NEW POST

パリのこと、出発のこと、旅のひとびとのこと。

出発の日は、朝からまたしても雨。

滅多に傘をささないわたくしですが、今回は新品のユーラシアトランクを濡らしちゃならねぇと、タクシーで渋谷まで。

19:40にファイブスタークラブのカウンターというスケジュールだったので、18:46渋谷発の成田エクスプレス…の予定がなんと1時間早く渋谷へ。渋谷は駅構内になると意外とカフェなどの待つ術がなく、ホームでフレッシュフルーツジュースを飲みながらうろうろ。埼京線や成田エクスプレスのホームへ向かう長い通路に、東横線みたいなドトールが一個ぐらいあってもいいのにね。トランク引きずって移動するには不向きな街だからなー。

ところで、うちはふたりとも相当人畜無害な顔をしているらしく、どこへ行っても必ずといっていいほど、道を聞かれたり、写真撮影を頼まれたり、する。

でもって、こうした人畜無害オーラ、どうもワールドワイドに発していると気づいた今回の旅。

渋谷駅でトランクを片手にホームでぼんやりしてたところ、周囲に人がわさわさいるにも関わらず、アングロサクソンな男性に「成田エクスプレスの乗り場はどこだ?」と聞かれ(まあトランク持ってたら聞きますわね)、成田エクスプレスのドアまで案内したり、成田エクスプレスの機内ではラテンなセクシーお姐ちゃんに「ちょっとちょっと、成田に行くにはこの電車でいいの?!」と尋ねられたり(乗ってから聞くなよなあ…(笑))、ドバイではアラブ系の大家族で旅行中の少年に「お前はどこに行くんだ」(いや英語だったんだけど、なんかそういう口調っぽい威圧感が…少年なのに…)と問われたり、Pariの地図を開いてホテルまでのルートを確認してると、別のアラブ系のお婆ちゃまに「ねえねえ、どこにいくのかしら?」とニコニコ尋ねられ、「Parisですよ」と応えると「アラいいわねー」てなことをおっしゃる。

うーん、『世界ふれあい街歩き』(NHKの旅番組)みたいでいいじゃないか。

彼に至っては、パリの絵本屋さんで年配のマダムに「あなたの持っている絵本をちょっと見せてくれないかしら?」と言われた(フランス語でここまで理解できるわけもなく、身振りで判断)そうで、「あれはおそらくお孫さんに買う絵本だったに違いない」と推測。Saint-Georgesの駅でも旅行者らしき人に「ここはどこだ」と聞かれたそうだ。「フランスで道に迷っているアジア人に道を聞くのはいかがなものか」とボヤいてましたが。

ところで前半の二日、わたくし仕事で彼とは別行動だったのですが、彼は「何のためにiPhoneを海外パケットにしたのだか!」と突っ込みたいほど、よく道に迷ってました。必ず帰りはタクってたそうな。

まあ、街中かこんなルックスで迷うなという方が無理なのか、な。

f0212049_19584948.jpg


宿泊地がモンマルトルとオペラの真ん中という商店街みたいなとこで、わかりやすいランドマークがない…というより、たとえばBasilique du Sacré-Cœurなんかすごくわかりやすいので、目指してがつがつ歩いても坂を上り下りしているうちに隠れちゃうのよね…

山の手にあるこんなん目立つ建物が隠れるって凄くないですか?
f0212049_2031436.jpg


30分くらいで歩ける距離にあっても、急な坂と古くて高い建物のために、こんなかんじにだんだん隠れてしまうのだ。
f0212049_2041871.jpg


ちなみにParisまでのタイムスケジュールはこんな感じ。

成田〜ドバイ  21:40〜03:30(日本時間21:40〜翌8:30)
ドバイ〜パリ  08:20〜13:30(日本時間15:20〜翌20:30)

エミレーツでは4時間以上のトランジットですと無料で空港ごはんが食べられるという話だったのですが、容赦なく1時間以上前にはゲートインを促すのであまり役に立たず。というか機内食でお腹いっぱい…まるっと1日近く機内食ってのはどうもねえ…(笑)

エミレーツ航空とドバイのことは次回…途中で飽きたらごめん。搭乗の時に覗き見たビジネスクラスのお席は、JALのビジネスクラスが悲しくなるほどに素晴らしかったですよ。
by ori_tarte | 2010-10-08 20:09 | パリ写真 | Comments(0)

自由が丘女子フォトレッスンサロン『ラ・フォト』主宰、フォトグラファーさいとうおりの写真とかPhotoshopとか


by さいとうおり