NEW POST

窓を開けたらシャルトル大聖堂。ホテル『Le Parvis』

バカンスシーズンのパリはつまらーん!と、日帰りで田舎へ行きますかと、パリからガタコンと列車でシャルトルへ行ってみたわけですが。

田園風景も美しく「世界の車窓だよ!」と楽しかったのですが、シャルトルに着いたらば、ハラヘリで。

モンパルナスの駅で「国鉄は切符の買い方がよくわからん!」と5分ほど迷走しておりましたので。

モンパルナスのPAULでパン買っときゃよかった!と臍を噛んでも後の祭りで(フランスでPAUL買うのが悔しかったんですわ…)。

とにかくハラヘリで。

何故か駅の周辺はスイーツ専門店ばかりが目についたので、「とりあえず大聖堂目指そう」と、ふらふらと歩いていたらばごはんも食べられそうなカフェが目に入ったので。
f0212049_0464267.jpg


注文してみたらば「観光客向けかい?」というサラダはさておきフォアグラがふふふのふ。
f0212049_0464867.jpg


そしてふと見上げると目の前にシャルトル大聖堂がどどん…
f0212049_0465443.jpg


も、大聖堂の裏から10メートルも離れていない場所なんですよこれが。

日本で例えるならば、姫路城の石垣の脇とか銀閣寺の池の上でごはんを食べる…みたいなことじゃなかろうかと思ってしまったり。

でもってお腹を満たして落ち着いてお店をみたら「ホテルでしたか!」とびっくり。目が覚めたら大聖堂ってちょっと凄い。
f0212049_046598.jpg


■Le Parvis(ル パルビス)
5, Rue du Cheval Blanc | 13, Place de la Cathedrale, 28000 Chartres, France

公式サイト:http://www.le-parvis-chartres.fr/



*------- フォトレッスンのお知らせ -----*

8月と9月のフォトレッスンスケジュールはこちらhttp://www.sorbet-inc.jp/la-photo/schedule/ 
スケジュールでは略して「恋フォト」と記載して、募集中でございます。

第一回は(1)で、構え方、AF、ピンボケの理由をがっつりお伝えします。
第二回は(2)で、正しい露出、光の計り方、暗い場所でノンストロボで撮る方法などなど光に関するさまざまな機能をお伝えします。

(2)からスタートして(1)に戻る、という生徒さまもウエルカム。

また、ピンぼけしたことないから(2)からスタート、というのもアリでございますが、今期の(1)、さいとう9ページ渡ってぎっちりお伝えしておりますのでおすすめですマジ。

また、吉田恵子先生によるアートワックスモデリングレッスンも木曜日を中心に開催中でございます。8月は体験レッスンがちょいとお得になりますので、気になります方は是非。お申し込みが無い場合はさいとうがフォトレッスンに切り替えさせていただくこともございますのであらかじめご了承くださいまし。

お気に召しましたらばクリックの程、何卒よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村
by ori_tarte | 2013-08-13 00:50 | パリ写真 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり