NEW POST

テーブルフォトレンズ比較 55mm vs 50mmマクロ vs 90mmマクロ(SEL55F18Z)(SEL50M28)(SEL50M28)

テーブルフォトにおいて、いわゆる換算50mmF1.ほにゃでふわふわな、ラ・フォト自由が丘通称『乙女レンズ』が推奨されるここ10年でございますが(ジーコ氏ほど定着しない…!)。

ソニーフルサイズα7シリーズでは長らく50mmが出ず、当時55mmを購入してめっちゃ愛用してて、一時期2本持ちだったわたくしでございましてん。

今年になってバラマキ、高級プラナー、マクロと立て続けに登場しましてな。50mm好きのコレクター魂、たまらん。

プラナーはさすがに除外したけど。
いや持ち歩くには重くて…でもポートレートには絶対欲しい。

というわけで先週、秋色紫陽花を買った時におまけにいただいたお花を中心にテーブルフォトを撮ってみましたん。

一本だけ90なのでどうかとも思いましたが3.2縛りで比較。感度は500から800くらいでテケトー。SSはギリ80で90mmさんの手ぶれが心配でしたがなんとかクリア。


失敗しないテーブルフォト向けレンズといえば50mmマクロ。軽いし寄り寄りできるし、2.8なのが逆にフルサイズユーザには丁度いいと思うんよね。
f0212049_22425435.jpg

お次はド定番の55mm。寄る事ができず、しかも女子はふわふわ目指して開放祭をやらかしがちと、相当コツが必要ですが、やっぱり美しい。
f0212049_22393308.jpg
1キロ近い重さとか焦点距離的にあまり普段使わなそうなと思って手放そうと(!)悩んだ90mmですが、絞った時の花びら描写が美しくて、テーブルフォトや物撮りの出番はめっちゃ多い一本。
f0212049_22500609.jpg


荷物を軽くしたいときはα7Rと50mmマクロ、がんばるぞーという時はα7RIIと55mm、がんばるぞー重くても焦点距離長くてもいいぞーという時は90mmマクロ、に落ち着きつつ。

あ、西洋館の4日レッスンのうち、日曜日レッスンはあと2、3名さまで。平日はなんとなーくゆるゆる余裕ございます。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II
いつかプラナーさんで一本化…

by ori_tarte | 2016-11-20 22:56 | カメラ、フォトレッスン | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり