NEW POST

カメラが恋する滋賀:『ラ コリーナ近江八幡』は「商い・社会・未来」を語る…て、商いってあたりが近江商人だ!

わたくし、何かをスタートする時に「お金のことは考えてないの♪」って理想論だけで語る人はちっと警戒します。

なので、『アオイホノヲ』でムロツヨシさんが演じた「食いっぱぐれがないッ!」の山賀博之は大好きだなーと。しかし『直虎』といい、ムロさんは守銭奴役なのか最近。

それはさておき何かをスタートする時に

「お金のことはいいのよ〜」

というタイプは、

「お金はどうでもいいの、だからあなたも私にタダで奉仕してね」

という意図が含まれているので、気をつけないとイカン。

ボランティアっつーのは主体的にやるのはかまわんけども、本来は有償で業者に頼むべき業務を、「みんなで作業するって楽しいでしょ素敵でしょ」と甘く囁いてタダで奉仕させるってハラは「オマエの理想郷作りかっ」と、気に食わん。まあ喜んでやっちゃうほうもおめでたいとは思うけども。

ところで『ラ コリーナ近江八幡』は、言うまでもなくバウムクーヘンのクラブハリエ、和菓子のたねやの総本山ですが。

広大で美しい自然に囲まれた空間は、基本的に無料開放で、菓子メーカーながらも、原材料となる農作物、環境を考慮し、無理することなく持続可能な活動を作り上げ、サスティナビリティを思想の軸とした『NELIS』のスポンサーでもあるという、企業体の理想!

『ラ コリーナ近江八幡』が企業としての理念の体現かつイメージ戦略として成功させつつ、従業員への福利厚生、ユーザに対してもエンタメしているので、来訪者も買い物や飲食を楽しみ、結果として経済活動が循環しているという素晴らしさ。

単なる「保養施設」「無料サービス」ではなく、きちんと対価を得る仕組みにしつつ、成功した大きな企業体として理想的な空間を作ってらして、ビジネス目的で来訪してる方も多々見かけましたん。

お金を持ってる人はこうあるべきだと思う理想を拝見したですよ。

f0212049_01551625.jpg
ジブリぽいなーと思いつつ、ジブリ美術館より、かなり洗練されたデザインとサーヴィスだと思ったごめん。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
レンズ:ZEISS Loxia 2/50

85mmと迷って、Loxia。



by ori_tarte | 2017-09-18 05:42 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり