NEW POST

夏のsony 銀座は水族館『Sony Aquarium』!! 素早い魚をじゃじゃ馬ミラーレスことα7Rと55mmで撮影

現在、ソニー銀座では、かの『沖縄美ら海水族館』監修で『Sony Building 50th Anniversary「Sony Aquarium」』が開催中でございましてん。

屋内だけでなく屋外の交差点に面した部分などにもいくつか水槽が用意されているので、なんかこう「夏だな!」という写真を撮りにいくには丁度よいかと。

ところでソニー銀座に何しに参りましたかっつーと、先だってお借りしたRII以来、ローパスフィルターレスの呪いに捕えられておりましてな!

50mm14はやっぱ重いわーい!とちょっと心挫けているとこに、お高いながらも美しい画像のR7IIを貸出いただくという恐ろしトラップにハマりましてん。

いやでもα7IIと二台持ちならいっそα7Rでもいいんじゃなーい!とハタと気づきましてん、ノコノコとプロサポートに伺った次第。

プロサポのIさま曰く「α7Rはねー、じゃじゃ馬なんですよー」と、ウマいことをおっしゃるので、タイトルに使わせていただきましたん。

しかしα7R。

正直なとこ、無印α7時代にC2ボタンの位置とかAFの反応に「ムキー!」となった上に、無印のRは無印のα7よりも動体に弱いという噂で、正直無印のRはノー眼中だったのですが、ここへきて候補として急浮上。

手ぶれ補正がなくても手ぶれしないように撮ればいいのだ!<五軸手ぶれ補正の立場は…

ので、α7Rの借りたてホヤホヤを撮ったのですが、わたくしの前にお借りしてた方がSサイズ+RAWになさってた…うわーん…AFもコンティニュアスになさってて、ブログ用はjpgなわたくしは「あららら」ではあったのですが、魚の大群にコンティニュアス、悪くないなーと新発見。
f0212049_23380988.jpg

この動線はむしろコンティニュアスよね…
f0212049_23394721.jpg
あと女子(年齢不問)カメラとして見た場合、α7Rはめっちゃ軽い!

持ち慣れたα7IIからレンズ付け替えた瞬間、α6300??と思うほど軽かった!ので、重量比較してみたら確かにα6300と変わらない!!

そういえばアンバサダーキックオフミーティングの時に、五軸手ぶれ補正パーツを拝見してそれだけで「重っ!」となったものですが、軽量優先で手ぶれない自信があれば無印はアリかもしれん。

7iiよりも150g少ないので、Rでレンズを奮発という画質最優先セットも可能じゃないのー!(軽量優先なのでプラナーさんはちょっとどうかしら…)

・α6300 361g
α7R  407g
α7   416g
α7II  556g
α7RII  582g

動体ミラーレスはsony α6300が現在最高だし、オールラウンドな使用にはα7II大好きなんですが、動体に拘らない+手ぶれ補正しない自信アリ+オールドレンズもしくはニコキヤノレンズ使わない、ならばα7Rって選択肢アリなんじゃないの?と思ってしまったわひさびさのこの軽さはー!

α7II+55mmを先だってお誕生日にご主人に買っていただいたIさまも「レストランへの持ち歩きはNEXになっちゃうのよねー」と言うてらしたけども、この軽さならどだ?

これはこれでサブ機として買ってもいいような気がしてきました。大浦タケシさんが書かれてた偽色問題は気になりますがあれはオールドレンズだから出てるのか…とか気になるとこはたくさんございますけどね。

とまれ、とりあえず通常使用エクストラファインjpgで一週間お試しさせていただきますます。レンズは55、70-200、90マクロですが、果たしてどうなりますことか。Rで軽量化低価格狙うならむしろバラマキ50も視野に入れちゃっていい感じ???

■今日の機材
ボディ:sony α7R

手ぶれ補正と動画に拘らなければこれでヨシ…ですが手ぶれるか否かは果たして!とりあえず片手シャッターは止めような。


by ori_tarte | 2016-08-06 06:39 | 動物写真 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり