NEW POST

カメラが恋する新日本プロレス:G1 CLIMAX 27 棚橋散る!内藤哲也、決勝へ。sony α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS(SEL70200GM)

はいフォトレッスンの生徒さま的には一部にのみ人気のプロレスネタが続きますよ三日間。

昨日、新日本プロレス、G1 CLIMAX 27、両国国技館大会Aブロック決勝でしてん。内藤哲也ですよ…といいつつ棚橋写真。

最近、棚橋の闘いっぷりがちっとヒール入っててねー対内藤だと特によかったんですよ。
f0212049_01485374.jpg
やはりプロレスは感情を爆発させてこそ、華。
やっと喋るようになったEVILさんが楽しみなさいとうです。

ところで、この日の両国枡席、砂かぶり席ギリギリの席でございましてん。観覧にはひょっとしたらタナとハイタッチできちゃうかも?というほどの位置なので美味しいのですが。でもって枡席は機材を遠慮なく広げられるから好きなんですが。

今回、レンズを70200GM一択にしたらば、入場をバンバン撮ることできる場所で、55mmあったほうがよかったんじゃあ…という結果になりもうして。

ので、プヲタのみなさま、升席ならば換算50mmもお忘れなく。場外乱闘は50mmのがいいしね。

枡席後方だと70-200は大活躍なんですけどね。砂かぶり周辺は70mmでもはみ出すはみ出す。飯伏なんざ、入場でやたら元気過ぎて画角からはみだしたわい。

そしてエキサイトブログ「私のお気に入りの夏ショット!」にしてみましたが、大顰蹙間違いなし。いや、闘いサマーですよエキサイトブログさま!

■今日の機材
ボディ:sony α9

帰りのごはん写真用にLoxia持ってたぐらいで、ボディはα7RIIとα9のみ。だというのに、70-200のGさんだけで腰ゆわすわ。枡席はノー三脚持ちっぱなしでもギリ大丈夫でした。

しかし画質はα7RII並だし、連写凄いし、コマ数ミディアムつーかミドル?てか二番目に偉い早さに設定しても全然イケる。AFのキャッチが素晴らしいので慣れるとなんか撫でるように撮る感じ。

そういやシャッターの感覚がα7RIIとちっと違うなーと感じましたがカスタマイズできるんよね確か。


by ori_tarte | 2017-08-12 06:44 | スポーツ、飛行機 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりのブログ


by さいとうおり
カレンダー