NEW POST

人物撮影好きは、そろそろ瞳AFの精度でカメラを選んでもいいんじゃなくて? SONY α7RII + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zで桜の新宿御苑

テーブルフォトレッスンにおいては顔検出はオフっといてとお伝えしてますが。
つーか顔認証はそれほど重視していなかったわたくしなのですが。

EVFだけでなくOVFにおいても瞳AFの精度があがってる昨今、おひとりだけ撮影、の時にはけっこう重宝しております。メーカーさんによって瞳検出の速度や機能は異なるので、お試しアレイ。α7シリーズは犬でも使える!と、馬場先生がおっしゃてたそうな。てか6000シリーズでも使える…てか犬は6000のがいいたぶん(笑)

瞳検出のロジックは点3つなんかなーと思ってたけど、犬でも使えるっつーのはどういうことだかもちっと知りたいわたくし。光彩とかは…サイズ的に難しそうだし。

それはさておき新宿御苑の長谷川みつかさん再び。

30分ほどの撮影なので衣装替えはナシでしたが、案外ヒットが多かった『&Flower』 桜の巻。ブログにここ2日ほど掲載のほか、ポートレート用のインスタグラムの方にアングル違いを6枚ほどアップしておりますが、なんかアングル違いでもヒットが多くてキリがない…やっぱりここは12か月まとめて写真展か。

ちなみにこのへんはノー補正なんだー
f0212049_21214842.jpg
引き続き、薔薇、紫陽花、ブーゲンビリア、ハイビスカス、向日葵、かなーと思ってたけど、藤忘れてた!みたいな、日本ていいね。

個人的にソニーで瞳AF使うなら90マクロとかこないだ出た100mmと一緒のが使いやすいかなーと思ってますが、フットワーク優先のわたくしは55mmを愛す。

50mmプラナーみたいな描写の100mmが出ないかな出ないかな。


■今日の機材
ボディ:sony α7R II

コンパクトであるが所以に50mmプラナーとか100mmのGMとかに色々足りない部分もあるけれど、この軽さでこの描写はもの凄く好きなんですよ。やはり2本常備か。



by ori_tarte | 2017-04-03 21:31 | 人物撮影 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりのブログ


by さいとうおり