NEW POST

生命を吹き込むのは、カメラではなく、自分の瞳。OLYMPUS OM-D EM1 MarrkII 生徒さま作例。

押せば撮ることができる、のがカメラではあるけれど、一方で「写真」、「絵面」、「空気」を創り上げるのは人間なので。

んで、今月の自由が丘レッスンもチーフ、リクエストにお応えしてソニー銀座で使ったデザートプレートを少しアレンジして撮影エリアを作りましてん。

ソニー銀座はリアリズムというかスイーツをきちんと撮る、というのが目的だったのでファンタスティックな要素は盛り込まなかったのですが、自由が丘は少し遊びを入れてみようかと思いましてん。

ソニー銀座のモチーフにプラスして、アイシングクッキーを模した回転木馬の木馬のようなキャンドルを置いてみたのですが。この撮り方のバリエーションが興味深くて。

今日の生徒さま作例から、一枚拝借。
f0212049_21161883.jpg

「モノ」ではなく「馬」としてというか「かわいく見せることのできる角度と光」をちゃんと読んでらっしゃるなあと思う次第。もちっと疾走気味のがあったんですが、ちとブログ用にはおさまりきれんかったのでこちらを採用。

これを昨日のフジフィルムの生徒さまはファンタスティックに撮ってらして、今回並べたらすごく面白そうだなと思いましたよわたくし。

ちなみにOLYMPUS OM-D EM1 MarrkII、星や夜景の人にはもう嬉しいカメラと評判ですが、花火にもピッタリなカメラだそうで。

今回はじめて花火(しかも船上!三脚持ち込み不可!)を撮りにいらした方が手持ちで撮影した写真を拝見したらば、凄い!ちゃんと花火だ!の写真で。今年花火撮影を狙ってるならば、購入を検討してもよろしいのではないかしらの一台だと思いました。

それはさておき自由が丘レッスン、明日は午前、風景構図講評、午後は初夏の恋フォト第二弾。

お初の方々、午後スタートですので13:30でございます。みなみなさまお気をつけておいでませ。




by ori_tarte | 2017-06-11 21:18 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりのブログ


by さいとうおり