NEW POST

CP+ 2017:オリンパスブースで泣いた話とOM-D E-M1 Mark IIとsony αシリーズのスペック比較

動体撮影でsonyと比べるならα6500だろ!という気もしますが。
いや、案外頑張ったねα7RIIみたいな記念もアリ。

つーかね!オリンパスさんで撮らせていただいたバスケットボールの写真がどーにもこーにもイカンくて。

写真としてはなんつーかハシにもボーにもかからん一枚になりましてん。
フォトショップで頑張ってみましたが、なんかこうお色気に欠けた…

そりゃ動体撮りましたよ!撮れましたよ!

色々考えさせられる一枚になりましたが、恥を忍んで公開。

パフォーマンスは素晴らしかったんですよマジで。カメラも素晴らしかったんですよ。
ただやっぱりひさびさのOM-Dはなんだか慣れなくて、結局この場所ではα7RIIで撮ったわたくしですがごめんなさいましよー
f0212049_22371189.jpg
参考、フォトショップ前。パスも切っちゃおらんのでたいした加工ではないですが、フォトショップクラスさんへ参考資料。
f0212049_22382073.jpg

んでせっかく触ったので、動体撮影に関する部分だけ抽出したオリさんソニさん比較。

個人的には普段は測距点気にしない一点突破主義なのですが、試合中はやっぱ便利なので記載してみましたん。

■オリンパス OM-D E-M1 II
オリンパスは毎度カメラの常識覆すなあと思わせる一台
あとレンズがねー換算600とか軽々あるのが便利。
・498g
・画素数:2037万画素
・撮像素子:フォーサーズ、4/3型
・ローパスフィルターレス
・連写撮影:60コマ/秒<ナニコレ! 
・シャッタースピード:1/32000~60秒 
・AFセンサー測距点:121点(クロスタイプ位相差AF)
・121点(コントラストAF)
・五軸手ぶれ補正アリ

■SONY α7R II ILCE-7RM2
フルサイズで画質はぐーのさいとう私物。
動体相手には常々ちとトロい…と思ったらバスケット実写では頑張ってくれましたCP+
・582g
・画素数:4240万画素
・撮像素子:フルサイズ
・ローパスフィルターレス
・連写撮影:5コマ/秒 
・シャッタースピード:1/8000~30秒
・AFセンサー測距点:35mmフルサイズ時:399点(位相差検出方式)
・APS-Cサイズ時:357点(位相差検出方式)/25点(コントラスト検出方式)
・五軸手ぶれ補正アリ

■SONY α6500
・APS-C最速かもしれん。歴代の6000に比べるとやや重いけど手ぶれ補正アリ
・410g
・画素数:2420万画素(有効画素) 
・撮像素子:APS-C、23.5mm×15.6mm
・連写撮影:11コマ/秒 
・シャッタースピード:1/4000~30秒
・AFセンサー測距点:425点(位相差検出方式)/169点(コントラスト検出方式) 
・五軸手ぶれ補正アリ

■SONY α99 II ILCA-99M2
デカい…けどこれさえあればスポーツどんとこい。使うと楽しいけど持ち歩くのには勇気と体力と腰痛パッドが!
・770g
・画素数:4240万画素
・撮像素子:フルサイズ
・ローパスフィルターレス
・連写撮影:12コマ/秒
・シャッタースピード:1/8000~30秒
・AFセンサー測距点:検出素子1:79点(クロスタイプ15点、中央1点はF2.8光束対応)検出素子2:399点(任意選択323点、ハイブリッドクロス測距点79点*)*ハイブリッド位相差検出AF動作時
・五軸手ぶれ補正アリ

それにつけてもCP+、フジの中判、試したかったなあ…

by ori_tarte | 2017-02-28 22:40 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりのブログ


by さいとうおり