自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、さいとうおりのブログ。sony α7RII + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

2017年5月から
ソニー銀座αアカデミーにて
フォトレッスンさせていただきます
****インタビュー掲載***
2016年2月ソニーさまWebサイトにてインタビュー記事。素晴らしいキャリアの方々の末席に加えさせていただきました。
α Photographer’s Voice ********************

2014年2月24日発売『"カワイイ"をシェアする写真術』(ステレオサウンド社)に、「女子フォトレッスン体験」として、恋フォトレッスンを紹介していただきました。eye-fiがついているのでカメラ好きにはお得な一冊。
ご紹介いただいているレッスン『恋フォト』の詳細はこちら
また、ご本はこちらでご予約いただけます。アフェリエイトではありませんので、ご安心を。

主婦の友社さま『mina』2月号101Pでご紹介いただきました。ご紹介いただいているレッスンのスケジュールはこちら
レッスンスケジュールはこちら。体験レッスンはございませんが単発参加可。 カメラ購入前相談、貸出機アリ。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

レッスンのお申し込みから48時以内にお返事差し上げますが、土日祝日は週明けのご連絡になりますこと、お許しください。
ラ・フォトってどんなフォトレッスン?

本ブログにおける画像および文章における著作権および著作人格権および肖像権といった法的な権利は全てさいとうおり、またはラ・フォトにご参加いただいた生徒さん、撮影をご許可くださった方にございます。許諾なきコピーおよび流用を固く禁じます。

検索
各社ミラーレス画素数比較2016年冬、高いか低いかいってみよー!でも高いと便利よ?
20世紀の終わりの話になりますが。
カシオQV-10Aというデジタルカメラがございましてな。

当時、小型最軽量のデジカメで。
単焦点だわ、電池消耗激しいわで、今のようにモバイルバッテリーというのもなかったので、海外に持ってく時も単3電池1パック持ってかないと!てなカメラでしたが。

これがなかったらたぶんわたし写真撮ってなかったわーというぐらいわたくしにとってエポックなカメラでございましてん。当時の画素数はなんと25万画素!

それでもwebデザインには散々使わせてもらったしポストカードくらいはイケたようなそんな記憶。

という時代からもう15年経ちまして、よもや持ってるカメラの画素数が4240万画素なんてなるとは思いませんでしたよ!なわたくしです。

というわけで今のミラーレスてどんなかしらーとリストアップしてみたらば下記の通り。

【ミラーレス重量と有効画素数 2016年冬】
参考迄にたっかいレフ機の画素数も併記。
※CANON 5D Mark IV 800g 3040万画素
※NIKON D5 1240g 2082万画素
※SONY α99 II 770g 4240万画素

・Panasonic DMC-GM5 180g 1600万画素

・Nikon 1 S2  190g 1011万画素

・FUJIFILM X-A3   290g 2420万画素
・FUJIFILM X-E1 300g 1630万画素

・SONY α6000   285g 2430万画素
・SONY α6300 361g 2420万画素
・SONY α6500 410g 2420万画素

・OLYMPUS PEN E-PL8 326g 1605万画素
・OLYMPUS OM-D E-M10 II 342g 1605万画素
・OLYMPUS PEN-F 373g 2030万画素
・OLYMPUS OM-D E-M1 443g 1628万画素

・CANON EOS M5 380g 2420万画素

・FUJIFILM X-T10 330g 1630万画素
・FUJIFILM X-T1 390g 1630万画素
・FUJIFILM X-T2 457g 2430万画素

・SONY α7 416g 2430万画素
・SONY α7R      407g 3640万画素

・SONYα7 II 556g 2430万画素
・SONY α7R II 582g 4240万画素
・SONY α7S II 584g 1220万画素

ソニ子さんの異様にたっかい解像度が目立つ…。
ま、多ければ多いほどエライ!というわけでもなく、一般的にA4、A3出力であれば1000万画素でもいいんじゃなかろかとは思うものの。

しかしせんだってソニー銀座でみた700万円(!!)の4Kディスプレイみたいのに映し出すなら…とか考えちゃいますな。

あと高画素の場合、諧調が綺麗に残るので現像ラクだわーとか。
あとわたくしとしては切出し!望遠持ってゆかないでも遠くの雀をアップで撮ることができるので有り難い。

もちろん画素数が多ければ多いほど微ブレが目立つとかSDカードはすぐ埋ってしまうし、パソコンもぱっつんになってしまうわ、現像はめんどくさいわ…とデメリットもなくはない…ので、そこは用途別にお選びアレイ。

というわけで、せんだっての屋外レッスン、江戸東京たてもの園で柚子を撮りましてん。

飛行機でもなければ望遠持ってゆく必要もないので、55mm一本。1/20くらい平気で切り出すことができるので、望遠がなくてもイケる(ピンがちゃんとあえば…ですが)
f0212049_23353517.jpg

原寸、こんな感じ。瑕まで目立つ…!
f0212049_23373849.jpg

さて、明日は着物です着物。そんでもって週末は西洋館ですよー。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

どーもα7RIIになってからHDDの埋まりっぷり早いと思ったのよねー。

by ori_tarte | 2016-12-05 23:41 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)
<< 色温度が優秀だと屋外はらくちん... 横浜山手西洋館のクリスマス20... >>


最新の記事
以前の記事
カテゴリ
フォトレッスンのご案内
レッスンご紹介
ラ・フォトって?
公式FaceBook
お申し込み
スケジュール

★ほぼ日Instagram★
インスタグラムはテーブルフォトと旅フォトと人物撮影の3カテゴリでほぼ毎日更新しております。いずれもソニーα7RIIで撮影。ご興味ございましたらば。
画像一覧
ブログ村
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
記事ランキング
ブログジャンル