東京女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト自由が丘』の"恋するカメラ" 自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりのブログ

プロレスの撮影、運動会の撮影、ベストカメラって何だ2016年の秋。

アメブロの『カメラが恋するプロレス』を放置し、エキサイトのレッスン生徒さま向けブログでプロレスネタを続けるわたくし。メインビジュアルとの乖離が…!


引き続き主張したいのが、デジタルカメラのお値段て基本的に「高けりゃいいってもんじゃねぇ」で、ございましてん。

そりゃ仕事で使うなら最新鋭…かもしれませんが。

といいつつ「当時50万とか出したのにホイホイ買い替えできないっつの!」とか「手ぶれ補正とか、いらないよねー、手ぶれしないように持てばいいもんねー」というプロトークもあり。

パパラッチでない限り高感度やサイレントシャッターなんざ不要なわけで、三脚持ち込めるような撮影なら手ぶれ補正も不要ですし。ライティングばちばち&グロス発注な商品撮影のみ使うならば三脚固定ですし、そうすると「軽くなくてもいいやん!」とか「手振れ補正、無駄やん!」とか。あっ、ミラーレス&五軸手ぶれ補正大否定になってもうた…。

手ぶれ補正や高感度対応が所以に値段がお高いなら例えビジネス仕様であっても「古いフルサイズでいいんじゃん?」なわけでございますよ。

撮影確度を高める…つまり「シャッターチャンスを逃さない」のが目的であれば、すぐ撮り出すことのできるコンパクトさとか、手持ちでもイケる手ぶれ補正とか、ノンストロボで暗部イケちゃう高感度とか必要なんですけども。

なので、キャリアの長いプロにミラーレスの事を伺っても案外ご存知ないとかになっちゃう率が高い…気がします。液晶で露出確認可能な時代じゃなかったですしね。

そんでもって一般の方であれば。

女性向けテーブルフォトのための、ラ・フォト自由が丘で『乙女レンズ』と呼ぶ女子っぽいボケが欲しければレンズ奮発すればいいわけですし。そんでもって換算50mmの明るいレンズってどのメーカーさんも3〜6万くらいでご用意いただいてるので、それでいいよねと。

いわゆるテーブルフォトを明るい自然光で撮る程度なら10年前の機種でもよろしいんじゃなくて?とは思います。

まあそれだと液晶の画質がヘナヘナだったり、ニコキヤノは色温度設定が意地悪だったり、あと感度的に逢魔が時以降にめっちゃ苦労しちゃうので、あんまりひどいと「か、買ったほうがー」とオススメしちゃうわたくしですが。

ただし、昨今のカメラ女子(年齢不問)は、テーブルフォトから入門なさっても、一年後にはいきなりトライアスロンの自転車!とか競馬とか飛行機に目覚めたりしちゃうので、その場合には最近のボディをオススメしちゃいますが。

とはいえ、じゃあ最新鋭で最高級がベストか!というと必ずしもそうとはいえず。

ソニーに関しては動体反応に関しては実勢15〜40万のα7シリーズよか、実勢6〜12万のα6000台シリーズのが強かったりして。

レンズ込で50万超えセットをお持ちの方より、レンズ込中古6万の方の写真のが猛スピードのレースをちゃんと撮ることできちゃったりする…というのは何度も言うておりますが。

カメラに関しては、お値段が高ければ動体反応がいいとは限らない!というのが現状だと思います。

画質と価格はたぶんどのメーカーさんも比例してらっしゃいますが、そもそも50万のボディの元取るのいつだ!と考えると値崩れしづらいレンズに20万突っ込む方がいいなという考え方もあるわけで。

そんでもってニコンさんなんざ、実勢20万あたりのフルサイズ機で1/4000の一方でミラーレスで1/16000という謎の仕様。個人的にニコンではDfが実はプロダクト的に欲しかったんですが、店頭で動体反応が明らかにヨワヨワで、あとまあ石のよーに重かった!というのが決定打。

まあ、ライカさまなぞは80万で1/4000ですが、お値段の勝負どこ、SSじゃないですけども!

感度面で言うと、ニコン5000台、キヤノンフルサイズであっても5DMarkII、IIIあたりだとそもそも高感度にヨワヨワなので、プロレス辛そうだなあとか。

プロレスに特化するならば後楽園ホール特別リングサイドだとパイプ椅子なので荷物の置き場所ないことを考えるとリュックよりショルダーでそうすると重いレンズなカメラなんざ持ちたくないわけで。後楽園の場合、床に置く…のはすんごいリスキーで、何故なら以前、酔っぱらいがビールをこぼしやがりましたので!

