを10回くらい見てますとも。

鈴木砂羽さんの明里は、生命力を感じさせる肉感的な体躯で堺雅人を圧倒するほどなのに、可愛らしいアホさ加減で、でも実はカンがよくて健気で、泣ける、ガチ泣ける、てか、書いてて泣けてきた。この時の山崎さんもいいんだよー!と、わたくしたぶん『新撰組!』と『平清盛』に関しては全話、語っちゃうのでこれにて。

てなわけで、伏見にて寺田屋のそばの橋で舟を待つ待つ。撮影中、つきあいきれない同行者は酒蔵見学へ向かったカメ女あるあるですまん。

でもって20分くらい粘らないとダメかしらーと覚悟してたらいきなり来て驚いたの図。MFがんばれわたし。
f0212049_10135998.jpg

外観クラシックだけど、中身モーターボート?? 思ったより速度があるので、レンズ変えるとか構図決めるとか、暇ありゃしねぇの一瞬でした。次の通過を待つほどの熱意はなかったわたくし。

ちなみに濠川を通るのは、十石舟、三十石船ですが、基本的に4月~11月で、その中でも決まったお日にちしか通らない、という感じなので詳細は公式サイトでご確認ください。


■今日の機材
ボディ:sony α7R II
レンズ:ZEISS Loxia 2/50

このレンズで前後移動の動体をはじめて撮ったかもしれん…フォーカスリング動かすのに忙しくて連写も忘れてたテヘ。

by ori_tarte | 2017-09-24 06:38 | 風景写真 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり