自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、さいとうおりのブログ。sony α7RII + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

2017年5月から
ソニー銀座αアカデミーにて
フォトレッスンさせていただきます
****インタビュー掲載***
2016年2月ソニーさまWebサイトにてインタビュー記事。素晴らしいキャリアの方々の末席に加えさせていただきました。
α Photographer’s Voice ********************

2014年2月24日発売『"カワイイ"をシェアする写真術』(ステレオサウンド社)に、「女子フォトレッスン体験」として、恋フォトレッスンを紹介していただきました。eye-fiがついているのでカメラ好きにはお得な一冊。
ご紹介いただいているレッスン『恋フォト』の詳細はこちら
また、ご本はこちらでご予約いただけます。アフェリエイトではありませんので、ご安心を。

主婦の友社さま『mina』2月号101Pでご紹介いただきました。ご紹介いただいているレッスンのスケジュールはこちら
レッスンスケジュールはこちら。体験レッスンはございませんが単発参加可。 カメラ購入前相談、貸出機アリ。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

レッスンのお申し込みから48時以内にお返事差し上げますが、土日祝日は週明けのご連絡になりますこと、お許しください。
ラ・フォトってどんなフォトレッスン?

本ブログにおける画像および文章における著作権および著作人格権および肖像権といった法的な権利は全てさいとうおり、またはラ・フォトにご参加いただいた生徒さん、撮影をご許可くださった方にございます。許諾なきコピーおよび流用を固く禁じます。

検索
ミラーレスはプロユースに耐えられるのか?ソニーミラーレスとProfoto B2 250AirTTL 2灯キット、Capture One他。
何をもってプロユースっつーか、という定義はさておき、いまんとこなんでもかんでもほぼほぼイケちゃうぞとおばちゃんの主張。

ミラーレス、ナメんな、ですわよ。

まあデジタルになってから、写真業務のハードル下がっててプロの範囲もこれまた幅広いですししかもそこのスキマにヨジヨジしているのがわたくしですし。いつかwebディレクター的な目線でもゆうてみたいんだけどプロアマ定義。いやカメラについてはそもそも私自身がキャリア短いわ自然光とクリップオンメインでスタジオ経験浅いわで、語るのはいやはやごめんごめん。

だいたい暗室未経験だしドローン使えないし。<使わなくてよろしい

あ、紙のデザイナー時代に引き延ばし機は使ったー!四半世紀前の昔話ですが!

それはさておき、先だってプロ向けの、ソニーボディとソニー以外のメーカーさんの機材を集めたイベントがございましてん。

ご興味あるかもなーとご一緒したい方もいらしたのですが、ワタクシ丁度神楽坂レッスンが午前午後とございましたので、時間的にそもそも自分が伺うことできんのか怪しい状況で、どなたもお誘いできず申し訳なく。

何せ会場到着が終了30分前。

飯倉の坂は長いんじゃ!と毒づきながらレッスンアイテム突っ込んだガラガラ引きずってたので見苦しいし。

そんでもってブログネタ的にはモデルさんのお顔があれば!と思っておいたのですが、キャプチャーワンで散々撮影させていただきながら全部データ置いてきたとかアホかと。

ので、先だってプロフォト使った一枚をば、スタジオ、余裕でイケちゃうんだぜアピさせてくださいな。D4をどっこいしょと運んでました。

ラ・フォト自由が丘ではお馴染み、女性誌『美STORY』や『HERS』でご活躍の近藤和子さんをモデルにスタジオ撮影。おっと日焼けが…補正しません(笑)
f0212049_23223543.jpg
さてキヤノン5DMIIを経て、ソニーのフルサイズに全て切り替えた数年前。α7からはじまって、α7II、α7RIIと使いながらも、基本自然光で、夜間はクリップオンストロボ。そんでもって写真学校などで購入必須と言われるコメットさんを買う機会をなんとなーく逸してスタジオ機材は人さまのスタジオで使っていますが使ってていまんとこ問題なくて。

とはいえD4を自前で買うのもなんだしねえと思っておりましたら、プロユース向けのソニーイベントがございましてん、そんでもってこんなん拝見しましてん。

Profoto(プロフォト) B2 250AirTTL 2灯キット…ちっちぇ!
f0212049_23241851.jpg
ジェネもちっちぇ!
f0212049_23264616.jpg
二灯とジェネでこ〜んなに小さいので女性も持ち運びできるんですよ〜D4よりお安いんですよ〜と甘い囁きですが、いやお安いたってα7RIIぐらいのお値段なので、α7RIIを買ったばかりで怖いじゃん!

Capture One とか使えるといいなあと思って相談させていただいて色々使って撮影させていただいたですよ。
f0212049_23385373.jpg

キヤノン5DM2の時は諸先輩方に伺って「これさえあればスタジオもロケも平気」で済んだのですが。なにせソニーな先輩おらんので、もう手探りで。

全てをソニーα7IIに切り替えた時はロケはともかくスタジオが心配で心配で!
しかしどうも同じようにイケちゃうかもしれんと思う最近で。むしろ露出ラクだしー軽いしー。

ミラーレス、プロユースに耐えられますよーだ、と言っちゃおうわたくし。

激しいスポーツはまだレフ機に軍配あがるけども、ミラーレスならばソニーのが軽いし画質も圧倒的にいいのだ。いまのとこプロレス会場を(趣味で)撮っている時でも熱暴走とかないし。

そそそ画質ですが、ソニーα7、α7IIを使い始めた頃は、キヤノン5DMarkII、5DMarkIIIまで同レベルだなという印象だったのですが。

sony α7R IIになってからは、画質がもう明らかにα7IIより上で!

ということはsony α7R IIってば、画質に関してはキヤノン5DMarkII、5DMarkIIIよりも上なんじゃなかろかと。ので、フルサイズで仕事するにはコマ数と機材対応さえ問題なければ、イケちゃうんではないかしらーんと思った次第。

もちろんカメラマンとしてどこかに所属…てぇと、足並み的にニコキヤノじゃないと!とか「小さいミラーレスだとナメられるからAPS-Cでもいいから大きくしといて!」とか言われるけど、大きい装備で威嚇するてやり方、本質じゃないしあんまし好きじゃないのだ。

軽やかに世界最高画質、これですよ!これで生きたい。
女子で老体だから重いのは勘弁ですじゃ。

まあ、ソニーの場合、レンズの数がない…とか?バッテリーの減りがちょー早い(持ち歩いてるのは4個ですがなんやかんやで6個持ってるわたし…)とか、再生がひと呼吸じれったいんじゃい!とか、まだまだ発展途上だけども、このサイズと解像度にホレちゃうわけですよ。ホラ、カメラ界のポルシェだから、電装がダメでも加速がオッケーならヨシ。

プロフォトなくたって足りるもーんひとんちで借りられるもーん…てのは負け惜しみ。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

ポートレート撮ったらお肌ツヤツヤ瞳キラキラで最高!の組み合わせ。ホントはプラナー50mmが最高峰ですが、さいとうの入手時期は果たして…こちとら自腹じゃい!

しかしCapture One で撮影したモデルさんとワインの憂いを秘めたお顔のデータを全部置いてきてしまったとか、悔恨。

by ori_tarte | 2016-11-19 23:44 | 人物撮影 | Comments(0)
<< テーブルフォトレンズ比較 55... 夕餉の支度はSONY SEL5... >>


最新の記事
以前の記事
カテゴリ
フォトレッスンのご案内
レッスンご紹介
ラ・フォトって?
公式FaceBook
お申し込み
スケジュール

★ほぼ日Instagram★
インスタグラムはテーブルフォトと旅フォトと人物撮影の3カテゴリでほぼ毎日更新しております。いずれもソニーα7RIIで撮影。ご興味ございましたらば。
画像一覧
ブログ村
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
記事ランキング
ブログジャンル