NEW POST

横浜山手西洋館のクリスマス2016:ベーリックホールはベトナム!異文化コーデを見よ!

せんだってのテレビ朝日『ワールドプロレスリング』にて放送された試合が、新日本プロレス海外遠征台湾大会だったのですが。

内容自体は台湾でもシンガポールでも内藤人気凄い!とかオメガさんが愛されてるなーとか、嬉しい場面がたくさんだったのですが、問題はBGM。

「台湾大会でのほにゃらら…」というナレーションと共に流れるBGMが!『燃えよドラゴン』…てコラ!
中国っポイ文化のBGMてぇと、ワンチャイかブルース・リーなのか未だに。怒られるわ台湾の方に。

我々も『ブラックレイン』のリドリー・スコットに怒ろう…とはならないけども。いずれにせよ異なる文化圏のものを取り込む場合、どんなに勉強したってうっかりトンチンカンな事になりがちで(含む自分)。

特にその土地に根ざしていなかったイベントを海外から取入れる場合、間違えると「ビ、ビミョー…」となりがちですが。

そんでもって今年のベーリックホールがベトナム圏のクリスマスだったわけですが。

あの亜熱帯にサンタさんはどやって来るんかいなそもそも煙突ないやんかー!と、オーストラリアの乗ってけサーフィンサンタクロース並に無茶なイベントかと思いますが、そんな心配は杞憂でございましてん。

ベトナムとクリスマスのミックスコーデがよいバランスで展開されてて、そのセンスが素晴らしかったです!…あーバイクに乗ったサンタさんはどうかと思いましたが、楽しそうでそれもまたヨシ。

オーナメントがベトナムでよく売られているお花の刺繍の巾着とか、あと傘!これをツリーにしちゃうのが!
f0212049_21222321.jpg

もうメインダイニングが「きゃー!!!」である。
f0212049_21224645.jpg

通りすがりにたったかたーと一枚。いかにもベトナムな色である。
f0212049_21274972.jpg

かつて、わたくしのベトナムイメージはトラン・アン・ユンの『青いパパイヤの香り』だったわけですが。ベトナムあんな感じなんだ〜♪と浮かれてホーチミン行ったらバイク排ガス洗礼受けてへたりましてん。

ので、マジェスティック滞在にも関わらずあまり写真がないのは、当時のカメラは「一眼殺し」の名を馳せていたリコーGRで、28mmだったからだ!と、50mmもとい55mmを愛するわたくしである。

しかしあの埃っぽさ、カメラは防塵防滴でないともつまい…てな話はまた今度。

んでもごはんはもう何でもおいしくて、あと陽射しが何撮っても美しい!なんでしょねあのクッキリ色鮮やかでしっとり色が乗る感じ。シクロパフェかわいかったなーまた撮りにいきたいなー。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

クリスマスは55mm一本勝負。今なら海外はこれ一本で、参る。
あー今年は海外どこにも行ってない…

by ori_tarte | 2016-12-08 21:30 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり