NEW POST

ラ・フォトの構図、初心者はいかなる時もココロに水準器。

神楽坂組はまだ構図レッスン突入まで半年ございますけどね。
ソニーさんだとα6000に水準器ついてないので、ココロに水準器を設けてくださいなと。

オリさんは惜しげもなく全機種についてらしたので、そこは惜しい!

他社さんですとキヤノンのレフ機はライブビューにすると表示されてたけれどファインダにはなくて、そもそもキヤノンの液晶ったら「私写真下手かも!」と落ち込むほど荒れてた時代があって、あんましアテにしてなかったのですが、8xあたりからファインダー覗くと映ってて「やればできるじゃん!」と上から目線でモノ言うてみたりします。8xからのファインダー、けっこう好きなのだわたし。

それはさておき一昨日の神楽坂レッスン。みなさま案外見落としてらした場所から一枚。

神楽坂も自由が丘も講評を全生徒さまの全枚数でさせていただくので、みなさまが参加者全員の写真を拝見してどこが問題だったかとかどこがチャームなのかをチェックすることができるのです。

したら「あそこがカッコよかったのね!」と撮りたがる方続出なので、時間に余裕があったらばリベンジフォトタイムをもうけることにしました。

そんでリベンジフォトで人気のエリアのひとつ(もひとつはガラスの水時計)。ぴーちゃんさん、あまちゃさん、mikkuさんなど、sony α cafeにもアップされてる方、いらっしゃるんじゃなかろか。
f0212049_15493284.jpg
このアングル、うっかりすると水平傾かせがちで、傾いたアングルも状況によっては魅力的なのですが、基本はまっすぐ、でお願いしたいのですわー。

構図レッスンに突入すると突っ込みますからソコ。

明日は着物着物わーいわーい。

■今日の機材
ボディ:sony α7R II

個人的な印象ですが、RIIとマクロは相性がいまいち…と思ってもうた。繊細なRIIの描写に対して50mmマクロのざっくり描写が全てかき消してしまうような…。なので現像する時も「ありゃー色がすっ飛ぶわーん…」という事が多い。55ツァイスさんとのペアは完璧!なのですが。

サブに無印のRを使う予定なので、そちらでも確認してみます。軽さは魅力的ですし普段ズームっ子のサブとしては全然可。料理は楽だなーと背面壁ドンされそうなPAUL神楽坂店で撮り比べた皿もございます。次回待て。

by ori_tarte | 2016-10-31 16:00 | テーブルフォト | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり