NEW POST

外ごはん写真は換算50mm。よって、ZEISS Loxia 2/50を持ってベトナム。

二子玉川のな。

かなり利用してても言っちゃいますが、ガチベトナム料理好きの心にはちょいと物足りない上品さと無難な味付けとそれにしてはちょいと二子玉川ったら!な、金額の所為か、いつ行っても気持ちいいほど空いている店で。大人の女性ひとりが食べるにはまあそこそこ悪くない店ですが、アジア飯好きな人は連れてかない店だったりしますごめんよ。

個人的に最近食べたベトナム料理ヒットは有楽町イトシアの地下のバインセオ屋で。あそこはお安いし青パパイヤどっさりだしサイコー!といいつつ、旅においてはバイクの激しい横断の戦争の傷跡著しいベトナムでヘタレたわたくしですが、今なら楽しいかと目論んでます。ハノイのがいいっていいますがホイアン美しそうで!

それはさておき、ZEISS Loxia 2/50

これであれば、家でウンヌンよりも外ごはんでしょーと、思っておったのですが。しかし写真のための日、つーのがどうにもとれない今週で。仕方がないので移動と移動の合間をぬって通りすがりの公園とか食事とか撮ってます。

の、一枚。
f0212049_08242052.jpg
マニュアルフォーカス一択なので、ツァイスの55mmに甘やかされてきたわたくしにとってはホント難易度の高いレンズなのですが、思ったよりマニュアルフォーカスを直感的に使うことができる設計だったのは素敵発見。

ただ、ごはん写真好きにとって気になる、寄ることができるか否かっつーと55mmとどっこいの寄れない加減だったのと、液晶でMFはなかなかに厄介なのでアングルが限られるかも。個室ならやりたい放題でいっちゃってよいけど。ダイニングで立ち上がるとかは、ねえ。一目が気になる場合、もう色々甘い甘い、ので手早く撮りたい人は訓練訓練。

そーいや今回はじめて気づいたけど、α7RIIのデフォルト設定のまま使ってる場合、MFでちょっとでもフォーカスリングに手が触れてると、ダイヤルの割当って、「拡大時のフォーカスエリアの移動」になっちゃうんですね(MF拡大の時、移動しないでカンでやってたっつー。いや十字キー移動だと思ってて、手がめんどくさいなーと…)。

便利っちゃ便利ですが慣れるか割当変えないとうっかりやらかすわたくし。α7側のダイヤル割当ってデフォのSSと被写界深度に設定してるんですが、このレンズに限らずマニュアルにして拡大して露出かえよっかなーつーとあらあらあらーとやらかすので、ご注意。あとこのレンズ、マウントアダプターが鬼のように固い…ので女性ご注意。腱鞘炎再発するかと!

とはいえ、これ持ってベトナム行ったらホント美しい絵が撮れそう…と思う換算50mm。外ごはん写真派には是非一本てなレンズだと思います。シクロカフェとかこれで撮りたい…

※7月の恋フォト第一回は7月13日午前スタート…の予定ですが最終確認および微調整しとります。こちらは月曜日必須でなく、月、火、木のいずれか月イチクラスです。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
レンズ:ZEISS Loxia 2/50

開放もかわいいけど、4くらいに絞った時の山吹の描写が凄かったんですよ!というのはまた次回。

by ori_tarte | 2017-06-15 05:22 | スイーツ、料理写真 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりのブログ


by さいとうおり