別に直接被害にはあってないのですが、もう怖くて床には絶対置かない、レンズは必ずショルダーに!なわたしにとって、軽くてかさばらない!は絶対条件で、そうすると、APS-C、フルサイズ共にミラーレスを出しているソニーさんになっちゃうわけで。

そんでもって、ソニ推しだから…というわけでもないですが、現状ミラーレスの動体に関しては個人的にはα6500がまあ最強だそうで(まだ発表ホヤホヤで触ってないもので…)。

順番で言うならば6500、6300、6000の順ですが、そもそもソニーα6000台はどれも動体反応が優秀なので、6000以上ならどれもヘーキよー!と太鼓判。

そんでもって6000台のどれがいいのさ!という話になると、

・防塵防滴と五軸手ぶれ補正、水準器と全部盛りだけどちっと重いα6500
・防塵防滴で水準器搭載でやや重いα6300
・安くて軽い!に防塵防滴じゃないし水準器も手振れ補正もついてないけどね!なα6000

てな感じですかしら。

レンズは通称茶筒の実勢2万しない70-200mmがあれば特別リングサイドとリングサイドのファンクラブ優先枠の席くらいなら余裕。特リンの場合、歪みが許されるならフィッシュアイでも面白そうですが、わたくしはミニマム55mmで、参る。

センサーで言うならばわたくし個人はフルサイズで統一しちゃってるのでα7IIですが、ただ初心者さんなら6500が絶対的に失敗ナシでなかろうかと。手振れ補正、やっぱ優秀なので。

いずれにせよ毎回言うておりますが、もう「ミラーレスは使えない!」とか言っちゃってる人には「いつの時代だ!」と突っ込みたいわたくしなんですよ。

そうおっしゃる方が、普段、リスとか戦闘機とかF1をメインで撮ってらして(リスはもう戦闘機より難易度高いですから…)、常にキヤノン1DニコンD4、D5あたりをお使いならそりゃ別ですが。

キスデジとかニコン5000台とかでしかも動体すら撮らない人が「ミラーレスなんて!」とか言ってたら、ぶつよわたし。

もちろん、体力とか荷物量とか予算が許すならば、ニコキヤノのが光学ファインダーなのでまだまだ動体反応イケるけど、でもプロレスに関してはニコさんキヤノさんの中ランクのカメラがソニフジより感度対応イケてるかというと、個人的には2000超えるとアカン…ので、暗い中で動体撮ることを考えると、感度に力いれてるソニさんフジさんのがいいんじゃないかなとか、そんな感じ…フジさんはT2以降…かなあ…ごめんまだ触ってないのでわからん。

レンズに関しては両国あたりの二階席より奧くらいで選手のアップを!というのであれば300欲しいとこですが、現状ソニーフルサイズEマウントのレンズがまだまだなのが痛い(しかも重い…)。

ので、α6000台+200なら換算焦点距離もちっと稼げるからいいかなと。

あとは、もっと軽量で長さの稼げるオリンパスのいずれかかニコンミラーレスでもよかろうもんと思う次第。オリさんはプロレンズなら画質最高ですが…ただプロレンズ重いのが…なんでしょねあの重さは!

オリンパスの場合、わりと初号機からWifiとかEVFとか感度対応は別として色々突っ込んでいるので中古も狙い目。初代OM-Dとか、Wifiないけどシャッター音アレですが液晶もちとウソくさいですが、中古で3万切ってますぜ奥様!

といいつつ、両国一階枡席の頭上二階席一列目くらいの場所から、sony α7IIとGレンズ70-200mm。ので、切り出す切り出す。感度はかなり上げ倒したのでノイジー…。今回はフォーカスエリアワイドにしてみたけどやっぱシングルのが好きだなー。やや絞ったけどいまいち甘い。

ご一緒したAさまのお母様が丸藤がお好きだと伺ったので、丸藤。
ごめん枚数多かったけど思ったより後ろ姿ばっかでした。ホラ、向いが実況のライガーさんだったし。
f0212049_23472348.jpg
そんなこんなでどこまで続くプロレスネタ。調子に乗って長文打ったら手首イテテテテ…

といいつつ明日のレッスンは午前から紅茶の雫ですよー。

■今日の機材

最近ソニーさんに遊びにゆく度にGマスターをオススメされちゃうけども、わたしゃα7RIIでいっぱいいっぱいなんじゃーい!


by ori_tarte | 2016-10-13 00:04 | クール!スポーツ写真 | Comments(0)